神野正博のよもやま話

<   2012年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

診療に関連した予期しない死亡事故調査と安全対策

 故あってしばらくブログを休ませていただきましたが、、、ブログも仕事も全開です。
 今日は、14時から、東京・水道橋の全日本病院協会会議室を会場に、日本病院団体協議会(日病協)
 診療行為に関連した死因究明制度等に係るワーキンググループ
座長として出席です。多くの議論を呼ぶ医療事故調査問題に取り組みます。今回は、日本医師会で担当する高杉常任理事をお迎えして、日医骨子案とのすり合わせを試みます。
b0115629_1632623.jpg
 主に病院団体として相いれない院内事故調査委員会に並行して「管理者は速やかに、中央に設置する診療関連死調査機関へ報告し、その指示を受ける」という骨子案について、意見を交わしました。
 ハイリスク症例を多く扱う病院の現場の意見として、調査と安全対策を分けて考えるという立場を強調させていただきました。
 日本医師会案も今後、多くの意見を受け止めながら改訂を重ねるとのこと。日病協案の取りまとめを急ぐとともに、医療団体として日本医師会との協議を続けることも確認しました。
by dr-kanno | 2012-10-31 17:15 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

チーム医療の明日~第10回日本医療マネジメント学会石川支部学術集会

 秋晴れの今日の午後は、市内の石川県七尾美術館アートホールを会場に、私が当番会長第10回日本医療マネジメント学会石川支部学術集会の開催です。
b0115629_219743.jpg
 当番会長として、今回の学会テーマ「チーム医療の明日を語ります。進んできたチーム医療の中で、単なる分業や形だけの連携ではなく、きちんとお互いのことを知り、同じビジョンのもとで統合した連携こそがチーム医療の目指すところだという考えを述べさせてもらいまました。
 そして、そういった意味でお呼びした特別講演福井県済生会病院の齋藤哲哉事務副部長による
 福井県済生会病院における職員満足度向上の取り組み
です。職員満足(ES)が顧客満足(CS)に繋がるという思いのもとで、BSCなどを用いた組織的な管理だけではなく、職員の情緒、感情の琴線に触れる取り組みを披露していただきます。久しぶりに上質な講演を拝聴しました。
b0115629_2192610.jpg
 そして、その後、10題の一般演題です。石川全県から、約150人が集まり、院内の多職種チームの連携ばかりか、他施設を巻き込んだ連携の事例が発表されました。当院からも回復期リハビリテーション病棟の入院基本料1取得過程における連携の事例放射線科における予約管理における外来部門との協力・連携の構築などを発表いたしました。
b0115629_2193795.jpg

by dr-kanno | 2012-10-20 21:10 | 地域医療 | Comments(0)

サービスの生産性の向上のために~ハイ・サービスミーティング at 葉山

 今日は朝の病院業務のあと、急ぎ小松空港に向かいます。少し紅葉してきた白山(写真左)や冠雪したばかりの富士山(写真中)を眼下に望みます。そして、今日の飛行ルートは三浦半島を横に見ます。そう、今日の目的地はまさにこの三浦半島・葉山です。
b0115629_1919385.jpg
 葉山に向かう逗子駅前はビルが並びますが、都会と違うのは駅前に魚屋さん。三浦半島の新鮮な海の幸です・
b0115629_1920643.jpg
b0115629_21245962.jpg 葉山御用邸上にそびえる生産性国際交流センターを会場に当院も4年前にいただいたハイサービス300選企業の集まりであるハイサービスクラブの合宿
 第3回 ハイ・サービスミーティング at 葉山(プログラムへリンク)
です。会員269社から100人以上の会員が集結です。

