神野正博のよもやま話

<   2013年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

山形県自治体病院講演会~病院のあり方を病院の機能分化の視点から

 今日は、朝、小雨の七尾を出発、ぽかぽか陽気の東京です。東京駅から、久しぶりの東北新幹線で北へ向かいます。青空の北関東から那須山のすそ野を通過します。さすがに米沢に抜ける山地は雪深い冬の様相です。
b0115629_5135680.jpg
 今回の目的地は、山形市。青空に蔵王が迎えてくれます。さすがに冷たい風の中、駅前の山形市保健センター(霞城セントラル3階)で開催されている
 山形県自治体病院講演会
に、主催する山形県自治体病院協議会の会長であり、以前から親しくさせていただいている平川秀紀・山形市立病院済生館館長のお招きで講演です。
b0115629_5184593.jpg
 一般講演7題の後、「求められる地域医療を考える」と題して特別講演です。石川と同じく地方である山形でのこれからの病院のあり方を病院の機能分化の視点から提言します。講演の後も各病院の開設者の皆様と多くのディスカッションをさせてもらいました。
b0115629_5191048.jpg

by dr-kanno | 2013-01-30 23:50 | 地域医療 | Comments(0)

医療安全セミナ―~院内暴力対応

 昨夜から冷たい北風と吹雪の能登です。今日は、つるつるの路面を金沢へ向かいました。慣れている冬の道といえども、油断大敵。あらあら、、、能登有料道路でもクラッシュです。。。そして、金沢駅西口前の金沢パークビルです。
b0115629_21121477.jpg
 まず、はじめに1階会議室で全日本病院協会石川県支部総会を開催し、全日本病院協会の公益法人化に伴う支部規約の変更や役員、決算、予算を協議します。その後、7階会議室を会場に、本支部と東京海上日動火災保険金沢支店とで共催した
 医療安全セミナー
です。特に今回のテーマは院内暴力。県内の会員、非会員病院から約100名の出席とマスコミも取材です。
b0115629_21145671.jpg
 まず、当院の医療安全部長でもある宮森弘年副院長(写真左)がモンスターペイシャントへの取り組み事例などを報告です。院内の組織体制の説明の他、医療メディエーターとしてコンフリクトマネジメントについても共感の必要性を語ります。
 そして、第二部は
 「警視庁OBが語る院内暴力対応の実態」
   学校法人慈恵大学総務部渉外室長 横内昭光
です。前警視庁捜査1課(殺人捜査担当)管理官としての正義を語ります。「いかなる理由であろうとも『悪意いある暴力』は許していない」「診療は性善説で、院内暴力は性悪説」「病院長は職員を守れ」など熱い毅然とした講演でした。一同、目から鱗もあり、大満足でした。
b0115629_21151560.jpg

by dr-kanno | 2013-01-26 21:22 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

地域のがん診療体制を考える・・・第2回 がん診療提供体制のあり方に関する検討会

 昨夜の雷鳴に続き、今日は朝から雪と強い北風が吹く能登でした。朝の経営会議等を終えて、また能登空港に向かいます。
 空港では、滑走路を懸命の除雪作業中でした。ありがとうございます。
b0115629_19173145.jpg
 そして。15時から霞ヶ関の厚生労働省にて
 第2回 がん診療提供体制のあり方に関する検討会
に出席です。地域のがん診療体制につき以下の点を協議します。
1.拠点病院に対し、診療実績等に関し、より高いレベルの機能を求める必要があるのではないか。また、そのために、医療機関単独での指定のほか、既存拠点病院等と以下の群指定を検討してはどうか。
 ①準がん診療連携拠点病院(仮)との群指定
 ②特定領域で高度な診療機能をもつ医療機関との群指定
2.拠点病院制度においてPDCAサイクルを確保する仕組みを盛り込む必要があるのではないか。
3.臨床研究機能等、新たな機能・役割としてはどのようなものがあるか。
 特に、「準」という名称には抵抗があるものの、拠点病院の治療を継続する病院として、あるいはより地域に近い病院として、群形成とその条件作りに対して賛同します。さらに、そもそも認可した国が拠点病院をチェックすることによって、その機能から拠点病院から準拠点病院への道筋もあり得ることを確認します。
 さらに、臨床研究機能等の充実については、診療報酬や既存の補助金の枠内から、新政権の成長戦略として予算も人員も充実させるべきことを提言させてもらいました。
b0115629_1919742.jpg

by dr-kanno | 2013-01-25 19:21 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

