神野正博のよもやま話

<   2009年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

タイ出張を振り返って

b0115629_1810315.jpg早朝にバンコクのホテルをチェックアウトし、朝日が映えるスワンナブーム空港から帰国です。

微笑みの国でたくさんの出会いを頂きました。
タイ保健省ではタイ政府のメディカルハブ構想をお聞きしました。
タイ人向け日本語教育や日本人向けカルチャースクールを経営する方スミタ・カルチャー・センター&プロダクション)とお会いし、日本語教育の実態を知りました。
クルアムナムタイ病院KLUAYNAMTHAI HOSPITALでは、高齢化社会を迎えようとするタイにおける当院と同じ戦略を共有し、さらにタイ政府と日本大使館を巻き込んだ日本~タイの人材研修システムの道筋をつけることができました。
・タイのメディカル・ツーリズム病院として日本でも有名なバンコク病院BANGKOK HOSPITAL MEDICAL CENTER、サミティベート病院SAMITIVEJ HOSPITALS、バムルンラート病院BUMRUNGRAD INTERNATIONALでは、経営幹部や日本人マネージャーの方と懇談しました。そこでは、私たちや日本政府で思っていたほど、海外からわざわざ受診、入院する患者は多くないという事実を自分の目で確かめました。タイ在住の外国人とベトナムやカンボジアなど周辺国に居住する外国人にとっては、安心して受診できる病院であることは事実でした。そして、現地人の支払う金額とははるかに高額な海外居留保険でカバーされる日本と同等の医療費をもとにして、安い人件費で良質の医療サービスを提供するというビジネスモデルを知ることができました。
by dr-kanno | 2009-10-31 18:17 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

バンコクのメディカル・ツーリズム病院群

バンコク3日目の昨日は
 クルアムナムタイ病院1
です。
b0115629_22582743.jpg
この病院グループは、日本人患者は少ないもののタイの富裕層を中心に、急性期からリハビリ、慢性期、アシステッドリビング、さらには食事や薬のデリバリーを手がけ、また関連病院や13箇所の直営クリニックなどをインタネットを利用したオンライン回線でネットワークしています。どこかの病院に似ているような・・・
b0115629_2259466.jpg
午後は、その慢性期病院である
 クルアムナムタイ病院2(写真左)とアシステッドリビング(ケアハウスみたいなもの・写真右)
も訪問です。
b0115629_230345.jpg
これから進むタイの高齢化に向けた進取の取り組みのようです。
b0115629_2303648.jpg
そして、今日の午前、午後はバンコク病院と並ぶバンコクで名高いメディカル・ツーリズム病院です。
午前は、サミティベート病院です。この病院の外来患者の40%は日本人です。もちろん日本人専用受付や24時間日本語サービスが提供されています。
b0115629_2314652.jpg
また、午後はバルンラード病院です。こちらにも、日本人受付が完備されています。
b0115629_2324671.jpg
できたばかりのクリニック棟も圧巻です。
b0115629_2334693.jpg
これら3病院は外国人患者にデラックスな環境ともてなしを提供することで伸びています。
by dr-kanno | 2009-10-30 23:04 | 医療経営のこと | Comments(3)

Medical Hub構想~タイ保健省とバンコク病院

b0115629_1461394.jpgさて、夜の街になにやら見慣れぬ乗り物が、、、

そう。タイ国に昨夕やってまいりました。

今日は朝からタイトな日程です。まずは、日本大使館の方と一緒に
 タイ保健省保健サービス振興局
 Thai Ministry of Public Health's Department of Health Service Support
です。
b0115629_1483696.jpg
ここでSomyos局長との懇談の後、今年の8月に七尾を訪れたVisit補佐官から、タイの医療体制とタイ保健省のMedical Hub構想について説明です。タイは安価な政府によるPublic Sectorと高価なPersonal Sectorの明確な区分で平均寿命の延びを達成すると同時にMedical Hubによって、海外のお金によってPeronal sectorの充実、そして将来的にはすべての医療レベルの充実を図ろうとしています。そしてMedical HubはMedical Tourismにとどまらず、伝統的医療やマッサージなどをも利用した長期滞在者の取り込みを図っているのです。
b0115629_1491727.jpg
その後、伝統的な建造物が並ぶ公園を通り抜け
 タイ保健省伝統医療局
 Ministory of Public Health Institute of Thai Traditional Medicine
を訪問、Anchalee補佐官の案内で併設のMusiumで、伝統的な補完代替医療というべきハーブやマッサージの歴史の説明を受けました。
b0115629_1502947.jpg
さらに、Personal Sectorの雄、
 バンコク病院
の訪問です。この病院の国際部門の充実は、30年の歴史と実績を誇っています。Som-arch院長からお話を伺い、
b0115629_1524310.jpg
 日本人サービスセンターや国際病棟
を中心に見学です。院内のすべての表示は、タイ語、英語、日本語、アラビア語と徹底されています。
b0115629_1514562.jpg

by dr-kanno | 2009-10-28 23:30 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

