神野正博のよもやま話

<   2007年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

北の国から

昨日、小松空港より札幌に参りました。
全日本病院協会・病院のあり方委員会です。
b0115629_1252577.jpg
委員の日程調整で年末はこの日にしかもう空いていないということで、御用納めの後での会合となりました。

平成19年12月21日に自民党・医療紛争処理のあり方検討会から
 診療行為に係る死因究明制度等について
           (全文は西島英利参議院議員ホームページ参照
が出されています。法制化に向けて進んでいくようです。
航空機事故調査委員会のような「医療事故調査委員会」(医療事故調)を作ろうとしています。
しかしながら、医療事故の原因を究明し再発防止を図るという趣旨、委員会は、医療関係者の責任追及を目的としたものではないとしながらも、調査チームに医療の専門家を中心に、法律関係者、患者・遺族の立場を代表する者等の参画を得て構成します。
その上、
民事手続においても、委員会の調査報告書は活用できることとする。
・委員会の調査報告書は、刑事手続に使用することを妨げない。
ということで、再発防止を謳いながらも有責判断、訴追に利用するという制度なのです!まるで、ロシア内務省のようです。
あくまでも、再発防止ならば、このような訴追に使う制度はありえません。事故調査委員会にとても怖くて届けることはできませんし、また医療の萎縮、医療崩壊につながってしまうような気がしてなりません。

午後13:10千歳発で七尾に帰ってきました。暖かい日差しの北海道とは裏腹に、北風が強い北陸でした。
by dr-kanno | 2007-12-30 12:53 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

ご用納め

当院も救急センターや病棟業務、透析業務を除いて、今日が
 ご用納め
です。

門松や鏡餅など各部署お正月の準備も開始です。
病院の正面受付では、職員が二十四節気と陰暦の月の名前を書にしたためて飾っています。今は師走冬至ということになります。新春だけはその年の言葉をいれます。来年は地震が来ず、偽が流行らないように福多かれと「嘉福」という字を入れる予定です。
b0115629_13311532.jpg
冬至の書の横にも鏡餅です。病棟のナースセンターの前にも鏡餅です。

今年もありがとうございます。そして、お疲れ様です。
無事年を終えられることに感謝して。


病院での業務は終えますが、まだ病院団体の仕事が残っています。仕事好きな人が多いのも病院団体の方々の特徴のようです。明日は、ひとっ飛びして・・・
by dr-kanno | 2007-12-28 13:37 | 病院のこと | Comments(0)

乾杯

今年もあとわずかです。特定・特別医療法人財団董仙会社会福祉法人徳充会をあわせて、けいじゅヘルスケアシステムと呼んでいます。昨夜は両法人合同の、
 けいじゅヘルスケアシステム大忘年会
を開催しました。
温泉旅館として日本一にランクされている当地和倉温泉・加賀屋さんのコンベンションホールに566人の参加です。
両法人の30年・20年・10年勤続者への表彰。来年の2月に完成する医師用、職員用宿舎に公募した名前の命名者に理事長賞を差し上げました。
今年は何といっても能登半島地震!地震の際に持ち場を守った職員に感謝し、患者様や職員に大きな怪我がなかったことを喜びました。今年新たにけいじゅヘルスケアシステムには、1月にPET-CTセンターエレガンテ田鶴浜(地域密着型特別養護老人ホーム)、4月にふれあいの里(デイサービスセンター)、6月に恵寿パートナーズ心臓血管センターが仲間入りしました。われわれの全施設がコラボレーションしてこそ、付加価値が生まれると思います。そんな意味で、いろいろな職場の仲間たちが入り乱れて1年を語るこの会の意義も大きいと思います。
b0115629_9514811.jpg
・・・ということで乾杯です!

b0115629_952974.jpg年忘れの会と同時に、病院の玄関に門松も届きました。来年こそいい年になりますように、、、
by dr-kanno | 2007-12-27 09:55 | 病院のこと | Comments(0)

高齢者支援サービス

b0115629_1553095.jpg今日は年末のご挨拶など千客万来です。そんな中、初めてお会いする方々がいらっしゃいました。
今日15時から七尾市内で開催される
 高齢者総合支援サービス方策検討会
に出席される財団法人電源地域振興センターとコンサルの浩洋設計、そして七尾市経済再生プロジェクト推進室の方々による事前ヒアリングです。