b0115629_19231814.jpg
 サービス産業生産性協議会代表幹事で富士通相談役の秋草直之(写真左)は、日本のGDPの2/3を占めるサービス産業は生産性が低いと言われるものの、製造業のモノづくりに対して、サービス産業のコトづくりを商品化することこそ、これからの日本産業の牽引役であることを強調します。
 また、経済産業省・サービス産業課長の白石重明(写真中)は、国内で勝てない企業は、海外でも勝てないとした上でサービス産業の生産性向上の試みにエールを送ります。
b0115629_1923554.jpg
 そして、私の講演です。講演を始めるにあたって、モデレーターの赤松幹之・産業技術総合研究所ヒューマンライフテクノロジー研究部門研究部門長から産業における分業と連携についてのお話しがあり、
 「高齢化先進地域のサービス産業の役割」
     神野正博 社会医療法人財団董仙会恵寿総合病院 理事長

と続きます。垂直統合と専門特化の話しから、地域そのもののBCPとしての医療と他産業等の連携の必要性、その事例などを、たっぷり1時間半のお話しをさせていただきました。終了後も多くの企業トップの方々からの医療業界とは違った視点の質問を多数いただきました。
by dr-kanno | 2012-10-19 19:25 | 地域医療 | Comments(0)

これからの地域医療のために~医師卒後臨床研修制度

 雨が降る昨夜の東京丸の内仲通りはイルミネーションが美しく輝きます。もうすぐ、ハロウィンですね。そして、今朝は重い雲がかかります。永田町から霞が関方面の雲は晴れるのでしょうかね。。。
b0115629_1355183.jpg
 10:00より厚生労働省
 第8回 医師臨床研修制度の評価に関するワーキンググループ
に参加です。今回は、2組の参考人から、諸外国における卒後臨床研修制度モデルチェンジした平成22年度からの医師の地域分布、さらに事務局からの提出された論点骨子案の検討です。
b0115629_13554655.jpg
 諸外国との比較では、必要とされる多様な臨床能力としてのコンピテンシーの教育、評価の方法を比較検討しました。海外では、病院規模での研修病院指定がないことを確認します。また、医師の地域分布では、平成14年の新臨床研修制度導入後、1,2年目医師の地方分散と3,4年目医師の医育機関都市への集中の傾向を改めて確認します。22年度の弾力化研修(いわゆる専門研修)以降の偏在の有無は不明です。
 また、年末まで、今後3回の検討でまとめることになる論点骨子案の検討では、
 医師卒後臨床研修の「プライマリ・ケアの基本的な診療能力(態度・技能・知識)を身に付けることのできるものでなければならない」という基本理念を確認した上で、
・EPOCを利用した研修内容の評価は、国民に分かりやすく将来的に国や英国のGMC (General Medical Council) 的な機関が認証すべきであること。
・平成22年度から導入された弾力化研修は、この会のこれまでの客観的データから弊害しか認めず。プライマリー・ケアの習得の観点から再検討すべきであること。この際必須7科目の期間や習得法については弾力的に扱ってもいい。
・同じく平成22年度から基幹型病院の条件に導入された「年間退院患者3,000人以上」条項も、この会のこれまでの客観的データから意味がないことから、廃止すべき
を主張しました。
by dr-kanno | 2012-10-18 13:56 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