報道~「知ってくださいC型肝炎」と「日本の医療の拡がりについて」

久しぶりに暗く雨模様の七尾です。随分寒くなったような気がします。風邪やインフルエンザの患者さん増えるのでしょうね。
病院前のプランターは、季節ごとに関連の社会福祉法人・青山彩光苑就労継続支援・ワークセンター田鶴浜で丹精込めて育てたものに取り替えていただいています。葉牡丹パンジーが到着しています。
b0115629_16151858.jpg
昨日10月25日付の、地元紙・北国新聞朝刊には、中外製薬さんがスポンサーとなったキャンペーン
 C型肝炎で苦しむ人がゼロのなる日を目指して
  知ってくださいC型肝炎Q&A Vol.3

で、当院副院長の宮森弘年医師が、専門医としてコメントしています。
                          C型肝炎ZEROのキャンペーンページへリンク
b0115629_1535349.jpg
                        (↑の画像をクリックすると拡大します)
そして、私も負けずとに(笑)、日経産業新聞10月22日朝刊です。以前にこのブログでも紹介した
 日経産業新聞フォーラム2009
 日本の医療の拡がりについて考える

での私の基調講演や会の模様が掲載されました。
                           日経アドネットへリンク(PDFファイル提供)
b0115629_1535542.jpg
                        (↑の画像をクリックすると拡大します)
b0115629_15384873.jpgさて、毎日目が回る生活が続きます。明日からは、新たな事業の可能性を求めて・・・

写真は理事長室の窓辺ですが・・・

by dr-kanno | 2009-10-26 19:00 | 地域医療 | Comments(2)

第24回全国医療法人経営セミナー

昨日には、大阪入りです。堂島川に面する大阪国際会議場(グランキューブ大阪)で、
 日本医療法人協会理事会
に参加です。話題は中医協委員が日本医師会枠なしで決まったことで持ちきりです。全日病の西澤会長や自治体病院協議会会長の逸見会長の留任は決まり、新たに大学代表として嘉山・山形大学医学部長、京都府医師会の安達副会長のようです(24日付け日本経済新聞朝刊による)。そして、茨城県医師会推薦で、この協会の副会長の鈴木邦彦氏が中医協委員に決まっています。ここで重大な決定が・・・座して死を待つくらいならば、民間病院の代表を民主党から出す!
m3.comニュース:「日本医療法人連盟/次期参院選に候補者擁立 民主党支持打ち出す」へリンク
b0115629_20501313.jpg
今日は朝から、同会議場のイベントホール
 第24回全国医療法人経営セミナー
です。 日本医師会の三上常任理事や全日本病院協会の西澤会長を迎えての開会セレモニーでは、日本医療法人協会会長の日野 頌三氏(写真右)が、前日の理事会決定を伝えます。
b0115629_20523076.jpg
そして勉強会の始まりです。
講演 「地域医療対策について」
  講師:厚生労働省医政局指導課長 新村 和哉
新型インフルエンザ対策や医師確保対策、さらに新年度に向けた税制改革要望の説明です。特に医師確保対策に、家庭医・総合医の確保や医療提供体制の再編議論が無かったのは残念なことでした。
b0115629_20534784.jpg
講演 「医療をめぐる社会システム間の齟齬」
  講師:虎ノ門病院 泌尿器科部長 小松 秀樹
主に医療安全体制(事故調査委員会)についての講演でした。「患者を治すのは医師独自の領域であり、法が適切な影響を及ぼしうるのは医療システムの外縁である」と言い切ります。
また、
講演 「患者は医療崩壊をどうとらえているのか」
①「患者と医療者の協働で、ピンチをチャンスに!」
  NPO法人ささえあい人権センターCOML理事長 辻本 好子氏(写真)
②「患者(国民)からみた医療機関 ~医療享受者が医療に期待していること~」
  癌と共に生きる会副会長 海辺 陽子
では辻本氏は医療者と患者の協働のための賢い患者とは、cleverでもwiseでもなくsmartな患者といいいます。
b0115629_2057141.jpg
シンポジウム 「社会保障国民会議」における医療政策
基調講演「ひとつの見積書としての医療・介護費用のシミュレーション~日本人の少数派と多数派」
  講師・座長 慶応義塾大学商学部教授  権丈 善一 氏
①「医療連携・在宅連携の未来を探る」
  一般社団法人日本慢性期医療協会会長 武久 洋三
②「地域医療を崩壊させないために」
  社会医療法人財団董仙会 理事長 神野 正博
で、権丈氏はすでに日本は戦時体制に匹敵する赤字国債額であり、今は低負担高福祉国家を目指しているかもしれないと認識し、その上で、必要な財言論を避けるならば日本は終わりと言い切ります。また、武久氏は高度急性期こそ療養病床との連携が必要であると説きます。また、私は少子高齢化、社会保障費の削減トレンドと社会保障国民会議におけるデータから病床再編の可能性について考察しました。
b0115629_210649.jpg
b0115629_2104328.jpg
講演 「医療経営の信頼性と融資判断」
  講師:独立行政法人福祉医療機構理事  瀬上 清貴
私的病院を支援する立場から、救急の担い手の54%は私的病院であるとし、現状の医療制度の下で、これ以上私的医療機関が疲弊するならば救急も消滅する危機感を伝え、私的病院の経営の信頼性の獲得に向けた施策の必要性を説きます。
最後に、
講演 「民主党政権下での医療政策」
  講師:民主党参議院議員 梅村 聡
です。医師である同議員の立場から、民主党の医療政策の解説です。特に財源問題について、国民へ無駄の排除を見える化すること。その上で、国民が納得して負担増を認めていただいきたいという姿勢を示します。また、マニフェストでは触れられていない、医療における消費税の損税についても触れていただきました。次の世代に医療をどう残していくかの考え方が重要であるという言葉で結ばれました。
b0115629_2123645.jpg
b0115629_2125948.jpg1日勉強が終わって外にでると堂島川はマジックアワーの光に包まれていました。充実の1日でした。

