神野正博のよもやま話

<   2013年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

福祉避難所の開設および運営に関する協定書調印式

 気持ちのいい青空の七尾です。この陽気に誘われてでしょうか、鏡のような七尾湾には、もうヨットが浮かびます。
b0115629_22511752.jpg
b0115629_2328255.jpg 朝から社会福祉法人徳充会の各事業所の来年度事業計画を理事長としてヒアリングし、私の意見や他の事業所の意見をいれて、一部修正を求めます。また、目標実行のための新しい取り組みとそのロードマップを示す管理者を高く評価します。さらに、4月から当法人が指定管理者として運営する石川県精育園の管理者もヒアリングに参加です。

 そして、昼には七尾市当グループ(社会医療法人財団董仙会、社会福祉法人徳充会)の間で、
 福祉避難所の開設および運営に関する協定書調印式
を報道陣や市や当院広報がカメラを構える中で、行いました。不嶋・七尾市長と私が協定書に署名・捺印です。
 災害発生時に当グーループで市内の539人の介護や支援が必要な高齢者や障害者を受け入れる協定となります。当グループが協定したことによって市内全域では1,100名あまりの受け入れ施設が整備されることとなりました。このなかで障害者施設としては初めての調印となりました。
b0115629_22544015.jpg

by dr-kanno | 2013-02-28 22:59 | 地域医療 | Comments(0)

振り返れば、、、この2週間

 昨夜の東京駅丸の内口です。一時の見物混雑はなくなりました。だからこそ、レンガ造りの駅舎をじっくり見ることができます。
b0115629_17294194.jpg
 昨夜は、全日本病院協会の代表として、石破 茂・自由民主党幹事長野田聖子総務会長ら幹部の皆様と懇談しました。安倍総裁にもお目にかかれる予定でしたが、訪米直後、参議院本会議での来年度予算成立直後ということでお会いできませんでした。健康がなくてはなりません。激務の合間、お休みいただければ思います。
 写真は、右から日本精神科病院協会、日本医療法人協会、石破幹事長、日本病院会、そして私。四病協代表者でした。
b0115629_17301361.jpg
 そして、今日はお昼に投資家の方々との情報交換会で医療と産業についての協議を終えて、芝浦の日本精神科病院協会を会場に
 四病院団体協議会総合部会
に出席です。中医協議論の進捗のほか、消費税問題、保険指導などについて話しあいます。
b0115629_17304013.jpg
b0115629_1731351.jpg さて、先週からの私の動きについて、全日病ニュース(3月1日号、No.796)で紹介されます。私が座長を務めた日病協の、「診療行為に関連した死因究明制度等に係るワーキンググループ」の報告書の件やがん診療、臨床研修などに関する厚生労働省の委員会の記事です。

がん診療提供体制のあり方に関する検討会記事
b0115629_17312946.jpg
医道審議会医師分科会医師臨床研修部会記事
b0115629_8173855.jpg
         (↑の記事はクリックすると拡大します)
by dr-kanno | 2013-02-27 19:31 | 医療・介護制度のこと | Comments(2)

医療事故調査の行方~日本医師会・医療事故調査に関する検討委員会

 昨夜から、断続的に降る雪は、月曜の通勤の足を引っ張ります。恵寿鳩ヶ丘周辺の能登北部も深い雪です。昨日のこのブログでは病院770のひな人形展など豪華なひな人形を紹介しましたが、ここでは職員と入所さんの手作りお雛さまです。
b0115629_17311763.jpg
 そんなお雛さまと早々にお別れし、日差しが出てきた能登空港から、雲ひとつない青空の東京です。
b0115629_17314339.jpg
 今日は、駒込の日本医師会にて開催される
 第2回 医療事故調査に関する検討委員会
四病院団体協議会の医療安全対策委員会院長として参加です。ここで、1月にまとめた四病協でまとめた「診療に関連した予期しない有害事象(死亡・重大事故)の調査のあり方」を紹介させてもらいました。この会は医師会~病院団体が共通した医療事故調査のあり方を目指した検討です。
 私たちの四病協案Professional Autonomyのもとでの原因分析と再発防止のみについて言及しましたが、今日の委員会では業務上過失致死傷や医師法21条解釈の問題の議論にまで及びました。
 また、四病協案が院内事故調査→院外事故調査チーム→中央事故調査機関という3段階で、特に中央機関は匿名化した上で報告のあった事例を再発防止のための収集・分析・公表を役割としていますが、今日の委員会の議論では、院内→中央の2段階方式を唱える委員が多く見られました。
 今後の意見の擦り合わせに尽力したいと思います。
b0115629_17321970.jpg

by dr-kanno | 2013-02-25 19:43 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