医療の質改善のために~病院機能評価、IQIP

 涼しくなりましたが、もう除雪車です(写真左)!備えあれば憂いなしということでしょうかね。今日は、朝から空路上京です。今日の小松発JAL1272便は通常の浜松上空経路ではありません。北アルプスから薄雲がかかる上越の山々(写真中)を越え、中禅寺湖・男体山上空(写真右)から関東平野に抜けます。写真で中禅寺湖の左側がいろは坂です。
b0115629_21352640.jpg
 13時から、水道橋の公益財団法人日本医療機能評価機構会議室で、
 平成24年度 事業推進協議会
に、石川県の病院機能評価事業推進委員として、石川県病院協会上田総務理事と共に参加です。河北博文副理事長、長谷川友紀理事、橋本廸生執行理事から病院機能評価の現況の他、来年度から実施される新バージョンの説明です。
 河北副理事長から継続的な医療の質向上のキーワードとして、「自主性」「第三者」「公表」が示され、国民が納得できる医療提供のために、われわれ病院が歯を食いしばって改善に努めるべきとの檄がありました。また、今後の継続的な内部監査による改善活動のために、新たな「クオリティマネジャー養成」も報告されました。
b0115629_2136530.jpg
 さらに、水道橋から市ヶ谷に移動です。市ヶ谷駅から、あの東郷邸跡の東郷公園横の東郷坂を歩きます。そして三番町の瀟洒な住宅街の金木犀の香りを嗅ぎながら、日本病院会ホスピタルプラザビルに向かいます。
b0115629_21371290.jpg
 16時から、
 四病院団体協議会 平成24年度 第3回医療制度委員会
に参加です。今後の医療提供体制のあり方に向けて、各種別の病院における医療資源投入量の調査や看護必要度のあり方、さらには看護基準によらない入院基本料設定について議論しました。
b0115629_21375554.jpg
 そして、病院にうれしい認定書が届きました!当院がIQIP( International Quality Indicator Project )にデータを提出している主な指標が掲載されており、このような指標を国際的に病院間で比較評価することによって質評価と改善に取り組んでいることを表すものです。
b0115629_1614217.jpg

by dr-kanno | 2012-10-17 21:39 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

高齢者が多い地域だからこそ多職種間連携

  秋色の日が続きます。七尾市内には各地からの観光客が訪れています。行楽の秋でもあります。
b0115629_10361692.jpg
 毎週月曜日に診察、回診に行く能登北部の恵寿鳩ヶ丘周辺は、外来種セイダカアワダチソウが侵食しています。遠くから見ると黄色も美しいのですが、、、すすき頑張れ!
b0115629_10502152.jpg
b0115629_10372248.jpg
 15日午後、医師を中心にした求人サイトであるe-DoctorのWebサイトから取材が入ります。当院の特徴を紹介するとともに、高齢者が多い地域だからこそ必須である多科間、多職種間連携の実践の場であることを強調させて頂きました。
b0115629_1038534.jpg
 また、夜には七尾医師会役員会(理事会)です。予防接種、警察医と死体検案書に関する疑義照会、学校医、学術研究会、当番医など地区医師会としての協議です。加えて、今回、昨年から行っている七尾市認知症プロジェクト委員会に加えて「七尾在宅医療を考える会」を会内に設置することが決定されました。まずは、地域で在宅医療を行っている、あるいは行う意志のある医療機関のマップ作り在宅医療に関する研修の場を設置することとなりました。今後、多職種を巻き込む活動を確認しました。
b0115629_10435772.jpg

by dr-kanno | 2012-10-16 11:57 | 地域医療 | Comments(0)

家に籠って仕込んでいます。。。「先祖返り~iPS細胞に思う」など

 今日は、庭の秋の草花を愛でながら、珍しく一日家に籠っております。
b0115629_16201644.jpg
 来週以降に締め切りの迫る貯まった原稿や委員会報告書、講演配布資料、さらには講演資料を仕込んでおります。
 今後の講演としては
 10月16日 ハイ・サービスミーティング at 葉山
   講演 「高齢化先進地域のサービス産業の役割
 11月 1日 能登七尾人間塾講演
 11月11日 第30回大分県病院学会
   講演 「医療経営のパラダイムシフト~経営の効率化、地域包括ケア・地域連携のための情報戦略を考える~
 11月15日 HOSPEX Japan 2012
   講演 「地域包括ケアのためのICTによる医療介護連携を探る
 11月18日 全国医療経営士実践研究大会
   講演 「医・産・学の人材・情報・技術交流が医療経営の基盤を強化する
 11月24日 全中国病院長会議
   講演 「病院経営戦略のためのITの利用
 12月23日 Geralist Japan 中部
   パネリスト
などなどです。改めて書き出してみると、頭が痛くなってきます。