by dr-kanno | 2009-10-24 21:10 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

病院経営コミュニティと15年後職員研修

b0115629_10184658.jpg今週月曜から、新型インフルエンザの患者増加に伴い、当院では病院感染対策委員会より全職員マスク令が発令されています。
私も・・・

昨日も、午前の診療の後に能登空港です。エプロンにはたくさんの報道陣です。「ミス能登空港」(存在は不明です)でもいらっしゃるかと期待したのですが、取材対象はこの荷物(写真中)。今日の朝刊によると、能登の旬の食材の空輸定期便が始まるようです(新聞は日本経済新聞朝刊北陸版)。
b0115629_14363944.jpg
                       (↑の画像をクリックすると拡大します)
ゲーツ国防長官来日のとばっちりか、45分遅れで東京に向かい、大手町センタービルに先週完成したばかりのマイクロソフト大手町テクノロジーセンターでした。
b0115629_1437436.jpg
ここで、川渕孝一・東京医科歯科大学教授を座長とする
 第2回 病院経営コミュニティ
に出席です。「医療の見える化」をテーマに討議です。経営と患者満足(CS)・職員満足(ES)のために、何を見える化するとどんな効果があるのか、何は見える化する必要がないのかといったSolutionの議論です。
b0115629_14382530.jpg
見える化に関する3つのポイントとして川渕教授から
 ・「結果」ではなく「プロセス」
 ・「数字」ではなく「ストーリー」
 ・隠れている「登場人物(患者、競合相手、職員)」が見えているか
が示されました。このメンバーは、日本を代表する病院を含む病院の経営者で、とてもインスパイヤされる会議でした。

そして、今日は朝から、七尾市内の番伊で、当法人の教育研修委員会が主催する
 平成21年度 15年後職員研修
です。入職15年目の中堅職員19人が参加です。まずは自己紹介の後、私から「15年目職員に望むこと」と題して講義です。
私たちの背景地域の分析と、それに沿ったビジョンの説明の後で、以下のキーワードについて受講生と考えました。:本来業務、差別化ということ、チーム医療ということ、理解と理由、不満と不平、「ほうれんそう」とPDCA、5S
b0115629_14505983.jpg
さらに、4つのグループに分かれたグループワーク「自分のできていること、できないことを明確にする。15年後として、今どうしたらよいか。」で話し合い、私たち幹部の前で発表してもらいました。
 ・部署内での役割の明確化の必要性
 ・一生懸命やっていることを知ってもらうために、伝えるべき人に伝える努力の必要性
など、15年目を境に仕事を見つめなおした頼もしい意見が多数出されました。
b0115629_14552450.jpg

by dr-kanno | 2009-10-21 18:01 | 医療経営のこと | Comments(0)