高齢者医療の現状とあるべき姿や情報ネットワーク、在宅医療に対する取り組み、医療・介護における役割分担などについてのご質問にお応えしました。
七尾市では、七尾雇用広場「観光・食・ヘルスケアのネットワーク」と題した取り組みも行われています。私たちは、ここでヘルスケア部門と観光や食とコラボレーションさせることで付加価値を生み出し、地域の振興、雇用を確保することを目指しています。
さらに、高齢化を逆手にとって、都会ではできない「高齢者に優しい街」づくりで地域の魅力を創出するべきだと考えます。その部分でも、ITを活用した見守りシステムや小規模多機能施設、高齢者住宅などの分野で社会システムの一部を担っていけるものと考えています。
by dr-kanno | 2007-12-26 16:03 | 地域のこと | Comments(0)

アウトブレーク!?

b0115629_22101930.jpgこの冬はインフルエンザノロウィルスとウィルス感染症が猛威を振るっています。
12月10日に吐き下しによる脱水症で、ある病棟に入院された患者様からノロウィルス検出、その後同じ病棟でアウトブレークするか?!翌日2人、翌々日2人と発生しました。能登中部保健福祉センター(保健所)へ連絡した上で、当院のICD ( Infection Control Doctor )の真智俊彦医師を中心としたICT ( Infection Control Team )が介入。病棟ナース、薬剤師、管理栄養士や清掃を管理する大成サービスなどと連携し、その後の感染の拡大を封じ込めることができました。そして、私が委員長を務める今日の病院感染対策委員会で、今回の経験を活かしてマニュアルを再確認することとしました。チームの努力とともに手洗いや清掃への患者様自身の参加と協力にも感謝です。
b0115629_22173385.jpg
そして、クリスマスも終わりです。当院の正面玄関(左写真)、3病棟玄関からクリスマスのディスプレーは消え、正月の準備です。
by dr-kanno | 2007-12-25 22:18 | 病院のこと | Comments(0)

メリークリスマス

メリークリスマス
b0115629_15564213.jpg
21日、22日には東京で3つの会合に出席してまいりました。夜は忘年会シーズンに加えて、恋人たちのクリスマス!日本の経済は、まだまだ伸び盛りとでもいえそうに、多くの人でごった返していました。ただ、昼間の繁華街には中国人が目立つのも最近のトレンドかもしれません。

VHJ研究会では、今後のこの会のあり方を議論。その後医学書院の月刊「病院」編集会議では、人材不足と特定健診・保健指導に関する特集テーマで議論です。翌日の全日本病院協会の病院のあり方委員会(写真左)では、終末期医療のガイドラインの取りまとめに関する報告と一般国民向けの日本の医療のあり方提言書の最終の構成検討でした。クリスマス前の金曜の夜、土曜の夜とゴールデンタイムですが、まじめに議論する医療関係者でした(笑)。昨今、医療崩壊などと先は暗いようにも見えますが、日本の医療にまだまだ希望がある、変えなければならないと真剣に議論したのでした!
b0115629_1693153.jpg
移動中の丸の内の街路で見つけた狂い咲きしたがとても新鮮でした。
by dr-kanno | 2007-12-24 16:10 | 日記もどき | Comments(0)

県立総合看護学校

午後から、石川県医師会代表として
 石川県立総合看護専門学校運営会議
に出席です。年に1度の外部評価的会議です。
b0115629_17125238.jpg
この学校は、全過程共に昼間定時制という(中途半端な・・・失礼)形態です。
第二看護学科(3年課程、修業年限4年)、第三看護学科(進学コース、2年)、准看護学科(2年)の3つの課程があります。今年の1月に私が県医師会で県内の全病院・診療所を対象にアンケート調査をしたところ、733.1人の看護師不足の回答を得ました。全国と同様に当県でも看護師不足は深刻です。
しかし、この学校では、H19年度で
           定員 受験者数 合格者数 合格率 入学者数
第二看護学科  45   179    80     49.1   46
第三看護学科  40    59    41     69.5   38
准看護学科   120   51    21     41.2   14
と定員を満たないにもかかわらず、低い合格率が問題視されます。また、人気のある課程への定員の移動なども考慮すべきでしょう。
少子高齢化で看護を必要とする人は増え、看護に就く人は減っていきます。看護への思いを持った人たちを大切に大切に育てて一人前の看護師にする努力が求められるのではないでしょうか。
by dr-kanno | 2007-12-20 19:22 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

勤務医問題

今晩は、石川県医師会館で、石川県医師会勤務医部で来春発刊予定の小冊子「声を出せ。勤務医!」(仮)の巻頭を飾る座談会の司会です。

メンバーは
 石川県医師会会長                小森 貴先生
 金沢医科大学教授(医師会勤務医部会長) 松本忠美先生
 金沢市立病院                   高田重男先生
に司会の私です。

