神野正博のよもやま話

カテゴリ:医療・介護制度のこと( 793 )

臨床研修から専門医制度

 昨日23日には、恵寿シーサイドホールにて、臨床研修卒業式です。初期臨床研修基幹型3名、後期臨床研修(家庭医療専門医プログラム)2名のプログラムが修了し、晴れて修了証書山本 健病院長からお渡しします。後期研修医の2名は私たちの病院とローレルクリニックの家庭医療科で強力なスタッフとして勤務となります。
b0115629_20582070.jpg
 さて、今日の東京は東郷元帥記念公園です。澄んだ青空枝垂桜ばかりではなく、咲き始めたソメイヨシノが映えます。
b0115629_20582035.jpg
 今日は、その先の日本病院会を会場に
 日本病院団体協議会 第149回代表者会議
議長として参加します。中医協の入院医療2の議論や医療計画の見直し等に関する検討会を受けて、地域医療構想と診療報酬を関連付けようとする厚生労働省の意志を感じます。特に看護配置13:1,15:1入院基本料の一般病棟の地域医療構想における位置付がカギになるかもしれません。
b0115629_20582107.jpg
 終了後、原澤副議長とともに定例記者会見に臨みます。年度末開催の今回をもって議長職から解かれます。ありがとうございました。
b0115629_20582133.jpg
 その後、取材1件受けて、帝国ホテルへ移動します。私にとって、最も居心地がいいお里的な存在の
に参加し、メンバーの皆さんに
 新専門医制度の最新情報
と題して講演し、その後、ブランド臨床研修病院の皆様とそれに続く専門医制度との今後の方向性についてたっぷりと議論します。
b0115629_20582161.jpg

by dr-kanno | 2017-03-24 21:03 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

咲き始めた桜を愛でながら、、、看護師特定行為、臨床研修、医療計画

 17日の日本専門医機構理事会では、専門医制度新整備指針運用細則(リンク)
が承認され、パブコメとして同機構ホームページ上の「重要なお知らせ」 で公開されました。
 そして、本日の社員総会でこの運用細則を提示、正式に公表する段取りでしたが、、、これからどうなるのか?!止まるなら止まる、やるならやるで対象となる研修医たちにきちんと説明する必要があります。

 さて、今日の午前の全日本病院協会での看護師特定行為研修委員会で全日病S-QUEeラーニングのメインテナンスの意見交換や来年度の指導者講習会開催予定などについて議論します。
 13時から厚生労働省
 第4回医道審議会医師分科会医師臨床研修部会
に出席します。臨床研修の新たな到達目標がほぼ出来上がります。その前文です。
 医師は、病める人の尊厳と公衆衛生に関わる職業の重大性を深く認識し、望ましい医師としての基本的価値観(プロフェッショナリズム)及び医師としての使命の遂行に必要な資質・能力を身に付けなくてはならない。医師としての基盤形成の段階にある研修医は、医師としての基本的価値観を自らのものとし、基本的診療業務を遂行できる横断的な資質・能力を修得する。
 今後、方略・評価の議論に入ります。
 また、臨床研修制度における地域枠医師への対応については、義務履行要件に反する医師を採用した臨床研修病院に対する補助金カットも謳います。さらに、外国の病院における臨床研修の取り扱いを弾力化します。
b0115629_23282633.jpg
 さて、その後、駒込に移動します。若干の時間を利用して都心の大名庭園・六義園へお邪魔します。枝垂桜が咲き始めています。
b0115629_23282700.jpg
 春の光が降り注ぐ庭園では、常緑樹のが光り、辛夷椿が満開です。
b0115629_23282753.jpg
b0115629_23282749.jpg
 16時からは、日本医師会館を会場に
 第3回日本医師会病院委員会
に出席です。会長諮問「第7次医療計画策定に向けた医師会の役割」につき、最新の資料とともにフリートーキングです。また、関連する地域医療連携推進法人制度について厚生労働省医政局長通知の詳細につき話し合います。
b0115629_23282632.jpg
 どれもこれからの地域医療のあり方にかかわる議論でした。

by dr-kanno | 2017-03-23 23:36 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