平成21年度 第1回 医療評価委員会

穴水町の介護療養老人保健施設・恵寿鳩ヶ丘周辺は、すっかり紅葉です。
b0115629_186998.jpg
午前中、外来診療や回診を済ませて、能登空港から七尾北湾を眺めながら上京です(写真左)。奥只見から会津の山々も赤くなっています。その奥には、今「愛」でとてもホットな米沢が見えます(写真右)。
b0115629_188175.jpg
今回は、15:00から政府の三田共用会議所で開催される
 平成21年度 第1回 医療評価委員会
に出席です。
b0115629_18105178.jpg
この委員会は、内閣官房による高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部評価専門調査会の医療部門を担った会議で、各省、各部局による医療IT政策が部分最適(たこつぼ化)に陥らないかの評価活動を行うという位置づけです。一度流会になった後での第1回です。新政権の方針が決まらない中、「とりあえず」の会となったようです。
親会である高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部評価専門調査会の今年度方針(写真右)である
 ・「見える化」の推進
 ・「国民視点・ユーザー視点による評価」の徹底
 ・戦略実現のための「PDCAサイクル」を推進

や昨年度の活動を踏まえつつ、今年度の活動方針を討議しました。
b0115629_1814345.jpg
                    (↑の画像をクリックすると拡大します)
私からは、地域医療再生金の中でのIT部門の検証(全体最適のための改善)、ユーザー視点として医療者が楽になるITシステムとそれを阻害する要因解析(例えば、遠隔指示、遠隔治療の法的阻害因子)の検討を提案し、
全体として、残り少ない今年度の重点テーマとして
 ・レセプトオンライン化の進捗の検証
 ・日本版EHRの進捗
 ・地域医療再生基金の検証

とすることで、合意しました。
by dr-kanno | 2009-10-19 18:15 | 医療とIT | Comments(0)

秋のビッグウェイブ

今朝の羽田空港です(写真左)。奥の天井にまた何やら不可思議なものが浮いています。”ハブのミナト”記念イベントではないでしょうね(笑)。そして、今日の富士山はすっかり冠雪しています。最近寒いですものね。
b0115629_22512195.jpg
帰りの、内灘海岸では、強い風とビッグウェイブです。この波とくれば・・・若者たちは、
b0115629_2252820.jpg
家の前では、金木犀が芳しい香りで迎えてくれました。垣根の山茶花ももう蕾をつけています。
b0115629_22522957.jpg
さて、また月曜日から多忙です。
by dr-kanno | 2009-10-18 22:54 | 日記もどき | Comments(0)

6つの会合

今朝は、5時起床です。朝もや煙る七尾を出発、小松空港からポケモンジェットに乗り上京です。
b0115629_054894.jpg
朝10時過ぎにいつもの水道橋の全日本病院協会に到着です(写真左)。
 11:00~ 第4回 救急・防災委員会
 12:00~ 第3回 学術委員会
 13:00~ 第7回 常任理事会(写真中)
 15:00~ 第3回 支部長会
 17:00~ 第7回 病院のあり方委員会
 19:00~ 第5回 医療の質向上委員会

ということで、6つが終了した20:30ごろはすっかり暗くなっていました(写真右)。
b0115629_0553441.jpg
一日で、災害の定義やDMATのあり方、メディカル・ツーリズム事業の開始、看護師需給調査の問題、旧政権時代の「医療安全調査委員会設置法大綱案」と民主党の「医療の納得・安全促進法案」と全日病案の精査、医療職の業務範囲のあり方、診療アウトカム評価事業などなどについて協議多数でした。それなりに、それぞれの事項について協会として、自分としての考え方を整理できました。
by dr-kanno | 2009-10-17 23:50 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

ピンクリボン

任期満了に伴う七尾市議会議員選挙は、10月11日告示、10月18日投票です。今回は定数減の22に対して立候補者は25人と激戦です!狭い町をたくさんの選挙カーが絶叫します。…ということで、大票田(!?)の当院職員を狙って朝の出勤時や夕の退勤時には多くの候補が訪れています。今朝も、公道上で
b0115629_143235100.jpg
院内の介護福祉ショップ「めぐみには、多くの患者さんが訪れています。今月は、ピンクリボン月間ということで、柱の壁には日本医師会からいただいたポスターです。そして、ピンクリボン応援商品の陳列です。
b0115629_1433521.jpg
急速に増加する乳がん。当院でも乳がんの縮小手術、放射線治療、化学療法の患者さんが増えています。乳がん検診を是非受けていただきたく思います。
        (YAHOO! JAPAN ピンクリボン特集2009のページへリンク
by dr-kanno | 2009-10-16 13:30 | 病院のこと | Comments(0)