ひな人形

 当地は雪が吹雪いたりやんだり、時には太陽の光もさす目まぐるしく変わる天候です。しかし、東北地方ほどには雪は積もらずほっとしています。
b0115629_17262925.jpg
 病院正面玄関には、事務職員によって、恒例のひな人形のディスプレイです。患者さんから寄贈いただいた豪華なひな飾り、今年も多くの来院者の心を和ますことでしょう。
b0115629_17273488.jpg
 そして、昨日から七尾駅前のパトリア4階多目的ホールでは、
 第2回 770のひな人形展
が開催されています。24段のひな飾りとなります。ひな飾りの前では、子供たちがポーズをとります。
b0115629_17284625.jpg
 770とナナオを引っ掛けていますが、新聞によると770体ならぬ990体の人形が全国から寄贈されたそうです。圧巻の量です。
b0115629_17292736.jpg

by dr-kanno | 2013-02-24 17:31 | 病院のこと | Comments(0)

総合評価加算に係る研修会や恵寿総合病院個別就職説明会

 昨日、厚生労働省で開かれたがん診療提供体制のあり方に関する検討会が終わるや否や、東京駅に向かい、夜のうちに大阪へ移動しました。大阪で朝を迎えました。
 西梅田のTKP大阪梅田ビジネスセンターへ向かいます。なんとこのビルを阪神高速道路が貫いています(写真中)!ここで、8:55から全日本病院協会が主催し、日本老年医学会の全面的な協力のもと、今年度の2回目となる
 総合評価加算に係る研修会
に参加します。昨年4月の診療報酬改定で加算点数が上がり、この加算の算定要件としてこの研修を終了した医師が1名以上いること規定されていることもあって定員いっぱいの200人の参加です。
b0115629_21421943.jpg
 最初に私の方から全日病を代表して挨拶です。加算の有無にかかわらず、認知症ケアや在宅医療が注目されている高齢社会で、総合的に患者像を把握できる能力こそ、これからの医師に必須であることを訴え、この研修の成果を自院の医療に反映していただきたいと訴えました。
 そして、関西の老年医学会を代表した横出正之・京都大学病院探索医療センター教授の挨拶に引き続き、国立長寿医療研究センターの遠藤英俊・内科総合診療部長(写真左)による総合的機能評価、高齢者在宅医療の講義です。わが国の65歳以上人口の14%、400万人が認知症であり、軽度認知症といわれるMCIが12%を加えると700万人近くとなります。これに対して専門家は2,000人といわれ、専門医ばかりではなくすべての医師や他の医療スタッフのかかわりが必須となります。そういった意味で高齢者の総合評価のためにチーム医療、心と身体のネットワークの必要性を説きます。
 今日は座学中心、明日はグループワーク中心の研修がたっぷりと用意されています。
b0115629_21424920.jpg
 そして、私は、この研修会を後にして、金沢へ向かいます。14:00から金沢駅西口正面のパークビルの会議室をお借りして大学生を集めて開催する
 恵寿総合病院個別就職説明会
に間に合わせます。総合職のほか、薬学や栄養学の学生が集まります。私が、たっぷり1時間、医療介護福祉の魅力と将来性を語ります。そこでは、ヘルスケア、安心の拠点として、さらには他産業や地域との連携で無限の広がりともなり得るこの業界のあるべき姿と夢を語りました。
b0115629_21453319.jpg
 さらに、16:00には、久しぶりに石川県医師会館に向かいます。ここで、
 石川県医師会財政検討委員会
に参加です。同医師会の財政再建策に意見を述べさせてもらいました。
b0115629_21462334.jpg
 ようやく夜の七尾に帰ります。小雪が降りしきる中で、波ひとつない七尾湾に新棟建設工事のエメラルド色の光1,2,3,5病棟の暖かい光が水面に映えていました。 
b0115629_21482383.jpg

by dr-kanno | 2013-02-23 21:50 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