新しいサービスの芽

 今年に入ってからの当地は、雪は降るものの、12月のように積もることなく、穏やかな日々が続きます。今日も、朝から雨が降ったり、晴れ間がのぞいたりといった天候です。
b0115629_1982087.jpg
b0115629_1985535.jpg いつもの朝の通学路の子供たちも元気に歩いていますが、インフルエンザが猛威をはらっています。体調にご留意ください。院内のあちこちにも予防のポスターです。
 そして、今週の病棟は満床状態が続いております。地域の方にはご迷惑をおかけしています。こういった状況を考えると病院と在宅の間、病院と介護施設の間にBufferとなるサービスのシーズCeedsが大いにあるように思います。(まだ未公開ですが、)新規事業の可能性について、今日は東京のCMさんとの協議も行われました。。。
by dr-kanno | 2013-01-24 19:13 | 病院のこと | Comments(0)

これからの医療を考える~四病協医療事故調査のあり方最終版公開

 今日は朝早く起きて小松空港から上京です。11時から大塚駅前のホテルベルクラシック東京を会場に、ユート・ブレーンの新春(年頭)セミナー
 衆議院と参議院選挙、消費税増税と次回診療報酬・薬価改定!医療・医薬品業界はどうなる!
 2013年医療・医薬品業界の動向と医薬品企業の対応セミナー

の講師です。
 「病院を取り巻く環境変化と対応について」
と題して、新政権のもとでの税・社会保障の一体改革、来年の診療報酬改定や対応などについて、特に病院の機能分化の視点からお話しさせていただきました。
b0115629_19342697.jpg
 そこから田町の日本精神科病院協会館
 四病院団体協議会 平成24年度 第10回 総合部会(写真左)
 その後、駒込の日本医師会館で、
 平成24年度 第9回 日本医師会・四病院団体協議会懇談会(写真右)
に出席です。
b0115629_1936150.jpg
 日医との懇談会では主に調剤医療費についての意見交換、総合部会では、中医協報告の他、消費税、入院医療の機能分化について協議、さらに私が委員長として四病協の考え方をまとめた
 診療に関連した予期しない有害事象(死亡・重大事故)の調査のあり方
最終案が正式に承認されました。あくまでも、医療者のProfessional Autonomyとして原因分析と再発防止に言及しました。以下に、長くなりますが本日承認された原文を公開します。
診療に関連した予期しない有害事象(死亡・重大事故)の調査のあり方
    四病院団体協議会 医療安全対策委員会(平成25年1月)
1.目的
(1) 診療に関連した予期しない有害事象(死亡ないしは重大事故)の調査機関設立の目的は、診療に関連した予期しない有害事象の要因分析と再発防止、それによる医療の質と安全の向上、および医療の透明性・公明性・信頼性の確保である。
(2) 医療の不確実性の中で、医療側が自律的に再発防止のための原因分析に専念するために、医療外紛争処理や補償制度はこの制度とは別枠で検討するべきである。
(3) 医療は現在、個人によってなされるものから多職種の連携の上に成り立っている以上、診療に関連した予期しない有害事象の調査は、医療従事者個人の責任追及の結果をもたらすものであってはならない。
(4) 医療安全システムのWHOガイドラインに基づき、原因究明のために、院内事故調査委員会が収集・作成した資料及び報告書は、当事者に不利となる使われ方をすべきではない。

2.定義
 ここで「診療に関連した予期しない有害事象(死亡ないしは重大事故)」とは、疾病の自然経過や診療行為に関連し、予期しないものをいう。

3.医療機関における医療安全確保及び診療に関連した予期しない有害事象への対応
(1) 病院、または診療所の管理者は、医療の安全を確保するための医療安全委員会を常設し、医療の安全を確保するための措置を講じる。
(2) 当該医療機関は、診療に関連した予期しない有害事象が発生したときに、患者・患者家族の意志とは別に独立して、院内事故調査委員会を設け、原因を究明する調査を行う(必要に応じて、解剖やAi を実施)。
(3) 院内事故調査委員会の設置にあたり、医師会、病院団体や大学等に支援を依頼することができる。
(4) 調査報告書に基づき、病院は患者、患者家族への説明を適宜行う。
(5) 病院が重要と判断した有害事象発生時には、地方に設置する院外事故調査検証委員会(チーム)へ、患者や患者家族の意志とは関係なく報告する。
(6) 院外事故調査検証委員会(チーム)は、第三者を旨とする。各地方で、医師会、病院団体、大学病院等の医療専門職(事故に関係する専門領域の医療関係者を含む)で構成し、院内事故調査委員会の資料を分析・評価する。
(7) 院外調査報告書の結果の患者・患者家族への説明は、病院が適宜行う。
(8) 院外事故調査検証委員会は、匿名化した上で中央に設けられた中央事故調査機関に報告し、医療関係者以外の意見も加えて、原因究明のための事例収集とともに再発防止に重点を置いた中立性の高い報告書を作成し、広く注意を喚起する。この調査機関として、日本医療機能評価機構等を発展的に活用する。

