神野正博のよもやま話

<   2013年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

感謝~みんなの想い~

 6月28日(金)、病院では、改修工事の1番手となる3病棟4階の撤収が本部、病院職員総出で行われました。既に患者さんの移動は終わっております。今回、ベッドや什器備品等をすべて撤去し、来週から病棟から健康管理センターへの大規模な改修工事がはじまります。
 病棟には、患者さんや家族、職員の想いが一杯詰まっています。ナースセンターの中のには、、、
b0115629_1682199.jpg
b0115629_1684124.jpg
 そして、この窓の外は、、、新棟への上空連絡通路です。貫通工事も7月から始まります。
b0115629_169537.jpg
 その新棟も、外壁工事順次終わり、ついに海側の壁が姿を現しました。
b0115629_1693949.jpg
b0115629_1610227.jpg
b0115629_1624487.jpg また、Keiju Monthly Letter No.135も発行です。巻頭の私のエッセーは、題して『Wide Lens』。日本医療も広角的に見るべきことを述べ、6月に訪れたアメリカで見たオバマケアのことについても触れてみました。

  Keiju Monthly Letter No.135(PDF)へリンク

by dr-kanno | 2013-06-30 16:10 | 病院のこと | Comments(0)

医師事務作業補助者の役割の追求

 金沢駅では着々と新幹線ホームの工事や線路の敷設が進んでいるようです。今日は、この新幹線ホーム手前に見える三角屋根の石川県立音楽堂邦楽ホール向かいます。
b0115629_21574546.jpg
 ここでで開催の
 日本医師事務作業補助研究会
 第3回 全国大会
 テーマ 医師事務作業補助者の役割の追求

に参加します。
b0115629_21582297.jpg
 全国から約300人が参加し、講演、シンポジウム、一般演題、ポスター展示など盛りだくさんの内容です。
           大会ホームページへリンク
b0115629_21584964.jpg
 基調講演では矢口智子(金沢脳神経外科病院 医療秘書室 主任)大会長による 
 医師事務作業補助者の役割の追求~現状とこれから~
でした。このあたらしい医療職の課題を教育と業務の整理、チーム医療への貢献とし、これからのあり方を探ります。そして、全国規模で行われたアンケート調査の詳細な分析を報告します。
b0115629_21555544.jpg
b0115629_22345627.jpg
 それに引く続く特別講演の出番です。
 医師事務作業補助者はチーム医療にいかに貢献するか
と題してお話しさせてもらいました。熱気ある皆さんに、社会への適応、すなわち治す医療から支える医療を見る目と広く高い専門性の確立を求め、それに必要な覚悟によってこそ誇りが生まれることをお話しします。
b0115629_21545714.jpg
 また、17時からは私の出身医局である
 金沢大学第二外科学講座開設90周年記念講演会
です。教室を主宰する太田哲生教授からの現状報告の後、特別講演は大阪大学大学院消化器外科学の森 正樹教授による
 「消化器癌の癌幹細胞」
でした。久しぶりに私のアイデンティティに触れ、最新の学問の風に感動しました。
b0115629_21542080.jpg

by dr-kanno | 2013-06-29 21:59 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

2025年に向けて 高齢化時代の医療と介護 ~新たな連携の在り方~

b0115629_19265033.jpg 曇り空の東京・お茶の水、東京医科歯科大学M&Dタワーを会場に
 地域医療福祉情報連携協議会主催 第5回シンポジウム
 2025年に向けて 高齢化時代の医療と介護 ~新たな連携の在り方~

に協議会の幹事のひとりとして参加します。
          この会のプログラムへリンク(PDF)

 午前の部はこの会の会長である東京医科歯科大学大学院 難治疾患研究所ゲノム応用医学研究部門 生命情報学分野 田中 博・教授の挨拶をはじめ、内閣官房、総務省、厚生労働省、経済産業省からの挨拶が続きます。特に6月14日の閣議で決定された世界最先端IT国家創造宣言(リンク)における経済成長の原動力としての医療・介護における安心のネットワーク形成による効率性の確保と健康増進のためのデータ活用に対するIT利用への期待が紹介されます。
b0115629_19193581.jpg
 続く、講演では
 地域包括ケアと情報連携について
  厚生労働省老健局振興課 朝川知昭・課長