日病協・死因究明制度とがん診療提供体制のあり方に関する検討会

 昨夜からの雪が積り、白銀の七尾市内です。定例の経営会議(写真)の後、今日は奈良医大、早稲田大学大学院から公共政策分野研究者の方々が見学に見えられ、地域振興や医療介護連携、さらには医療ツーリズムなどについて意見交換をさせてもらいました。
b0115629_20291881.jpg
 そして、今日も能登空港へ向かいます。七尾を出るときの晴れ間もつかの間、途中の能越自動車道区間では激しい降雪にあいます。
b0115629_2030021.jpg
 14時から日本病院団体協議会代表者会議で、私が同協議会の死因究明制度等に係るWGの座長としてまとめた
 診療に関連した予期しない死因究明制度の考え方
について報告させていただきました。この会議で承認され、この案を世に問うことになります。
    日病協・診療に関連した予期しない死因究明制度の考え方へリンク
 その後、全日病業務に続き、霞ヶ関・厚生労働省へ移動です。16:00から
 第3回 がん診療提供体制のあり方に関する検討会
に参加です。
 今回は、(1)今後のがん診療連携体制について、(2)がん診療連携拠点病院等の要件についての審議です。
 (1)では、国が認可する「準」拠点病院を、前回私が指摘したことにより「地域がん診療病院」と称することが提案され、主にがん連携拠点病院が空白の医療圏で設置することになります。この病院の指定にあたっては、地域の事情が分かっている都道府県の推薦によって国が認可する方向にすることで、従来より県が指定していしてきた独自の連携協力病院等との整合性を図るべきであると提案しました。また、拠点病院~診療病院~地域の中小病院や診療所のネットワーク作りが重要であることが委員間で共有することができました。
 (2)での要件については、各委員の意見陳述にとどまり、今後新たなWGを作って検討することとなりました。
 いずれにしても、医療者ばかりではなく患者目線でわかりやすいネットワーク作りと情報公開・情報共有ががん診療の重要な肝となりそうです。
b0115629_20303452.jpg

by dr-kanno | 2013-02-22 20:49 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

時代の要請は?~医道審議会医師分科会医師臨床研修部会

 抜けるような青空、そして日比谷公園でほころび始めた梅の花を眺めながら、厚生労働省です。
 10:00から昨年の8月以来となる
 医道審議会医師分科会医師臨床研修部会
に出席です。非公開での臨床研修指定病院の認可と取り消しの案件の審議の後、公開でいよいよ平成27年度からの臨床研修病院の指定基準について、今秋の取りまとめを目途に議論を開始します。今日は、医師臨床研修制度の評価に関するWGがまとめた論点整理の説明と、それに沿った各委員の意見陳述と意見交換です。
 私の方からは、この制度発足以来の社会の変化として少子高齢化の進展をあげ、今後の認知症医療や在宅医療などの重要性とそのためのプライマリーケアを基本的に身に付けた医師こそが、時代の要請であると述べました。それは、例え専門医となった後も基礎的な能力として必要に違いありません。さらに、3次救急病院やがん診療連携拠点病院などが疲弊するといった状況からしても、それらを補完するためにプライマリーケアとしての広い範囲での診療能力に長けた医師と病院が必要であることを主張しました。
 今後、WGの論点整理で両論併記となった弾力化プログラム(3科必修)か7科必修か、必要な症例数、募集定員の考え方、地域枠とマッチング、中断再開の考え方、研究医養成との関係などを中心に、それぞれの立場で議論し、一定の決着・とりまとめに向かうことになります。
b0115629_13512049.jpg

by dr-kanno | 2013-02-21 13:58 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

医療ヘルスケア産業の革新と市場創出に向けた課題と展望

 未明から、またまた雪の七尾です。朝の病院業務の後、急ぎ粉雪の中を小松空港に向かいます。
b0115629_23412563.jpg
 今日は、13時から、東京・大手町センタービルを会場に、(社)電子情報技術産業協会JEITA医療ITイノベーション戦略研究会が主催・企画した
 第3回 医療ヘルスケア産業イノベーションフォーラム
 -医療ヘルスケア産業の革新と市場創出に向けた課題と展望-

に参加です。事業者と研究者を中心に150人が集まります。
プログラム
[ 司 会 ]野々村 辰彦
       医療ITイノベーション戦略研究会/幹事
      (富士通株式会社ヘルスケア・文教システム事業本部事業推進統括部第一事業推進部)
開会の挨拶
 半田  力
 
 一般社団法人 電子情報技術産業協会 専務理事
厚生労働省における「薬事法」改正の取組み状況について
 浅沼 一成

 厚生労働省 医薬食品局 審査管理課 医療機器審査管理室長
医療機関が考えるICTの利活用による地域医療介護連携について
 神野 正博

 社会医療法人 董仙会 恵寿総合病院理事長(社団法人全日本病院協会副会長)
医療ヘルスケア分野におけるICTの活用事例と産業界への期待について
 三林 浩二

 東京医科歯科大学学長特別補佐 生体材料工学研究所 教授(工学博士)
医療ヘルスケアビジネスへの取組みと今後の展望について
 庄境 誠

 旭化成株式会社 医療新事業プロジェクト医療IT部長(工学博士)
医療機器産業の海外展開の課題と政府施策への要望について
 三木 一克

 株式会社日立メディコ 特別顧問(前執行役社長)(工学博士)