4.医師法第21 条
医師法第21 条は、その立法の精神に戻り、拡大解釈しないものとする。

by dr-kanno | 2013-01-23 21:33 | Comments(0)

地域のために~短期入院協力病院、新棟、BCP

 新しいステッカー病院入口に掲示されました。この度、当院は石川県内の病院で初めて
 自動車事故による在宅の重度後遺障害者を支援する 短期入院協力病院
指定を受けました。
 これは、国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)によって、自動車事故により重度後遺障害者となり在宅介護を受けられている方々の短期入院(1回の入院が2日以上14日以内、年間45日まで)を積極的に受け入れる病院を短期入院協力病院として指定されるものです。地域の病院で、この制度を受けることができることは対象者に福音になるはずです。
b0115629_23351650.jpg
 手元に、月刊『北国アクタス』2月号が届きました。当院の新棟についての記事が掲載されました。
b0115629_23363485.jpg
 さらに、一般社団法人日本医療福祉設備協会機関誌『病院設備』310、2013年1月号が届きました。巻頭言にあたる論壇で私の論文「病院が担うべきBCPを考える」が掲載されました。災害時のBCP( Business Continuity Plan )ばかりではなく、地域の崩壊という危機に病院が担うべき地域社会のBCPについても言及しました。
b0115629_23353696.jpg
   (↑の画像をクリックすると拡大します。詳細ならびに続きは本誌をご覧ください)
by dr-kanno | 2013-01-22 23:39 | 地域医療 | Comments(0)

日本の医療を救うために~第31回チーム医療推進のための看護業務検討WG

 夜半からの雪が道路を覆う七尾の朝でした。昼には、溶けますが断続的に小雪が舞います。午前に2組の東京からのお客様をお迎えした後、今度は私が上京です(?!)。太平洋側は晴れ渡っています。定番の相模湾からの富士山です。
b0115629_235991.jpg
 日が傾いた17時から霞ヶ関の厚生労働省です。私が参加する政府の委員会も新年の始動です。
 第31回チーム医療推進のための看護業務検討ワーキンググループ
に委員として参加です。31回目ということで、過去の資料綴りは、隣の委員との間で壁のように立ちはだかっています。
b0115629_23111749.jpg
 今回の議題は、診療の補助における特定行為指定研修についてです。
 ここへきて、「特定行為」は「特定行為」となり、その定義
・行為そのものに「技術的な難易度又は判断の難易度』があることに加えて、
・予め対象となる病態の変化に応じた行為の内容が明確に示された、特定行為に係るプロトコールに基づき、看護師が患者の病態の確認を行った上で実施することがある行為

とします。前々回絞り込まれた72、前回絞り込まれた47の「特定医行為」の候補とされていた項目から、今日のところは29行為について、特定行為とすべきとします。これまで議論されてきた多くの行為を、特定の看護師ではなく、一般の看護師が通常の研修のもと、主治医との信頼関係に基づき、実施できるようにすべきであるという主張の多くが叶えられたことになります。
 また、指定研修「能力認証」の流れから「指定研修の終了証の発行」で終了登録を行う案が提示され、さらにeラーニング実習を所属施設や勤務近隣の病院・診療所・老人保健施設・訪問看護ステーション等で行えることが提示されます。これも、働きながら、しかも地方でも研修を受けることができるようにすべきという主張に合致するものとなりました。
 今後、まだまだ特定行為の範囲や研修の条件等で今回の案に対しての反対意見や揺り戻しがあるかもしれません。しかし、高齢化という需要増に伴い医療資源が枯渇する中で、看護師が「考えて」、安全に、自律的に、スピード感を持ってあたることこそ、日本の医療を救う道と確信して、よい仕組みを提言していきたく思います。
by dr-kanno | 2013-01-18 23:12 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

