神野正博のよもやま話

タグ:国・県委員会 ( 270 ) タグの人気記事

がん診療提供体制のあり方や入院医療等の調査・評価分科会

 朝の病院業務の後、急ぎ、秋も深まり気温が下がる霞が関です。13時から厚生労働省会議室
 第10回 がん診療提供体制のあり方に関する検討会
に参加します。今回は、
(1)がんゲノム医療の提供体制について
(2)既指定のがん診療連携拠点病院等の指定期限について
(3)今後のがん診療連携拠点病院等の指定要件の議論について

の銀論です。パブコメも終えた第3期がん対策推進基本計画策定に向けた議論となります。今回の基本計画の目玉としてがんゲノム医療があげられます。がん対策の均てん化と集約化の議論の中で、新たに人材育成機能、診療支援、治験・先進医療主導、研究開発を目的とするがんゲノム医療中核拠点病院がんゲノム医療連携病院の要件について議論します。中核拠点病院を全国で12か所程度に集約する方向性が示されます。
 また、がん診療連携拠点病院等の指定要件病院機能評価やISOなどの第三者評価の必要性を主張します。
b0115629_18142532.jpg
 さらに、15時からは会場を同じ厚生労働省の講堂に移して、
 中央社会保険医療協議会診療報酬調査専門組織
 第10回 入院医療等の調査・評価分科会
に参加します。今回もペーパーレスで厚労省からタブレット端末が会議中に貸与されます。議題は、次期診療報酬改定の基礎調査資料を見ながら
1.短期滞在手術等基本料について
2.救急医療管理加算について
3.慢性期の病棟におけるデータ提出項目について
4.入院時の食事療養に係る給付に関する調査結果(速報)の概要について

の議論となります。
 短期滞在手術の追加について、入院基本料の多様性が出来高点数にばらつきを与えていることを踏まえ、慎重論が出ます。
 救急医療管理加算では、地域医療を守る2次救急病院にインセンティブをつける意味で救命救急センター並みのハードルを上げることに反対の立場をとります。
 慢性期の病棟におけるデータ提出に200床以上の病院での必須化に原則賛成するものの毎日取る医療区分との重なりを考慮することや慢性期特有の症状・状態の項目の見直しの必要性を主張します。
 最後に、入院時の食事療養に係る給付では、委託の有無にかかわらず急速に収支の悪化(赤字化)が見られたことが報告されます。消費税の問題や働き手不足中での対応を迫ります。
b0115629_18142653.jpg
 まだまだ、今日は終わりません。続いて本郷真砂坂上の医学書院へ移動します。
 月刊『病院』編集会議
に参加します。私が担当する来年5月号他の特集企画案の検討です。どの号も渾身の内容です。また、近々発行するプロモーション用のリーフレット(写真右)の内容確認です。
b0115629_21464834.jpg

by dr-kanno | 2017-10-18 22:39 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

能登で在宅医療等を確保できるか~能登中部・能登北部医療圏保健医療計画推進協議会

 昨日に続いて能登空港ですが、、、
b0115629_17131179.jpg
 今日は飛行機に搭乗しません。ずいぶん紅葉が進んだ空港周辺です。この空港内には県の出先機関が集中しています。その4階の会議室にて
 平成29年度能登中部・能登北部医療圏保健医療計画推進協議会
に社会医療法人董仙会理事長として参加します。石川県では医療計画、そこに含まれる地域医療構想を関係する2つの医療圏合同で検討します。医療関係者の他、市町の担当者、住民代表などが参加します。
b0115629_17131161.jpg
 糖尿病医療対策、在宅医療対策、地域医療構想を議題にたっぷり3時間の審議です。地域医療構想における最大の課題は在宅医療等を確保できるかということになります。共通して言えることは、過疎高齢社会の能登では、患者だけではなく、今後必要とされる担い手である医師の高齢化、医師数の減少が大きな課題となることで一致します。
 その中で、真剣に集住による効率的な在宅医療等の提供であるという点で一致します。
b0115629_17131278.jpg

by dr-kanno | 2017-10-12 17:27 | 地域医療 | Comments(0)