石川県七尾市の社会医療法人財団董仙会・恵寿総合病院(www.keiju.co.jp)理事長 神野正博のブログです。法人・病院の取り組みを紹介するとともに、地域医療や日本の医療への思いを綴ります。
カテゴリ
公職一覧
・社会福祉法人徳充会理事長
・公益社団法人全日本病院協会副会長
・一般社団法人日本社会医療法人協議会副会長
・一般社団法人日本専門医機構理事
・一般社団法人七尾市医師会長
・七尾商工会議所副会頭
・石川県病院協会副会長
・特定非営利活動法人VHJ機構理事・VHJ研究会監事
・公益財団法人日本医療機能評価機構評議員、事業推進委員
・一般社団法人日本医療経営実践協会理事
・一般社団法人日本ホスピタルアライアンス理事

(委員)
【厚生労働省】医道審議会医師分科会医師臨床研修部会委員、医道審議会医師分科会医師国家試験改善検討部会委員、医道審議会保健師助産師看護師分科会看護師特定行為・研修部会委員、医師臨床研修制度到達目標・評価の在り方に関するWG委員、(中医協)診療報酬調査専門組織 入院医療等の調査・評価分科会委員、医療従事者の需給に関する検討会医師分科会委員、がん診療提供体制のあり方に関する検討会委員、認知症の人の行動・心理症状や身体合併症対応など循環型の医療介護等の提供のあり方に関する研究会委員
【内閣官房】日本版CCRC構想有識者会議委員
【石川県】石川県医療審議会委員 、医療計画推進委員会地域医療ビジョン策定部会委員、医商工連携促進協議会会員
【日本専門医機構】総合診療専門医に関する委員会委員
【四病協】総合部会員、医療安全対策委員会委員長、医療制度委員会委員
【日病協】診療報酬実務者委員会委員
【全日本病院協会】病院のあり方委員会、病院機能評価委員会、学術委員会、医療の質向上委員会、救急・防災委員会担当副会長
【日本病院会】インターネット委員会委員、災害医療対策委員会副委員長
【日本医師会】病院委員会委員
【石川県医師会】代議員、財政検討委員会委員、選挙制度検討委員会委員
【医師臨床研修マッチング協議会】運営委員
【医学書院】月刊「病院」編集主幹

twitter
神野正博のツイート

facebook
神野正博の医療Archives

恵寿関連ホームページ
●恵寿総合病院ホームページ
●恵寿総合病院Facebookページ
●社会福祉法人徳充会ホームページ

●Medical Excellence JAPAN
●e-doctor Hospital Info
検索
最新の記事
記事ランキング
タグ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
最新のコメント
山本様 コメントありが..
by dr-kanno at 15:41
LEGO® SERIOU..
by イノベーションガイド山本伸 at 20:20
井上先生 ありがとうござ..
by dr-kanno at 06:30
先生、ありがとうございま..
by 新潟より参加 at 13:17
こちらこそ、声掛けありが..
by dr-kanno at 09:13
今回のミドルマネジメント..
by 新潟より参加 at 09:00
貴重な意見をありがとうご..
by dr-kanno at 08:41
いつも拝読させていただい..
by 番号15 at 09:02
Oさま。ありがとうござい..
by dr-kanno at 08:23
ダブル叙勲、誠におめでと..
by O. at 20:44
お疲れさまでした。私もゴ..
by やまのべゆうじ at 07:09
やまのべ先生 ありがとう..
by dr-kanno at 15:26
病院経営MASTER、お..
by やまのべゆうじ at 21:32
こんにちは、またブログ覗..
by ルイヴィトン 財布 at 05:47
Oさま いつもありがと..
by dr-kanno at 08:07
「GALENUS 創刊号..
by O. at 21:38
 ご承知のように医療は非..
by dr-kanno at 23:53
いつもお世話になっており..
by 矢口(金沢脳神経外科病院)です at 10:13
早く平穏な日が訪れますよ..
by starfield at 21:41
海とオルゴールの坂下です..
by 坂下さとみ at 23:08
ファン
ブログジャンル
画像一覧