医療制度の諸問題

 連休明けの月曜日は、雨模様でした。東京は開花宣言でしたが、七尾の桜のはまだ固いようです。そして、本日は空気が澄んだ日中でした(写真右)。
b0115629_23151130.jpg
 今日も能登空港から上京です。春の日差しが降り注ぎますが、奥越の山々はまだ、雪景色です。
b0115629_23151111.jpg
 まずは、日本精神科病院協会の会議室を会場に
 四病院団体協議会 平成28年度 第12回総合部会
に参加です。厚労省からの第7次医療計画についての説明の後、専門医制度などのついて議論します。その中で、学部教育、臨床研修制度、専門医制度の一貫性の必要性で意見統一します。
b0115629_23151219.jpg
 次に、日本医師会へ移動し、
 日本医師会・四病院団体協議会懇談会
に出席します。ここでは医療計画を中心に現行の厚労省の方針の矛盾や問題点について擦り合わせます。また、受動喫煙対策や認知症高齢者の運転免許更新に関しても意見の擦り合わせです。
b0115629_23151105.jpg

by dr-kanno | 2017-03-22 23:08 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

新たな専門医の仕組み、日本専門医機構理事会で合意

 七尾より一足早い春の花々を愛でながらの東京・日比谷公園です。最近は、地元の公園よりもここを歩く方が多いように思われます。その日比谷公園を突き切ったいつもの省庁で打ち合わせから今日の日程が始まります。
b0115629_19311061.jpg
b0115629_19310830.jpg
 神田岩本町の日本医療経営実践協会会議室
 一般社団法人日本医療経営実践協会
 平成28年度下期(第18回)理事会
理事として臨みます。医療経営士3級の合格率は約46%、2級は30.8%で質を担保しながらこれまでに2万人近くを養成しており、日本の医療経営に影響を与える存在になったようです。今後の予定とともに、これら資格取得者のキャリアパスについてなどを検討します。
b0115629_19310942.jpg
 その後、東京国際フォーラムに移動にします。ここでは、アートフェア東京ということでモダンアートがギャラリーに並びます。16時からは
b0115629_19310933.jpg
 一般社団法人日本専門医機構
 第11回理事会
理事として臨みます。12月の整備指針の決定後、内容を詰めてきた運用細則も、またもめてきた総合診療専門医の枠組み(写真右)も理事会決定します。また、ダブルボードやサブスペシャリティ領域の考え方、プログラムの申請や承認、プログラム参加の方法、共通講習の条件などもほぼ固まります。今後、月末の社員総会で説明されることになります。
 昨年7月に旧理事会から新理事会となり、地域医療への配慮、都市部への偏在助長の回避を目的としてきた議論も一旦終結です。これからは、実際に制度を動かす各学会に対して、機構がガバナンス(睨み)を利かすことができるかがカギとなります。ようやく、ぎりぎりのところで来年4月に新制度が開始の道筋です。
b0115629_19310886.jpg

by dr-kanno | 2017-03-17 21:27 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