祝 『等伯』(安部龍太郎)直木賞受賞

 先週末から風邪を引き、このブログもしばらくのお休みでした。その間も、先週末から日本医師会での地域医療対策委員会や七尾市文化協会新春の集い、また新規事業のコンソーシアム会議、さらに取材やら新年の挨拶やらで、多くの仕事と出会いがありました。ありがとうございます。
 今朝も、牡丹雪が降り、寒真っ最中です。まさに、
 寒中お見舞い申し上げます
b0115629_2221679.jpg
 昨日、うれしい報道です。七尾出身の戦国時代の絵師・長谷川等伯を描いた小説、安部龍太郎著『等伯が、直木賞を受賞しました。
 昨年9月30日のこのブログで触れたように、この小説の根底に七尾人の気質や文化が流れているようです。文化人を題材にしながら、信長、利休や秀吉なども絡み合います。次は、NHK大河ドラマ化が待たれます!
b0115629_22233668.jpg

by dr-kanno | 2013-01-17 22:25 | 地域のこと | Comments(0)

新春を寿ぎ、、、もちつき大会、四病協賀詞交歓会

 昨夜から小雪の七尾です。いつもの新棟建設現場には、、、おや?「もちつき会場」の掲示です!9:00からの定例の病院と設計、CM(コンスリラクティブマネジメント)、ゼネコンさんとの打ち合わせ会である総合建設会議で工事の進捗を確認します。
b0115629_20453580.jpg
 その後、10:00には、既に躯体が出来上がった新棟1階に入ります。ブルーシートの向こうで新年を寿ぎ、工事の安全を祈願して
 餅付き大会
です。私も頑張んばります!
b0115629_2047125.jpg
 湯気の中で2つの臼でつきあげます。新棟1階のお披露目も兼ね多くの職員と工事関係者一堂に会して、つきたてのおいしいお餅をいただき、懇親を重ねました。ありがとうございます。
b0115629_20474949.jpg
 さて、この熱気の会場を早々に私は、青空が出てきた能登有料道路を今日も北上です。
b0115629_20485584.jpg
 小雪の能登空港から上京です。(写真右は茨城県上空)
b0115629_20491953.jpg
 今日まずは、ホテルオークラを会場に、
 全日本病院協会理事会・支部長会
に出席です。公益法人化の今年の事業計画案も提示されます。私からは、臨床研修制度の見直しがん診療連携拠点病院についての厚労省委員会出席の報告や昨日まとまった四病協の「診療に関連した予期しない有害事象(死亡・重大事故)の調査のあり方」報告書について報告します。
b0115629_20534116.jpg
 そして、17:30から、同ホテル平安の間
 四病院団体協議会 新年賀詞交歓会
に出席です。各団体の役員・会員の他、政治家、行政、日本医師会や日本看護協会などの関係団体、研究者に加えてマスコミの方々など750人の参加です。四病協代表の挨拶の後、田村憲久・厚生労働大臣(写真右)が国民皆保険とフリーアクセスを護る決意を語ります。私も懇親の場で若くてフランクな大臣に意見を述べさせてもらいました。
b0115629_20562396.jpg
 懐かしい顔やお世話になった方々など多くの方々と再会を楽しませてもらいました。
by dr-kanno | 2013-01-10 20:58 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

能登の里山里海からプロフェッショナルオートノミーを考える

 天気予報がはずれ、青空に薄日さす穏やかな朝でした。七尾市内の雪もすっかり溶けています。病院横の桜川河口に群れる鴨も寒そうではありません。新棟建設現場の2本のクローラークレーンはすっかり、恵寿のランドマークとなっています。
b0115629_17164110.jpg
b0115629_171713.jpg
 今朝は、年始のあいさつ回りの最後に、中能登町役場杉本栄蔵町長を董仙会、徳充会幹部とともに訪ね、今年の、さらにはこれからの事業展開について協働を提案させていただきました。元気のある中能登町の振興のお手伝いができればと思います。
b0115629_171730100.jpg
 そして、昼前に能登空港へ移動です。作年暮れから、空港2階の出発ロビーでは公募し、入選した
 能登の里山里海四季の写真100選
が開催されています。七尾医師会の佐原博之副会長による美しい作品・『朝焼けの七尾西湾』も輝いています。素晴らしい能登を発信です(写真中)。
b0115629_17175258.jpg
 そして、今日も水道橋の全日本病院協会会議室への単純日帰り往復でした。
 四病院団体協議会 第5回医療安全対策委員会
に委員長として参加し、『診療に関連した予期しない有害事象(死亡・重大事故)調査のあり方』の取りまとめにあたります。原因究明と再発防止に特化した四病院団体協議会案を各団体の意見を調整して何とかまとめ上げることができました。WHOの医療安全システムガイドラインなども参考にしながら、プロフェッショナルオートノミーProfessional Autonomy(自律)のもとで、医療者側から襟を正して事故調査のあり方をまとめます。今後、四病協総合部会へ答申し、公表したく思います。各団体から参集いただいた委員に感謝です。
b0115629_17181022.jpg

by dr-kanno | 2013-01-09 17:44 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)