では、都市近郊部の高齢者の激増、認知症・MCI患者の増加、単独・夫婦高齢者世帯の増加の背景のもとで、医療~介護連携の重要性を説き、正規の介護サービスばかりではなく地域における生活支援力の醸成を強調します。
b0115629_19201060.jpg
 また、会場外では、IT関連のシステム展示もあります。この協議会事務局の活動報告では、おや1年前の第4回で講演したの写真も・・・
b0115629_1921952.jpg
 午後には第2部として3本の基調講演が続きます。
地域包括ケアシステムを『包括的に』理解するために
  慶應義塾大学大学院経営管理研究科 田中 滋・教授

 自助、公助に加えてプロが行う共助、プロではない人が行う互助に分けます。共助は病院医療、介護サービスであり、これからは互助の使い方が問題となってきます。そして、地域包括ケアシステムをIntegrated Community Careとし、住まいや生き方・死に方の覚悟までを包括する必要性を説きます。すなわち、包括ケアを分解し1/6住まい、1/6生活支援、1/3サービスのあり方、1/3医療・介護連携のあり方とし、それを地域マネジメント機能としての地域ケア会議のリーダーシップのもとで具体化する施策を提案します。
b0115629_19214517.jpg
地域包括ケアシステムと在宅医療 多職種連携
  東京大学高齢社会総合研究機構 辻 哲夫・特任教授

 地域包括ケアの中での医療(多職種連携)の重要性を説きます。生活支援の重要性を説くと共に、在宅医療の条件として急変(急性憎悪時)時の対応、医師のグループ化、介護と医療をつなぐ訪問看護やケアマネージャーの充実の必要性を話します。
b0115629_192215100.jpg
地域包括ケアとICT
  地域医療福祉情報連携協議会会長 /
  東京医科歯科大学大学院難治疾患研究所ゲノム応用医学研究部門生命情報学分野 田中 博・教授

 低成長時代に、高度成長時代の医療や介護は通用しないと言った認識を示します。その上で、持続可能な医療・介護提供体制のために、
 1.「地域で連携する」医療・ケア
 2.「生涯を通じた」医療・ケア
  生涯継続的な健康・疾病管理Life-log
 3.日常生活圏域を基点としたケア
  施設中心の医療から生活中心のケアDaily Life Basisへ

が必要とします。これらを実現するために情報の「統合力」、ユビキタス性が必要とし、もはや「ITは道具」から「必須化」したことを宣言します。
b0115629_19224549.jpg
 第3部では先進事例報告です。
みやぎ医療福祉ネットワーク(MMWIN)について
  東北大学 大学院医学系研究科 医学情報学分野 中谷 純・教授
在宅医療連携拠点がめざす地域づくり~ヒューマンネットワークとネットワークを活用した取り組み~
  別府市医師会地域福祉部門 安東いつ子・管理者(看護師長)
西毛地域画像情報ネットワークシステム
  独立行政法人国立病院機構高崎総合医療センター画像診断センター放射線診断科 根岸 幾・部長
中山間地における面的在宅医療連携拠点活動の実践
  一般社団法人新見市医師会 太田隆正・会長
地域包括ケアシステム尾道方式 ~さらなる進化を求めて~
  特定非営利活動法人天かける 伊藤勝陽・理事長

b0115629_1923128.jpg
 各々ネットワークの大きさとITの活用に差異はあります。しかし、多くの工夫と実績が伴います。これら成功事例の共通点は、やはり旗振り役の情熱とリーダーシップでしょうか。
by dr-kanno | 2013-06-28 19:25 | 医療とIT | Comments(0)