地域包括ケアの観点から見た看護師特定行為研修、新たな専門医の仕組み

 晴天の七尾の朝です。青空カモメが気持ちよさそうに飛んできます。
b0115629_22263346.jpg
 今日も、諸行事あり上京です。まずは、日本医療法人協会会議室を会場に
 日本社会医療法人協議会 理事会
に出席します。次年度事業計画や予算の他、社会医療法人に特化した税制、モデル規定や研修計画について審議します。
b0115629_22263573.jpg
 次に有楽町の日本専門医機構に移動します。
 第3回総合診療専門医に関する委員会
に出席です。来年4月開始に向けて急がねばならないという共通認識のもとで、総合診療専門医研修のあり方について議論します。いろいろな立場の皆さんが落としどころを探りながら、この専門医制度を育てる最良の方法を議論します。
b0115629_22263576.jpg
 さらに、品川駅港南口方面に移動します。
b0115629_22263533.jpg
 品川グランドセントラルタワーの大塚製薬のスタジオにて医療関係者向けオンデマンド講演会である大塚製薬e講演会
 地域包括ケアシステムの行方を考える
 「新たな専門医制度」と「特定行為に係る看護師の研修制度」はどう影響を与えるか
の講師です。過疎化と高齢者増の背景のもと医療介護が連携した地域包括ケアシステムを組み立てるなかで、地域でどんな医師、看護師が必要かといった視点での看護師特定行為研修、新たな専門医の仕組みについてお話しします。
b0115629_22263426.jpg
 Live講演の最後には9月に金沢で開催する全日本病院学会を紹介します。そして、質疑応答を丁寧に行います。終了後にスタッフの皆さんと記念写真です。
b0115629_22263409.jpg

by dr-kanno | 2017-03-16 22:39 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

第43回山梨総合医学会~日本の医療の現状とこれから、在宅医療に対する病院のあるべき役割は

b0115629_09141357.jpg
 12日は、何十年ぶりかの甲府で朝を迎えます。武田氏滅亡後に築城された甲府城(舞鶴城)の天守台からは甲府盆地の向こうの富士山、さらには西には南アルプスの山並みを見ます。
b0115629_09141230.jpg
b0115629_09141312.jpg
 山梨県流通会館を会場に開催の第43回山梨総合医学会藤井秀樹学会長(山梨大学付属病院長)にお招きいただき、
 日本の医療の現状とこれから~地域医療構想、地域包括ケア、診療報酬・介護報酬ダブル改定をにらみながら~
と題した特別講演です。
 地域医療構想、診療報酬・介護保険報酬ダブル改定のトレンドとその対応策としての地域包括(ヘルス)ケアシステムのお話です。医師会の先生も多くいる会だけに、在宅医療に対する病院のあるべき役割を機能別に類型化します。恵寿は、とことん後方支援ということになります。
b0115629_14472685.jpg
 信玄公に別れを告げ、普段はあまり通らない中央線沿線の山々を眺めながら帰途につきます。さながら、高原列車です。
b0115629_15092987.jpg
 医療関係者向けオンデマンド講演会、大塚製薬e講演会(リンク)の告知です。3月16日18時からLiveでの講演で、翌日から3月23日までオンデマンド配信を予定です。タイトルは、
 地域包括ケアシステムの行方を考える
 「新たな専門医制度」と「特定行為に係る看護師の研修制度」はどう影響を与えるか
です。
b0115629_14483585.jpg

by dr-kanno | 2017-03-12 15:18 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

大きな岐路となる2018年度同時改定~診療報酬の現在と同時改定の行方、医療と介護の統合

 各地で弔旗や半旗を見る3.11にも早起きして、上京です。青空の聖地?!秋葉原です。UDXカンファレンスを会場に開催された
 CBnewsプレミアムセミナー【迫り来る2018年度同時改定を生き抜くための病院経営戦略】
 病床が埋まらない! 転換? 閉鎖? 死守?
と刺激的なタイトルの講演会です。満員の聴講者です。
b0115629_07172038.jpg
 そして、何とによる講演、
 大きな岐路となる2018年度同時改定
 -診療報酬の現在と同時改定の行方-
 -医療と介護の統合-
で、幕が上がります。第1部 制度に対応せよ、制度に振り回されるな第2部 ダブル改定ということは?の2部構成で、診療報酬、介護保険報酬のダブル改定の流れを語り、地域医療連携推進法人をならぬ地域医療介護生活連携推進事業体構築を図る必要性をお話しします。
b0115629_07172106.jpg
 その後、協賛社として、恵寿ともお付き合いのあるメディカル・データ・ビジョン株式会社・浅見 修二専務取締役による
 「デジタル健康ソリューション『CADA-BOX』について」
  -患者との診療情報の共有からはじまる次世代医療サービスのご紹介
  -受診した医療の情報を自らの健康のために活用したいという
   素朴でシンプルな要望に応えるサービスCADA BOXの概要
b0115629_07172163.jpg
 そして、おなじみ中林 梓 氏(株式会社ASK梓診療報酬研究所 所長)によるたっぷり90分の講演、
 「病床転換すべき時はいつか」
  -病床転換すべき時を見極めるためのサイン
  -病床転換シミュレーションの方法
  -病床転換の成功例/失敗例