また、原稿の一つはやはりノーベル賞を受賞した山中伸弥教授iPS細胞ネタとなります。ここで、そのエッセンスのみを先行公開します。(最終校正前原稿です!)
先祖返り~iPS細胞に思う
              社会医療法人財団董仙会恵寿総合病院理事長 神野正博
 やはりこの話題になる。10月8日夜、人工多能性幹細胞(Induced Pluripotent Stem Cells, iPS細胞)の研究成果で京都大学の山中伸弥教授が、ノーベル生理学・医学賞を受賞した。一度成熟した細胞は受精卵や胚細胞と違って、多機能性を失うという科学の常識を覆した。「先祖返り」が可能であるということなのである。しかもこの細胞は患者自身の体の細胞から作成できるために、拒絶反応を起こすことなく欠損した細胞を補うことができると言う。
 そして、この細胞の発見からわずか6年で受賞というスピードも注目されるが、私的に注目は、日本国籍の受賞者18人中、初めての医学部卒の受賞、しかも元臨床医であるという点である。そして、数々のエピソードの中で、神戸大学卒後に進んだ整形外科の臨床現場で「手術の下手なじゃまなか君」と揶揄され、臨床から基礎医学へと転向したことである。もし、導いた整形外科指導医がいたとするならば、最高の殊勲者ではないかと思うことさえある。そのまま無理に修練を積んで整形外科医を続けていたところでより技術力のある他の臨床医には勝てず、せいぜい手術症例数の少ない地方の小病院で細々と臨床を営んでいたに違いない。
 医学部志望者にも、また卒業者にも、はたまた誰にでも、それぞれの想いと同時に適性がある。その適性を見極めて、一度進んだ道から、もう一度「先祖がえり」として振り出しに戻らせて、異なる道を歩ませることこそ指導者の責任のように思う。また、失敗や敗北感から立ち上がる姿を暖かく見守る姿勢が社会にも必要であると思えてならない。
 昨今医学界では、医学部新設をめぐって二分する議論がある。一つは医師不足の中、大学医学部やメディカルスクール(米国型の附属病院を持たない医学部)を増設すべしという意見であり、もう一つは今後人口減の中で医師過剰となる可能性があり、現在の医師不足は医学部定員増のみで対応すべしという考え方である。
 現在、基礎医学は臨床医以上に、研究者の不足が深刻である。今回のiPS細胞発見のような日本の産業を牽引できるほどの研究成果を上げるためにも、研究者の増員と環境整備が必須であろう。これからの若者が、基礎研究を夢見ることができるようにするためには、医学部やメディカルスクールの新設による大幅な医学部卒の増員と基礎医学研究のための処遇の改善と設備、費用の増額が求められるように思われる。そして、適性によって臨床から基礎へ、基礎から臨床への双方向の「先祖返り」を見守ることができる制度の構築が重要だと思われる。

by dr-kanno | 2012-10-14 16:21 | 日記もどき | Comments(0)

秋色の中で~MJF理事会、医療政策研修会

 天候には恵まれているものの大気は肌寒くなり、野山は秋色になってきた七尾周辺です。
b0115629_11435421.jpg
b0115629_11443614.jpg
 11日の夜には、和倉温泉・美湾荘にて、日本で一番長寿なジャズフェスティバルである
 モントレージャズフェスティバルイン能登( MJF in NOTO )開催理事会
に理事として参加です。第24回のこの夏の大成功を踏まえた事業報告を審議し、来年の25周年に向けて今後の展望の話し合いです。今回からエクゼクティブプロデューサーに就いた北陸放送・白石相談役の努力に感謝です。しかし、何と言っても、現場で汗を流した実行委員会の若手に感謝感謝です。
b0115629_11465539.jpg
 また、13日午後16時から、金沢のホテル金沢
 石川県医師会 医療政策研修会
に参加です。日本医師会・三上裕司常任理事講演「医療を取り巻く諸問題を拝聴します。社会保障・税の一体改革、消費税問題、TPPについての講演です。全日病副会長の立場で厚労省や日本医師会でよくお話しする立場ですが、今回は地元七尾市医師会会長としての立場で参加です。
 これからの時代に「在宅医療」の範囲を施設にまで広げることや、担い手として病院と診療所の連携が重要である点など意見を共有させていただきました。また、給付の平等と負担の平等があってこそ、持続可能な社会が作れることも共有しました。
b0115629_11485352.jpg

by dr-kanno | 2012-10-14 11:50 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