 挨拶に立った同協会の半田専務理事(写真右)は、このフォーラムの趣旨をITの面的な利活用を医療分野に広げる世界的な潮流をCreating Shared Value(CSV)の考え方と共に話します。特に、世界で60%シェアを持つ日本のセンサー技術の応用に期待を寄せます。
b0115629_234627.jpg
 厚生労働省の浅沼室長(写真左)は薬事法の範囲が薬ばかりではなく、医療機器、再生医療に及ぶことから、法律の名称変更を検討中であることや。機器承認のあり方として、民間の第三者認証制度導入やアプリケーションソフトウェアの規制の方向性などを示します。
 この川上のモノづくりの話題の後、川下のコトづくりの現場である私から、今なぜ医療介護の連携が必須なのか、そしてそのあり方について講演しました。
 さらに、東京医科歯科大学の三林教授(写真右)は、まさに独自のセンサー技術の最先端を紹介します。特に、コンタクトレンズ型センサーによる涙液の糖測定、臭いセンサーなどを紹介です。
b0115629_23482056.jpg
 また、旭化成の庄境による同社の在宅支援事業の展望(写真左)や、日立メディコの三木顧問によるわが国の診断機器の健闘に比して開発が遅れている治療機器の問題を踏まえた医療機器の海外展開の課題などの講演が続きました(写真中、右)
b0115629_2350409.jpg
 産業界との協働は医療機関側にとっても、患者・利用者側にとっても多くの利を招くに違いありません。
by dr-kanno | 2013-02-20 23:52 | 医療とIT | Comments(0)

在宅医療のあり方を考える

b0115629_1248223.jpg 家々の垣根の山茶花が、冬の間にも着々と蕾をふくらませ。今咲き始めています。

 暦の上で雨水の昨日は、まさに朝から雨模様。雪を溶かし濃霧にむせぶ一日でした。
b0115629_1250515.jpg
 昨日も、恵寿鳩ヶ丘での診療の後、ラジオななおの番組「ほっとたいむ」の収録、雑誌社の取材、打ち合わせなどが続きました。そして、19:00からは会長を務める七尾市医師会七尾在宅医療を考える会、さらに引き続いて七尾市医師会理事会に出席です。
 特に、在宅医療を考える会では、七尾訪問看護ステーションの高位所長による講演です。月に400~470回、実人数70人弱の在宅患者さんを24時間支えています。その中での問題点や悩み、そしてなんと言っても医師への要望を語ります。
b0115629_12532230.jpg
 都会よりも早く進む高齢化、それに伴う認知症患者の増加、そして広域圏域での過疎化。この中で、都会と同じ在宅医療はあり得ません。七尾的な在宅医療のあり方を真剣に考えていく必要があります。
by dr-kanno | 2013-02-19 17:13 | 地域医療 | Comments(0)

地域活性化と地域貢献~おとなの学校

 一昨日の機窓です。16:40能登空港発17:45羽田着ANA750便での夕刻の東京湾上空です。真っ赤な夕日が沈む時刻でした。富士山の陰と空のグラデーションが絶妙です。これから、この便に乗っても少しづつ明るい東京に着くのでしょうね。
b0115629_10505967.jpg
 今回の目的のひとつは、昨日の見学です。私どもけいじゅヘルスケアシステムから8名、加賀屋さんからは小田副社長をはじめ3名が参加して、大浦敬子代表が率いるピュア・サポートグループが経営する
 おとなの学校南青山校
に参りました。ブランド店が並ぶ表参道から至近の場所にあります。お年寄りのやる気と知的好奇心を刺激するデイサービスです。私たちの授業参観は特別講義から。授業を開始するチャイムと日直係りさんの「気をつけ、礼」で始まります。熊本本校からきたエバンジェリストEvangelistの5人のカッコいいお兄さんたちによる三丁目の夕日時代の東京を回想する講義です。最後にはExileのナンバーにあわせた踊りにお年寄りもノリノリです。
 また、脳トレの川島隆太先生とコラボしたKUMONを利用した個別授業も参観です。先生も生徒さんもきちんと制服着用です。
 地域活性化策のひとつとして和倉温泉で加賀屋さんが進める旧・銀水閣リノベーション事業で私どもが協力する部門として、この学校の開設を図ります。
b0115629_10511595.jpg
 さて、本日付の地元紙・北国新聞朝刊には、
 ノバルティス地域医療賞
 生垣医師が県内初受賞