入院医療等の調査・評価分科会と医道審議会医師分科会医師臨床研修部会

 昨日は、大雨の能登から、雨雲の中での上下動のフライトに耐え、大雨の東京でした。15時から厚生労働省で最近は週1ペースの
 第5回 診療報酬調査専門組織 入院医療等の調査・評価分科会
に参加です。
b0115629_21383375.jpg
 今回は「医療機関における褥瘡の発生の状況の検討」です。平成24年度の診療報酬改定の際、褥瘡患者管理加算は入院基本料に包括されました。その影響を含めて発生状況の調査結果の検討です。
 一般病棟、ケアミックス病棟、療養病棟における持ち込み、新規発生などの検討です。高齢化しているにもかかわらず、増加していない点に一定の評価ですが、川上である在宅の場が褥瘡対策の主戦場であり、今後在宅における予防や管理の方策が望まれます。同時に、そのためには人と金の投入の覚悟が必要であり、またターミナルケアのあり方についての国民的議論が必要なことを指摘しました。

 その後、場所を全日本病院協会に移り、
 第5回 プライマリ・ケア検討プロジェクト会議
に参加します。中小病院が力を入れるべき在宅医療や認知症対策に対しての今年度からの新しい研修プログラムについてなどを検討しました。

 そして、カラッと晴天となった今日は、おしゃれな麻布十番商店街(写真左)の先にある三田共用会議所に向かいます。中庭の芝生の緑も青空に映えています。
b0115629_2140676.jpg
 ここで、厚生労働省の
 第3回 医道審議会医師分科会医師臨床研修部会
に参加です。
b0115629_2141322.jpg
 今回は、都道府県(京都府、青森県)、大学附属病院(東京医科歯科大学)、全国自治体病院協議会からのヒアリング中断、再開、終了等についてや地域医療の安定的確保についての議論です。
 ヒアリングでは、定員の激変緩和措置廃止に伴う影響や地域枠学生の取り扱い、大学と研修病院のネットワークシステムが報告されます。また、議論の中で、地域枠学生もマッチングの枠内で取り扱うことでコンセンサスが得られ、中断に関しては、女性医師の出産・子育てによる中断をそれ以外の中断と分けるべきであることが提言されました。

 夕方に近い時間の空には、うろこ雲が美しく空を覆っていました。
b0115629_2142586.jpg

by dr-kanno | 2013-06-27 23:02 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

新東外観や福祉施設の心意気、雑誌「加能人」

 週明けの能登は真夏を思わせる晴天でした。能登北部の恵寿鳩ヶ丘周辺では、ツバメが気持ち様さそうに空を舞っていました。
b0115629_16542972.jpg
 また、恵寿総合病院の新棟建設現場では、ついに東側、北側の足場と幌が除去されて、外観の姿が現れました。手前の青い屋根の現エネルギーセンターは、新棟からのエネルギーが供給供給開始後、解体されます。
b0115629_16535950.jpg
b0115629_16534392.jpg
 満月が空に浮かぶ昨日の18:30から市内の番伊にて
 七尾市総合福祉施設協議会 平成25年度 総会
に出席です。市内の高齢者福祉、障害者福祉、児童福祉施設の代表が一堂に会します。私は、障害者福祉部会の部会長として、協議会の副会長として出席です。昨年度の事業計画、決算や今年度の事業計画、予算を中心に協議です。また、私からは、総会参加の各施設の方々に、人口減の中で福祉施設たりとて、変化しないものは淘汰される。協議会として、福祉施設の質の向上に切磋琢磨すべきであるをお話ししました。
b0115629_1652275.jpg
 病院に、全国の石川県人を購読者にする雑誌「加能人」2013年6月号が届きました。そのClose Up 能登のページに当院の取材記事を掲載いただきました。全国の県人にUターン、Jターンによるハッピーリタイアメント構想なども紹介できたと思います。
b0115629_1725768.jpg

by dr-kanno | 2013-06-25 17:02 | 病院のこと | Comments(0)