石川県七尾市の社会医療法人財団董仙会・恵寿総合病院(www.keiju.co.jp)理事長 神野正博のブログです。法人・病院の取り組みを紹介するとともに、地域医療や日本の医療への思いを綴ります。
カテゴリ
公職一覧
・社会福祉法人徳充会理事長
・公益社団法人全日本病院協会副会長
・一般社団法人日本社会医療法人協議会副会長
・一般社団法人日本専門医機構理事
・一般社団法人七尾市医師会監事
・七尾商工会議所副会頭
・石川県病院協会副会長
・特定非営利活動法人VHJ機構理事・VHJ研究会監事
・公益財団法人日本医療機能評価機構評議員、事業推進委員
・一般社団法人日本医療経営実践協会理事
・一般社団法人日本ホスピタルアライアンス理事

(委員)
【厚生労働省】医道審議会医師分科会医師臨床研修部会委員、医道審議会医師分科会医師国家試験改善検討部会委員、医道審議会保健師助産師看護師分科会看護師特定行為・研修部会委員、医師臨床研修制度到達目標・評価の在り方に関するWG委員、(中医協)診療報酬調査専門組織 入院医療等の調査・評価分科会委員、医療従事者の需給に関する検討会医師分科会委員、がん診療提供体制のあり方に関する検討会委員、認知症の人の行動・心理症状や身体合併症対応など循環型の医療介護等の提供のあり方に関する研究会委員
【内閣官房】日本版CCRC構想有識者会議委員
【石川県】石川県医療審議会委員 、医療計画推進委員会地域医療ビジョン策定部会委員、医商工連携促進協議会会員
【日本専門医機構】総合診療専門医に関する委員会委員
【四病協】総合部会員、医療安全対策委員会委員長、医療制度委員会委員
【日病協】診療報酬実務者委員会委員
【全日本病院協会】病院のあり方委員会、病院機能評価委員会、学術委員会、医療の質向上委員会、救急・防災委員会担当副会長
【日本病院会】インターネット委員会委員、災害医療対策委員会副委員長
【日本医師会】病院委員会委員
【石川県医師会】代議員、財政検討委員会委員、選挙制度検討委員会委員
【医師臨床研修マッチング協議会】運営委員
【医学書院】月刊「病院」編集主幹

twitter
神野正博のツイート

facebook
神野正博の医療Archives

恵寿関連ホームページ
●恵寿総合病院ホームページ
●恵寿総合病院Facebookページ
●社会福祉法人徳充会ホームページ

●Medical Excellence JAPAN
●e-doctor Hospital Info
検索
最新の記事
記事ランキング
タグ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
最新のコメント
 ちなみに、この3人の中..
by トクメイ at 15:55
山本様 コメントありが..
by dr-kanno at 15:41
LEGO® SERIOU..
by イノベーションガイド山本伸 at 20:20
井上先生 ありがとうござ..
by dr-kanno at 06:30
先生、ありがとうございま..
by 新潟より参加 at 13:17
こちらこそ、声掛けありが..
by dr-kanno at 09:13
今回のミドルマネジメント..
by 新潟より参加 at 09:00
貴重な意見をありがとうご..
by dr-kanno at 08:41
いつも拝読させていただい..
by 番号15 at 09:02
Oさま。ありがとうござい..
by dr-kanno at 08:23
ダブル叙勲、誠におめでと..
by O. at 20:44
お疲れさまでした。私もゴ..
by やまのべゆうじ at 07:09
やまのべ先生 ありがとう..
by dr-kanno at 15:26
病院経営MASTER、お..
by やまのべゆうじ at 21:32
こんにちは、またブログ覗..
by ルイヴィトン 財布 at 05:47
Oさま いつもありがと..
by dr-kanno at 08:07
「GALENUS 創刊号..
by O. at 21:38
 ご承知のように医療は非..
by dr-kanno at 23:53
いつもお世話になっており..
by 矢口(金沢脳神経外科病院)です at 10:13
早く平穏な日が訪れますよ..
by starfield at 21:41
ファン
ブログジャンル
画像一覧