といううれしい記事です。第20回ノバルティス地域医療賞で、恵寿鳩ヶ丘の生垣 茂・施設長が受賞です。モデル地区に指定された輪島の肺がん検診の確立や、定年後当法人の療養型病院院長としての地域貢献を高く評価いただきました。
          第20回ノバルティス地域医療賞プレスリリースへリンク
 おめでとうございます。
b0115629_10524849.jpg
 横倉日本医師会長より表彰状を受け取る生垣先生です。(2月14日ホテルオークラにて)
by dr-kanno | 2013-02-15 12:24 | 地域医療 | Comments(0)



石川県七尾市の社会医療法人財団董仙会・恵寿総合病院(www.keiju.co.jp)理事長 神野正博のブログです。法人・病院の取り組みを紹介するとともに、地域医療や日本の医療への思いを綴ります。
カテゴリ
公職一覧
・社会福祉法人徳充会理事長
・公益社団法人全日本病院協会副会長
・一般社団法人日本社会医療法人協議会副会長
・日本病院団体協議会代表者会議議長
・一般社団法人日本専門医機構理事
・一般社団法人七尾市医師会長
・石川県病院協会副会長
・特定非営利活動法人VHJ機構理事・VHJ研究会監事
・公益財団法人日本医療機能評価機構評議員、事業推進委員
・一般社団法人日本医療経営実践協会理事
・一般社団法人日本ホスピタルアライアンス理事

(委員)
【厚生労働省】医道審議会医師分科会医師臨床研修部会委員、医道審議会医師分科会医師国家試験改善検討部会委員、医道審議会保健師助産師看護師分科会看護師特定行為・研修部会委員、医師臨床研修制度到達目標・評価の在り方に関するWG委員、(中医協)診療報酬調査専門組織 入院医療等の調査・評価分科会委員、医療従事者の需給に関する検討会医師分科会委員、がん診療提供体制のあり方に関する検討会委員、認知症の人の行動・心理症状や身体合併症対応など循環型の医療介護等の提供のあり方に関する研究会委員
【内閣官房】日本版CCRC構想有識者会議委員
【石川県】石川県医療審議会委員 、医療計画推進委員会地域医療ビジョン策定部会委員、医商工連携促進協議会会員
【日本専門医機構】総合診療専門医に関する委員会委員
【四病協】総合部会員、医療安全対策委員会委員長、医療制度委員会委員
【日病協】診療報酬実務者委員会委員
【全日本病院協会】病院のあり方委員会、病院機能評価委員会、学術委員会、医療の質向上委員会、救急・防災委員会担当副会長
【日本病院会】インターネット委員会委員、災害医療対策委員会副委員長
【日本医師会】病院委員会委員
【石川県医師会】代議員、財政検討委員会委員、選挙制度検討委員会委員
【医師臨床研修マッチング協議会】運営委員
【医学書院】月刊「病院」編集主幹

twitter
神野正博のツイート

facebook
神野正博の医療Archives

恵寿関連ホームページ
●恵寿総合病院ホームページ
●恵寿総合病院Facebookページ
●社会福祉法人徳充会ホームページ

●Medical Excellence JAPAN
●e-doctor Hospital Info
検索
最新の記事
記事ランキング
タグ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
最新のコメント
山本様 コメントありが..
by dr-kanno at 15:41
LEGO® SERIOU..
by イノベーションガイド山本伸 at 20:20
井上先生 ありがとうござ..
by dr-kanno at 06:30
先生、ありがとうございま..
by 新潟より参加 at 13:17
こちらこそ、声掛けありが..
by dr-kanno at 09:13
今回のミドルマネジメント..
by 新潟より参加 at 09:00
貴重な意見をありがとうご..
by dr-kanno at 08:41
いつも拝読させていただい..
by 番号15 at 09:02
Oさま。ありがとうござい..
by dr-kanno at 08:23
ダブル叙勲、誠におめでと..
by O. at 20:44
お疲れさまでした。私もゴ..
by やまのべゆうじ at 07:09
やまのべ先生 ありがとう..
by dr-kanno at 15:26
病院経営MASTER、お..
by やまのべゆうじ at 21:32
こんにちは、またブログ覗..
by ルイヴィトン 財布 at 05:47
Oさま いつもありがと..
by dr-kanno at 08:07
「GALENUS 創刊号..
by O. at 21:38
 ご承知のように医療は非..
by dr-kanno at 23:53
いつもお世話になっており..
by 矢口(金沢脳神経外科病院)です at 10:13
早く平穏な日が訪れますよ..
by starfield at 21:41
海とオルゴールの坂下です..
by 坂下さとみ at 23:08
ファン
ブログジャンル
画像一覧