公益社団法人全日本病院協会 はじめての総会

 朝、雨が降りしきる中、小松空港に向かいます。当然のことながら、下界がどんなに土砂降りでも、雲の上はブルースカイです!思わず、制度や景気に左右されずに、いつもブルースカイにいれたらなあと思ってしまいます。。。そして、この空の向こうの世界文化遺産への登録が決定した富士山に乾杯です!
b0115629_1734084.jpg
 東京は、うす曇りの陽気です。高湿度の灼熱地獄を予想していただけにホッとします。
b0115629_17342121.jpg
 13時から、九段下のホテルグランドパレスを会場に、公益社団法人となって初めて
 全日本病院協会 支部長・副支部長会
です。支部長からの多くの質問や要望に、執行部が丁寧にお応えします。
b0115629_1736223.jpg
 さらに、14時からは、横倉日本医師会長、野中東京都医師会長を来賓に迎え、
 全日本病院協会 第1回定時総会
です。西澤会長は社会保障・税の一体改革の中で、入院機能分化と連携、在宅医療に注視し、認知症対策を含めて、全日病の会員の大半を占める中小病院のアイデンティティーの確立を急ぐ決意を述べ、医療への消費税課税を柱に運動していく方針を述べます。
 平成24年度の事業報告と決算も承認されます。さらに、役員改選ということで、私を含めて55人の理事が総会で選任され、その後、臨時理事会で、西澤寛俊会長を再選します。そして、安藤副会長、猪口副会長と共に副会長として再選されました。どうぞよろしくお願いします。
b0115629_1739548.jpg

 
by dr-kanno | 2013-06-22 17:39 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

熱血講義~能登地域がん診療連携講演会

b0115629_845899.jpg 昨日も、時折雨が激しく降る七尾でした。おや、昼食の医局で見つけました。今年入った研修医たちが揃いのユニフォーム(スクラブ)を作ったようです。袖には、「2013 resident」、そして背中には大胆なデザインです。秋に医療職の制服のスクラブ化を計画しております。大いに参考とさせていただきます。l

 その研修医たちが、昨夜も活躍です。19時から、市内の番伊
 能登地域がん診療連携講演会
が開催されました。当院と金沢大(旧)第三内科とのコラボレーション企画です。まず、同科の中尾眞二教授の開会挨拶に引き続き、講演会です。
一般演題 EGFRチロシンキナーゼ阻害薬のbeyond-PD療法の現状
      金沢大学地域呼吸器症候学講座の曽根 崇准教授

 肺がんに対する最新の分子標的治療の戦略をお話しです。そして、当院も協力施設としてデータ解析に参加するbeyond-PD療法の成績を紹介いただきます。
b0115629_848052.jpg
特別講演 肺癌の早期発見のコツ(胸部単純写真、CT)から治療まで
      栃木県立がんセンター呼吸器内科 森 清志副院長

 金沢大学の笠原寿郎臨床教授が座長で進行です。特に実際の読影については、そのピットフォールを実例を上げて説明です。研修医たちも積極的参加し、森先生の熱血講義となります。
b0115629_8483756.jpg
b0115629_849629.jpg
 その後、講師陣と当院医師や研修医、参加いただいた地域の先生たちで遅くまで懇親させていただきました。
by dr-kanno | 2013-06-22 08:51 | 地域医療 | Comments(0)

入院医療等の調査・評価分科会と地域医療の心意気(董仙会決算)

 濃く、紫陽花が盛りですが、暗く重い梅雨の空の日比谷公園から厚生労働省へ向かいます。
b0115629_1424470.jpg
 医政局での打ち合わせの後、10:00から
 平成25年度第4回診療報酬専門組織 入院医療等の調査・評価分科会
に出席します。今回の検討事項は、「診療報酬点数表における簡素化の検討」です。
b0115629_143204.jpg
 まずは、前回の診療報酬で算定割合が高い栄養管理実施加算と褥瘡患者管理加算を入院基本料に包括したことに対して検討です。概ね病院においては影響は出ていないものの、有床診療所における管理栄養士配置(非常勤でも可)については、配置未達の状況が確認されます。有床診の個々の状況によって病院との連携も視野に入れるべきとの意見も出されます。
 また、次に、HIV感染者療養環境特別加算、緩和ケア診療加算などの算定回数の低いとされた加算についての検討です。いずれも実態として必要な医療提供で加算が行われており、廃止の対象とはならないことを確認します。