メディカル・ツーリズムの行方

 全国的には雨模様の地域が多い中、今日の七尾は比較的穏やかな日和です。病院前の街路樹色づいています。
b0115629_17332320.jpg
 新棟建設工事は2階部分の床のコンクリート打設が予定通り進んでいます。
b0115629_17334515.jpg
 今日は、来年秋のこの新棟の竣工にあわせた80周年記念事業(記念誌・記念モニュメント)の打ち合わせや石川県国際メディカル・ツーリズム協議会の打ち合わせなどが続きます。特にメディカル・ツーリズムに関しては、地域振興を目的としており、石川県行政担当者を含めて実施します。これまでターゲットとしていた中国へのプロモーションの見直しに迫られています。打ち合わせでは、新しいアイディアがいくつか出、これからのロードマップを確認です。
 尖閣問題が発生する前に、私たちと良好な関係を持っていた寧波の旅行社が作ってくれたパンフレットがむなしく手元に残ります。
b0115629_1734429.jpg

by dr-kanno | 2012-10-11 17:37 | 地域医療 | Comments(0)

日本のいい街2012より~七尾市は高齢者が住みよい街

b0115629_1733718.jpg 昨日発売の週刊東洋経済 2012.10.13の特集は
 日本のいい街2012
です。810市区の対象の中で、高齢者が住みよい街ランキング4位の七尾市が紹介されています。私たちけいじゅヘルスケアシステムオンライン化による患者情報の一元管理システムが紹介され、さらに私の
 「七尾市は全国的にも高齢化が進んでいる地域。恵寿総合病院という救急医療にも対応する総合病院としての医療だけでなく、リハビリや在宅医療といった退院後のサービスを充実させた“面倒見のいい医療”を目指している」
というコメントも掲載されています!ちなみに、七尾市は出産・子育てしやすいランキングでは5位、裕福 なまちでは17位、安心・安全なまちでは54位でした。

b0115629_174261.jpg
            (↑の画像をクリックすると拡大します。詳細は本誌をご覧ください)
 時代は、大都市における高齢者の爆発的な増加と施設不足の中で、地方への高齢者移住も検討されています。その中で、選ばれる魅力ある七尾市づくりの手助けができればと思っています。
参考:日本経済新聞2012.10.8記事:高齢者の地方移住促進 送り出す自治体が費用負担へリンク

 また、今日は日本医療経営実践協会が発行する
 医療経営士情報誌 医療経営の理論と実践 2012. No.6
が到着しました。巻頭言は、私からのエール
  "実践"こそ医療経営士の使命・真骨頂
が掲載されています。
           「医療経営の理論と実践」のホームページへリンク
 また、私が基調講演、パネリストを務める11月18日に東京で開催される
 第1回「全国医療経営士実践研究大会」(大会運営委員長:安藤高朗)
 経営人財元年・医療の質を高めるヒトづくり
 -医療経営士による病院の経営基盤づくりへの挑戦-

の案内も掲載されていました。
           全国医療経営士実践研究研究大会のホームページへリンク
b0115629_1722852.jpg

by dr-kanno | 2012-10-10 17:26 | 地域医療 | Comments(0)