私の方からねらいとして
 新臨床研修制度の導入、医師不足・医師の偏在、病院勤務医の疲弊、医療崩壊、医師に対する刑事訴追など、医師をめぐる様々なキーワードがマスコミを賑わす。医療が崩壊すれば、地域も崩壊する。地域が崩壊すれば、医療は縮小されていく。
 本来同根であるはずの、開業医と勤務医に溝はないのだろうか?開業医の思いと勤務医の思い、そしてその思いを発現させる手段はどうあるべきなのか?勤務医にとって医師会はどうあるべきなのか?医師会は勤務医に何をすべきなのか?…など、石川県医師会長と勤務医部会メンバーが本音で語り合っていただきたい。
を作成したものの、論客ぞろい。
● 勤務形態は違っても医師としての誇りを忘れてはならない。
● 日本の医療は勤務医の自己犠牲の上で安価な医療を提供してきた。もう時代は変わった。
● この時代だからこそ、勤務医だ開業医だと言って対立するのではなく、あるいは無関心を装うのではなく、団結して医療制度改悪、医療費削減に立ち向かうべきだ。
● 医師会勤務医部会がまとめた会長への諮問書にしたがって、医師会が勤務医に何ができるかメッセージを出し連帯を図る。
● 医師と患者のパートナーシップのために、患者の責任を教育する時代となった。
などの議論がなされ、小森会長から、「H20年度は勤務医元年にする」という決意をいただいたのでした。
by dr-kanno | 2007-12-19 22:52 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

産業革新戦略

b0115629_2041429.jpg今日は、石川県庁です。2002年に新築した地上19階のこの建物は、石川県が震災で全滅しても、ここだけは無傷だろうというくらい堅牢な建物です!(右図:石川県ホームページから)

石川県産業革新戦略評価委員会
に出席です。石川県商工労働部がH17年に作成した石川県産業革新戦略10カ年計画の中間評価をするために、金沢大学知的生産本部・共同研究センターの吉国信雄教授を座長に、私を含めて各界から10名の委員が集まりました。以下の4点についてA~Dランクに自己評価された進捗状況について意見を述べ、今後の方向性について専門分野から見解を披露しました。
①連携新産業の創造、②次世代型企業の育成、③戦略的企業誘致の推進、④産業人材の総合的育成・確保

b0115629_20414196.jpg
私は、地域密着産業として医療~介護~福祉の担うべき役割を説き、地域の特性としての高齢化を逆手にとった優しい安全・安心な町づくりと観光、農林水産の協働を主張しました。そして、これらの間を県ならではの仕掛けでつなげる施策を打つべきだと提言しました。
by dr-kanno | 2007-12-17 21:06 | 地域のこと | Comments(0)

医療IT化の推進は多難?

ここしばらくは、冬型の気圧配置。当地は曇り~雷~雨が続きます。昨日も朝から大雨でしたが、小松空港を飛び立つと雷雲の上はブルースカイ。太平洋には低くて柔らかい日差しが注ぎ込んでいました。
b0115629_1545934.jpg
綿帽子のような雲と伊豆七島を横目に見て、東京元赤坂の明治記念館に向かいました。芝生にカメリアと伝統的な会館のコントラスとは美しいものです。

ここでは、SSKセミナー「医療IT化の推進と病院経営です。
b0115629_15455063.jpg
わが国の医療政策の展望(経済財政との関係を中心に)」では、総理府で経済財政諮問会議の事務局を勤める山口正行氏(写真左)から、わが国の財政、人口構成の流れから社会保障費削減の必然性が語られ、今回のテーマであるIT化どころではないという印象を植え付けられました。ただ、ここで示された
小泉元総理の「慧眼」
 これから、歳出削減というのは楽でないことがわかってくるだろう。今はまだ分かっていない。歳出削減の方が楽だと思っている。歳出削減を徹底していくと、もう増税の方がいいと言う議論になってくる。(平成18年6月22日開催経済財政諮問会議 議事要旨より)
に経済財政諮問会議の本質を見たりという感じがしました。

医療等におけるIT化の推進と最近のトピック」では、厚生労働省医政局の中安一幸氏が、最新のトピックスとしての社会保障カードの話が中心です。それによって日本版EHRも可能だという話です。私も、医療や介護、福祉情報、さらには問題の年金情報などを統合するためには統一番号制が必要だと思っていました。問題とされる個人情報漏洩の危惧に対して「カードやSUICAを使って、携帯を持っている人ならば、個人がどこにいるかなんてお国は1cmの誤差で分かるはずです」というジョークが印象的です(笑)。

医療機関におけるIT投資の成功と戦略」では(株)メディヴァ 取締役・小松大介から、別に診療報酬をつけない限りIT投資ができる医療機関はそんなにないこと、IT投資をしても医療機器や設備のように目に見える効果がないことなどが語られました。