 そして、急ぎ七尾に帰り、17時から、市内の番伊
 平成25年度 社会医療法人財団董仙会 理事会・評議員会
に理事長として臨みます。今回の議題は、主に平成24年度の事業報告と決算報告です。昨年度を振り返ると、医業収入そのものはのび悩みましたが、業務の見直しや経費削減の効果が大きく、過去最高益を計上することができました。
b0115629_20481159.jpg
 新棟建設を控えほっとします。そして、人口減の地方においても、交付税など補助金にたよらず救急から先進医療医療を含めた地域医療を持続していく心意気を見せていこうと思います。そして、医療・介護を通して地域の振興に協力していきたく思います。
by dr-kanno | 2013-06-20 20:48 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

病院機能評価認定証と医療経営士、新装全日病など

b0115629_2065174.jpg
  ようやく届きました。(公益財団法人)日本医療機能評価機構が実施した病院機能評価の認定証です。この制度がはじまった初年度である1997年度に北陸の一般病院として初の認定を受けてから5年ごとに更新審査を受け、今年の2月に実施された訪問調査と書類審査の結果、4度目の認定がなされました。
 更新の度に、社会の要請、国民の要請で審査基準は質の担保を構造Structure評価から、過程Process評価、そして実績Outcome評価へと、さらに現場でのPDCAを回してカイゼンを見る評価へと進化してきました。その間に、病院もこれら審査基準に適応するため進化してきました。
 この審査にあたったスタッフの努力にも感謝です。

 そして、今日は大雨の七尾から、今にも雨が落ちそうだった東京へ、朝一番に向かいます。湿気を最大に含んだ重い空気と暑さに喘ぎながら、各所を回ります。
 まず、10:00から神田岩本町の神田平成ビルを会場に
 一般社団法人日本医療経営実践協会
 平成25年度上期(第7期)理事会
に理事として出席します。医療経営の実践の場に役立つ人材を育てることを目的にした医療経営士資格は、平成22年9月に第1回医療経営士3級試験を行ってから9回、平成23年6月に第1回医療経営士2級試験を行ってから5回を通して、3級2,066人(合格率50.2%)、2級136人(同18.8%)(ともに直近の試験を除く)が誕生しています。
b0115629_2011718.jpg
 ここから、打ち合わせのため水道橋へ移動します。先週末に住友不動産猿楽町ビルに移転したばかりの全日本病院協会です。新しい会議室も広くなりました。300人近くのセミナーや講演会も開催可能になりました。
b0115629_20121039.jpg
 さらに、ホスピタルプラザでの四病院団体協議会総合部会、日本医師会館での日本医師会・四病協懇談会へと移動しました。ここでは、これからの医療提供体制における病床機能分化の話題TPP対応の話題を中心に、建設的な意見なすり合わせを行うことができました。
by dr-kanno | 2013-06-19 20:15 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

本日梅雨入り~重たい大気の中で

b0115629_16272082.jpg
 シカゴのアーバンな夜から丸2日後の月曜の朝はいつものように恵寿鳩ヶ丘で、外来診療と入所者回診です。能登のもずいぶん濃くなってきました。
b0115629_1643348.jpg
 鳩ヶ丘のリハビリテーション室前菜園は毎年、面積を広げています。この日も、元プロのデイケア利用者さんから、職員が指導を仰いでいます。畑は正直なもので、ちょっと手を休めると雑草が繁ってくるようです。
b0115629_16433531.jpg
 そして、ついに本日石川県地方は梅雨入りです。湿気を含み重たい空気と厚さが体力を奪います。それでも、Ecoは国家戦略!クールビズに加えて、モニターも、照明も、そしてエアコンでも法人内各部署はエコキャンペーンを実施中です。
b0115629_1644835.jpg
 雨の向こうに病院新棟の表示も遠くから視認することができるようになりました。
b0115629_1645079.jpg
b0115629_16452455.jpg

by dr-kanno | 2013-06-18 16:47 | 病院のこと | Comments(0)