と続きます。
b0115629_07172104.jpg

by dr-kanno | 2017-03-11 23:50 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

2025年に向け今後の医療を支えるための看護師特定行為研修

 今にも雨が降りそうな三田共用会議所講堂にて、10時から厚生労働省主催
 看護師の特定行為研修シンポジウム
です。
b0115629_20191299.jpg
 この3月1日の指定で特定行為の指定研修機関は39か所となります(厚生労働省ホームページへリンク)。情報提供の後、看護部長、訪問看護ステーション所長、地方の病院管理者、そして行政の立場から特定行為研修修了者の役割と期待を語ります。中小病院の立場から美原記念病院の髙橋看護部長は、患者の病状の変化や合併症を早く見つけるアセスメント能力と臨床推論を学んだ研修終了看護師の活躍をイメージしながら育てる必要性を、訪問看護ステーション愛美園の中島所長は、eラーニングの利用や実習機関の分割によって訪問看護ステーションの看護師の受講に大きな支障がなかったことや受けることによっての看護能力の大きな底上げ効果を強調します。医師・管理者の立場の新小山市民病院の大谷副院長は研修のためには病院にとっての価値を明確にし、医師との相互理解の大切さを語ります。そして、パネルディスカッションでは、中小病院だからこそできる研修や研修修了者の働き方などが議論されます。
b0115629_20191379.jpg
 さらに13:30より同会議所会議室にて、特定行為研修指定施設の代表が一堂に会して
 第1回看護師の特定行為に係る指定研修機関意見交換会
の開催です。こちらは情報提供、事例報告の後、「2025年に向け今後の医療を支えるために指定研修機関が取り組むべきこと」というテーマでグループディスカッション、全体討議です。改めて、どういう体制でどういう仕事をするのかという本質論や、労務管理、名称・終了証統一、診療報酬などの問題が挙げられ、加えて指定研修機関間の連携・情報交換の場の設定の必要性が挙げられます。
 患者の生活リズムを崩すことなく治療を受けれるようにするために、患者に寄り添う特定行為研修終了看護師が増えていくことを願うばかりです。
b0115629_20243002.jpg
 その後、雨の中、梅園を抜け夕暮れ時の厚生労働省で打ち合わせです。
b0115629_20191259.jpg

by dr-kanno | 2017-03-02 20:28 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

国際医療交流シンポジウムと『矯正知力の時代』(Keiju Monthly Letter)