石川県七尾市の社会医療法人財団董仙会・恵寿総合病院(www.keiju.co.jp)理事長 神野正博のブログです。法人・病院の取り組みを紹介するとともに、地域医療や日本の医療への思いを綴ります。
カテゴリ
公職一覧
・社会福祉法人徳充会理事長
・公益社団法人全日本病院協会副会長
・一般社団法人日本社会医療法人協議会副会長
・一般社団法人日本専門医機構理事
・一般社団法人七尾市医師会監事
・七尾商工会議所副会頭
・石川県病院協会副会長
・特定非営利活動法人VHJ機構理事・VHJ研究会監事
・公益財団法人日本医療機能評価機構評議員、事業推進委員
・一般社団法人日本医療経営実践協会理事
・一般社団法人日本ホスピタルアライアンス理事

(委員)
【厚生労働省】医道審議会医師分科会医師臨床研修部会委員、医道審議会医師分科会医師国家試験改善検討部会委員、医道審議会保健師助産師看護師分科会看護師特定行為・研修部会委員、医師臨床研修制度到達目標・評価の在り方に関するWG委員、(中医協)診療報酬調査専門組織 入院医療等の調査・評価分科会委員、医療従事者の需給に関する検討会医師分科会委員、がん診療提供体制のあり方に関する検討会委員、認知症の人の行動・心理症状や身体合併症対応など循環型の医療介護等の提供のあり方に関する研究会委員
【内閣官房】日本版CCRC構想有識者会議委員
【石川県】石川県医療審議会委員 、医療計画推進委員会地域医療ビジョン策定部会委員、医商工連携促進協議会会員
【日本専門医機構】総合診療専門医に関する委員会委員
【四病協】総合部会員、医療安全対策委員会委員長、医療制度委員会委員
【日病協】診療報酬実務者委員会委員
【全日本病院協会】病院のあり方委員会、病院機能評価委員会、学術委員会、医療の質向上委員会、救急・防災委員会担当副会長
【日本病院会】インターネット委員会委員、災害医療対策委員会副委員長
【日本医師会】病院委員会委員
【石川県医師会】代議員、財政検討委員会委員、選挙制度検討委員会委員
【医師臨床研修マッチング協議会】運営委員
【医学書院】月刊「病院」編集主幹

twitter
神野正博のツイート

facebook
神野正博の医療Archives

恵寿関連ホームページ
●恵寿総合病院ホームページ
●恵寿総合病院Facebookページ
●社会福祉法人徳充会ホームページ

●Medical Excellence JAPAN
●e-doctor Hospital Info
検索
最新の記事
記事ランキング
タグ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
最新のコメント
 ちなみに、この3人の中..
by トクメイ at 15:55
山本様 コメントありが..
by dr-kanno at 15:41
LEGO® SERIOU..
by イノベーションガイド山本伸 at 20:20
井上先生 ありがとうござ..
by dr-kanno at 06:30
先生、ありがとうございま..
by 新潟より参加 at 13:17
こちらこそ、声掛けありが..
by dr-kanno at 09:13
今回のミドルマネジメント..
by 新潟より参加 at 09:00
貴重な意見をありがとうご..
by dr-kanno at 08:41
いつも拝読させていただい..
by 番号15 at 09:02
Oさま。ありがとうござい..
by dr-kanno at 08:23
ダブル叙勲、誠におめでと..
by O. at 20:44
お疲れさまでした。私もゴ..
by やまのべゆうじ at 07:09
やまのべ先生 ありがとう..
by dr-kanno at 15:26
病院経営MASTER、お..
by やまのべゆうじ at 21:32
こんにちは、またブログ覗..
by ルイヴィトン 財布 at 05:47
Oさま いつもありがと..
by dr-kanno at 08:07
「GALENUS 創刊号..
by O. at 21:38
 ご承知のように医療は非..
by dr-kanno at 23:53
いつもお世話になっており..
by 矢口(金沢脳神経外科病院)です at 10:13
早く平穏な日が訪れますよ..
by starfield at 21:41
ファン
ブログジャンル
画像一覧