石川県七尾市の社会医療法人財団董仙会・恵寿総合病院(www.keiju.co.jp)理事長 神野正博のブログです。法人・病院の取り組みを紹介するとともに、地域医療や日本の医療への思いを綴ります。
カテゴリ
公職一覧
・社会福祉法人徳充会理事長
・公益社団法人全日本病院協会副会長
・一般社団法人日本社会医療法人協議会副会長
・一般社団法人日本専門医機構理事
・一般社団法人七尾市医師会長
・七尾商工会議所副会頭
・石川県病院協会副会長
・特定非営利活動法人VHJ機構理事・VHJ研究会監事
・公益財団法人日本医療機能評価機構評議員、事業推進委員
・一般社団法人日本医療経営実践協会理事
・一般社団法人日本ホスピタルアライアンス理事

(委員)
【厚生労働省】医道審議会医師分科会医師臨床研修部会委員、医道審議会医師分科会医師国家試験改善検討部会委員、医道審議会保健師助産師看護師分科会看護師特定行為・研修部会委員、医師臨床研修制度到達目標・評価の在り方に関するWG委員、(中医協)診療報酬調査専門組織 入院医療等の調査・評価分科会委員、医療従事者の需給に関する検討会医師分科会委員、がん診療提供体制のあり方に関する検討会委員、認知症の人の行動・心理症状や身体合併症対応など循環型の医療介護等の提供のあり方に関する研究会委員
【内閣官房】日本版CCRC構想有識者会議委員
【石川県】石川県医療審議会委員 、医療計画推進委員会地域医療ビジョン策定部会委員、医商工連携促進協議会会員
【日本専門医機構】総合診療専門医に関する委員会委員
【四病協】総合部会員、医療安全対策委員会委員長、医療制度委員会委員
【日病協】診療報酬実務者委員会委員
【全日本病院協会】病院のあり方委員会、病院機能評価委員会、学術委員会、医療の質向上委員会、救急・防災委員会担当副会長
【日本病院会】インターネット委員会委員、災害医療対策委員会副委員長
【日本医師会】病院委員会委員
【石川県医師会】代議員、財政検討委員会委員、選挙制度検討委員会委員
【医師臨床研修マッチング協議会】運営委員
【医学書院】月刊「病院」編集主幹

twitter
神野正博のツイート

facebook
神野正博の医療Archives

恵寿関連ホームページ
●恵寿総合病院ホームページ
●恵寿総合病院Facebookページ
●社会福祉法人徳充会ホームページ

●Medical Excellence JAPAN
●e-doctor Hospital Info
検索
最新の記事
記事ランキング
タグ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
最新のコメント
山本様 コメントありが..
by dr-kanno at 15:41
LEGO® SERIOU..
by イノベーションガイド山本伸 at 20:20
井上先生 ありがとうござ..
by dr-kanno at 06:30
先生、ありがとうございま..
by 新潟より参加 at 13:17
こちらこそ、声掛けありが..
by dr-kanno at 09:13
今回のミドルマネジメント..
by 新潟より参加 at 09:00
貴重な意見をありがとうご..
by dr-kanno at 08:41
いつも拝読させていただい..
by 番号15 at 09:02
Oさま。ありがとうござい..
by dr-kanno at 08:23
ダブル叙勲、誠におめでと..
by O. at 20:44
お疲れさまでした。私もゴ..
by やまのべゆうじ at 07:09
やまのべ先生 ありがとう..
by dr-kanno at 15:26
病院経営MASTER、お..
by やまのべゆうじ at 21:32
こんにちは、またブログ覗..
by ルイヴィトン 財布 at 05:47
Oさま いつもありがと..
by dr-kanno at 08:07
「GALENUS 創刊号..
by O. at 21:38
 ご承知のように医療は非..
by dr-kanno at 23:53
いつもお世話になっており..
by 矢口(金沢脳神経外科病院)です at 10:13
早く平穏な日が訪れますよ..
by starfield at 21:41
海とオルゴールの坂下です..
by 坂下さとみ at 23:08
ファン
ブログジャンル
画像一覧