 今日から3月です。富山湾から富山平野には春霞がかかっています。今日も北アルプスを眺めながら上京です。
b0115629_00112637.jpg
 曇り空の東京市ヶ谷、アルカディア市ヶ谷で13時から外国人患者受入れ医療機関認証制度(JMIP)推進協議会主催
b0115629_23343261.jpg
 厚生労働省から、外国人患者受け入れに関する整備、認証、周知の政策や、政府における在留外国人、訪日外国人に向けた取り組み(写真右)などの報告です。
b0115629_23343296.jpg
 その後、外国人患者受入れ医療機関認証制度(JMIP)やその認証病院報告とつづき、パネルディスカッションです。看護の立場、薬剤師の立場、通訳・コーディネーターの立場、ホテル関係の立場、外国人の立場からプレゼンテーションとテーマに沿ってディスカッションです。単なる言語の問題というよりも、患者の背景を考慮することは日本人患者でも同じはずです。その上で、外国人の文化的な面、ライフスタイルの面と日本の病院のルールとの間で、お互いのコミュニケーションとコーディネートが重要となります。
b0115629_23343465.jpg
b0115629_23343406.jpg
 その後、同ホテル内で、
 外国人患者受入れ医療機関認証制度 第2回推進協議会
に委員として出席します。年度内に認定病院は恵寿総合病院を含めて23病院となります。この制度のさらなる推進と質向上に向けた議論を重ねます。今後、健診施設やクリニック向けの認証も考慮されます。
b0115629_23343486.jpg
 同じく市ヶ谷界隈を移動し、ホスピタルプラザビルです。日本医業経営コンサルタント協会にて
 機関誌JAHMCのインタビュー
に臨みます。今回は9月に金沢で開催する第59回全日本病院学会 in 石川の学会テーマ『大変革前夜に挑め! ~今こそ 生きる をデザインせよ~が意味するものを中心に、まさに「生きる」と病院の関わりについて思いを語ります。
b0115629_23343394.jpg
b0115629_00315735.jpg そして、本日、Keiju Monthly Letter 3月号(No.179)を発行です。私の巻頭言
 矯正知力の時代
です。ICTの発達は目覚ましく、それを道具として使いこなす知力が重要となります。また、3ページには、当院のロボットPALROの活躍も掲載です。



by dr-kanno | 2017-03-01 23:34 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

中医協の議論と専門医機構理事会の真実

 今週も地元では本院、能登北部の鳩ケ丘、金沢病院で打ち合わせや多くの会議を行いました。また、東京での厚生労働省の審議会、病院団体や日本医師会との会議から地元の七尾医師会の役員会、七尾市の審議会に出席しました。頻回な東京往復の中、時に大自然の、季節の一瞬の描景が心を和ませてくれます。
 能登半島上空から見た富山湾越しの立山連峰、富山平野です。春めいた光に包まれています。右写真の中央、遠方には御嶽山も見てとれます。
b0115629_20480874.jpg
 また、昨日、フォーラム七尾で行われた
 七尾市健康福祉審議会
です。地域福祉分科会、高齢者分科会、障害者福祉分科会、児童福祉分科会、保健医療分科会からの報告です。児童福祉分科会では待機児童ゼロ、保育所の定員割れの七尾ですが、公立保育園の民営化の議論です。民間ができないところは公で、民間が多く存在するところでは公の廃止を訴えます。
b0115629_20480888.jpg
 先週行われた日本専門医機構理事会では専門医制度整備指針の細則、更新規定や総合専門医制度などが議論されました。終了後の記者会見では一役員の私見も多く語られるため、報道内容も混乱しています。そんな中、2月22日付の機構だより
 第10回理事会の概要(リンク)
が公開されています。これが議論の(ほぼ)真実です。ご確認ください。

 そして、今日は社会医療法人協議会正副会長会議に引き続き、日本病院団体協議会代表者会議議長として参加します(写真左)。多くの中医協議論の中で、かかりつけ医機能こそ、24時間対応し、かつ外来で患者の相談に対応可能な在宅医療支援病院の役割が大きくなることや遠隔医療で在宅や過疎地と専門医間のD2D(Dr to Dr)によるコンサルテーション機能への導入が求められることを確認します。
 さらに、メルパルク東京へ移動、コンタクス地域中核病院研究会による
 民間病院における事業継承者塾
3回シリーズの最終回における講師です。なんと、
 病院における事業継承を病院ビジネスモデル創造期ととらえる
というタイトルでたっぷり100分の講演です。若手経営者の皆様とたっぷり意見交換もさせてもらいました。
b0115629_20480782.jpg
 病院には、地元医療情報誌「SENSHIN」2017年3‐4月号(No.59)が届きます。
 地域におけるヘルスケアサービスのワンストップ化を実現
として、当院の恵寿サービスセンター(コールセンター)を紹介いただきました。
b0115629_20480885.jpg

by dr-kanno | 2017-02-24 21:00 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)