ということで、お通夜のような会になったので(・・・失礼)、私から「病院におけるIT活用の現状と今後の展望」と題して、この時代だからこそ効率化が必要であり、その道具としてのITの重要性を語りました。いまさら電子カルテいい悪いという時代ではない。データをどう使うか。どうユーザーフレンドリーなものにしていくのかを考える時代という話もさせていただきました。
by dr-kanno | 2007-12-16 16:01 | 医療とIT | Comments(0)



石川県七尾市の社会医療法人財団董仙会・恵寿総合病院(www.keiju.co.jp)理事長 神野正博のブログです。法人・病院の取り組みを紹介するとともに、地域医療や日本の医療への思いを綴ります。
カテゴリ
公職一覧
・社会福祉法人徳充会理事長
・公益社団法人全日本病院協会副会長
・一般社団法人日本社会医療法人協議会副会長
・一般社団法人日本専門医機構理事
・一般社団法人七尾市医師会監事
・七尾商工会議所副会頭
・石川県病院協会副会長
・特定非営利活動法人VHJ機構理事・VHJ研究会監事
・サービス産業生産性協議会(SPRING)幹事
・公益財団法人日本医療機能評価機構評議員、事業推進委員
・一般社団法人日本医療経営実践協会理事
・一般社団法人日本ホスピタルアライアンス理事

(委員)
【厚生労働省】医道審議会医師分科会医師臨床研修部会委員、医道審議会医師分科会医師国家試験改善検討部会委員、医道審議会保健師助産師看護師分科会看護師特定行為・研修部会委員、医師臨床研修制度到達目標・評価の在り方に関するWG委員、(中医協)診療報酬調査専門組織 入院医療等の調査・評価分科会委員、医療従事者の需給に関する検討会医師分科会委員、がん診療提供体制のあり方に関する検討会委員、認知症の人の行動・心理症状や身体合併症対応など循環型の医療介護等の提供のあり方に関する研究会委員
【内閣官房】日本版CCRC構想有識者会議委員
【石川県】石川県医療審議会委員 、医療計画推進委員会地域医療ビジョン策定部会委員、医商工連携促進協議会会員
【日本専門医機構】総合診療専門医に関する委員会委員
【四病協】総合部会員、医療安全対策委員会委員長、医療制度委員会委員
【日病協】診療報酬実務者委員会委員
【全日本病院協会】病院のあり方委員会、病院機能評価委員会、学術委員会、医療の質向上委員会、救急・防災委員会担当副会長
【日本病院会】インターネット委員会委員、災害医療対策委員会副委員長
【日本医師会】病院委員会委員
【石川県医師会】代議員、財政検討委員会委員、選挙制度検討委員会委員
【医師臨床研修マッチング協議会】運営委員
【医学書院】月刊「病院」編集主幹

twitter
神野正博のツイート

facebook
神野正博の医療Archives

恵寿関連ホームページ
●恵寿総合病院ホームページ
●恵寿総合病院Facebookページ
●社会福祉法人徳充会ホームページ

●Medical Excellence JAPAN
●e-doctor Hospital Info
検索
最新の記事
記事ランキング
タグ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
最新のコメント
 ちなみに、この3人の中..
by トクメイ at 15:55
山本様 コメントありが..
by dr-kanno at 15:41
LEGO® SERIOU..
by イノベーションガイド山本伸 at 20:20
井上先生 ありがとうござ..
by dr-kanno at 06:30
先生、ありがとうございま..
by 新潟より参加 at 13:17
こちらこそ、声掛けありが..
by dr-kanno at 09:13
今回のミドルマネジメント..
by 新潟より参加 at 09:00
貴重な意見をありがとうご..
by dr-kanno at 08:41
いつも拝読させていただい..
by 番号15 at 09:02
Oさま。ありがとうござい..
by dr-kanno at 08:23
ダブル叙勲、誠におめでと..
by O. at 20:44
お疲れさまでした。私もゴ..
by やまのべゆうじ at 07:09
やまのべ先生 ありがとう..
by dr-kanno at 15:26
病院経営MASTER、お..
by やまのべゆうじ at 21:32
こんにちは、またブログ覗..
by ルイヴィトン 財布 at 05:47
Oさま いつもありがと..
by dr-kanno at 08:07
「GALENUS 創刊号..
by O. at 21:38
 ご承知のように医療は非..
by dr-kanno at 23:53
いつもお世話になっており..
by 矢口(金沢脳神経外科病院)です at 10:13
早く平穏な日が訪れますよ..
by starfield at 21:41
ファン
ブログジャンル
画像一覧