石川県七尾市の社会医療法人財団董仙会・恵寿総合病院(www.keiju.co.jp)理事長 神野正博のブログです。法人・病院の取り組みを紹介するとともに、地域医療や日本の医療への思いを綴ります。
カテゴリ
公職一覧
・社会福祉法人徳充会理事長
・公益社団法人全日本病院協会副会長
・一般社団法人日本社会医療法人協議会副会長
・一般社団法人日本専門医機構理事
・一般社団法人七尾市医師会長
・七尾商工会議所副会頭
・石川県病院協会副会長
・特定非営利活動法人VHJ機構理事・VHJ研究会監事
・公益財団法人日本医療機能評価機構評議員、事業推進委員
・一般社団法人日本医療経営実践協会理事
・一般社団法人日本ホスピタルアライアンス理事

(委員)
【厚生労働省】医道審議会医師分科会医師臨床研修部会委員、医道審議会医師分科会医師国家試験改善検討部会委員、医道審議会保健師助産師看護師分科会看護師特定行為・研修部会委員、医師臨床研修制度到達目標・評価の在り方に関するWG委員、(中医協)診療報酬調査専門組織 入院医療等の調査・評価分科会委員、医療従事者の需給に関する検討会医師分科会委員、がん診療提供体制のあり方に関する検討会委員、認知症の人の行動・心理症状や身体合併症対応など循環型の医療介護等の提供のあり方に関する研究会委員
【内閣官房】日本版CCRC構想有識者会議委員
【石川県】石川県医療審議会委員 、医療計画推進委員会地域医療ビジョン策定部会委員、医商工連携促進協議会会員
【日本専門医機構】総合診療専門医に関する委員会委員
【四病協】総合部会員、医療安全対策委員会委員長、医療制度委員会委員
【日病協】診療報酬実務者委員会委員
【全日本病院協会】病院のあり方委員会、病院機能評価委員会、学術委員会、医療の質向上委員会、救急・防災委員会担当副会長
【日本病院会】インターネット委員会委員、災害医療対策委員会副委員長
【日本医師会】病院委員会委員
【石川県医師会】代議員、財政検討委員会委員、選挙制度検討委員会委員
【医師臨床研修マッチング協議会】運営委員
【医学書院】月刊「病院」編集主幹

twitter
神野正博のツイート

facebook
神野正博の医療Archives

恵寿関連ホームページ
●恵寿総合病院ホームページ
●恵寿総合病院Facebookページ
●社会福祉法人徳充会ホームページ

●Medical Excellence JAPAN
●e-doctor Hospital Info
検索
最新の記事
記事ランキング
タグ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
最新のコメント
山本様 コメントありが..
by dr-kanno at 15:41
LEGO® SERIOU..
by イノベーションガイド山本伸 at 20:20
井上先生 ありがとうござ..
by dr-kanno at 06:30
先生、ありがとうございま..
by 新潟より参加 at 13:17
こちらこそ、声掛けありが..
by dr-kanno at 09:13
今回のミドルマネジメント..
by 新潟より参加 at 09:00
貴重な意見をありがとうご..
by dr-kanno at 08:41
いつも拝読させていただい..
by 番号15 at 09:02
Oさま。ありがとうござい..
by dr-kanno at 08:23
ダブル叙勲、誠におめでと..
by O. at 20:44
お疲れさまでした。私もゴ..
by やまのべゆうじ at 07:09
やまのべ先生 ありがとう..
by dr-kanno at 15:26
病院経営MASTER、お..
by やまのべゆうじ at 21:32
こんにちは、またブログ覗..
by ルイヴィトン 財布 at 05:47
Oさま いつもありがと..
by dr-kanno at 08:07
「GALENUS 創刊号..
by O. at 21:38
 ご承知のように医療は非..
by dr-kanno at 23:53
いつもお世話になっており..
by 矢口(金沢脳神経外科病院)です at 10:13
早く平穏な日が訪れますよ..
by starfield at 21:41
海とオルゴールの坂下です..
by 坂下さとみ at 23:08
ファン
ブログジャンル
画像一覧