医師需給分科会にて

 南の高気圧の影響で、少々暑く感じる昨日今日です。しかし、空は確実に秋の空です。野はセイダカアワダチソウの黄色に染まります。
b0115629_16001896.jpg
 病院のグッドデザイン賞ベスト100受賞(リンク)で、たくさんのお祝いの言葉をいただき、また早速の見学も入ります。ありがとうございます。この仕組みを平成14年の開設以来、自信をもって守り抜いてくれた職員を誇りに思います
b0115629_16001719.jpg
 そして、今日も霞が関単純日帰りです。能登空港エプロンには恒例の航空祭のため、日本航空学園が保有するYS11機が留まります。曇り空でも、雲上は秋の空です。
b0115629_16001781.jpg
 霞が関界隈はデンマークからのお客様への歓迎ムードです。玄関に金木犀の香りが漂う厚生労働省
 医療従事者の需給に関する検討会 医師需給分科会(第12回)
に参加します。
b0115629_16001740.jpg
 今回は、
・都道府県における医師確保対策の実施体制の強化
・医師養成課程における地域での医師確保
が議題となります。前者で意見百出となります。今後、医療計画の中に「医師確保計画」を都道府県の責任で書き込むこととなります。そのための協議体の統合整理の必要性について合意します。
 また、理由なく地域枠医師の派遣先が公立病院・公的病院に偏らないような派遣方針を明確化案に対して全面的に支持します。
 さらに、偏在対策地域の医療ニーズに応えるとともに、セーフティネットとしての医師の配置の必要性も主張します。その際、他の委員から、偏在対策に医師の質(診療科など)の要素の導入すべきであるとの意見も出されます。
 加えて、委員からは医師の働き方改革や財源と医師需給との関連も指摘されます。

by dr-kanno | 2017-10-11 16:20 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

グッドデザイン賞受賞報道と入院医療等の調査・評価分科会後半戦

 10月の青空の下、ずいぶん涼しくなった能登です。昨日のグッドデザイン賞ベスト100受賞を祝い、病院受付上のおもてなしフラッグはグッドデザインマークです。
b0115629_16551148.jpg
 今朝からのNHK金沢放送局ニュース取材に私も説明です。
b0115629_16551380.jpg
 また、本日付の朝刊各紙でもこの受賞が報道されています。
b0115629_16551287.jpg
 そして、気持ちのいい秋空へ能登空港から飛び立ちます。雲の上の北アルプスや富士山を眺めます。
b0115629_16551329.jpg
 今日は、新橋へ単純往復です。14時から、TKP新橋カンファレンスセンターを会場に、厚生労働省
 平成29 年度第9回 診療報酬調査専門組織
 入院医療等の調査・評価分科会
に出席します。議事次第も含めてペーパーレス会議となります。
議事次第・資料のページ(厚生労働省)へリンク
b0115629_16551209.jpg
 前回までには、平成28年度調査の結果を受けて議論し、中間取りまとめが出され、議論を中医協に委ねました。そして、今回からは平成29年度調査として、
(1)一般病棟入院基本料・特定集中治療室管理料における「重症度、医療・看護必要度」等の施設基準の見直しの影響について(その2)
(2)短期滞在手術基本料及び総合入院体制加算の評価の在り方について
(3)救急患者の状態を踏まえた救急医療管理加算等の評価の在り方について
(4)療養病棟入院基本料等の慢性期入院医療における評価の見直しの影響について(その2)
の調査結果を分析します。
 からは、特に
・前回改定で誕生した病棟群制度はごくわずかの病院しか利用しなかった使い勝手の悪い制度であった。一方、今年度の議論で7対1病棟と10対1病棟+加算によって、その傾斜をゆるい段階的なものにする方向性を踏まえると、参入障壁をを緩めるべきである。また、10対1病棟と地域包括ケア病棟を比較すると、手術は外出しであるあるものの、医療の質やチーム医療に関わる加算(感染、安全、栄養、薬剤等)は取れないので、7対1から移行先として、地域包括ケアではなく10対1が本筋である。
重症度、医療・看護必要度で25%以外の取り扱いが取り出さされているが、医政局事務連絡にあった通り、急性期でも様々な病態が混在することを理解すべきである。
救急医療管理加算にて、1が減少し2が増加している点について、厚生局等がいらぬ介入をせぬよう、基準を明確化すべきである。
療養病棟における終末期ガイドラインの利用状況が悪いものの、個々の患者に対応している率が高い点について、ガイドライン絶対主義ではないことを確認すべきである。
などを主張します。

by dr-kanno | 2017-10-05 17:25 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

第8回入院医療等の調査・評価分科会にて中間とりまとめ

 都内にて打ち合わせの後、一番町の日本病院会・ホスピタルプラザビルです。13時より
 第155回 日本病院団体協議会代表者会議
に、これまでと異なり全日病の立場で参加します。今回から正式に日本リハビリテーション病院・施設協会も加盟し、14団体体制となり、さらにオブザーバーとして法人格を持たないものの地域包括ケア病棟協会も参加します。
 私から第6回、第7回入院医療等の調査・評価分科会の議論を説明し、この後に控える中間とりまとめへの意見を募ります。また、中医協関係の各部会、分科会の説明、社会保障審議会の議論も説明いただきます。
b0115629_19070968.jpg
 次に、15時からは厚生労働省へ移動し、
 第8回入院医療等の調査・評価分科会
に臨みます。今回から、資料はペーパーレス化です。前日夜には公開される資料(リンク)を各自がダウンロードすることになります。今回は中間とりまとめ(案)の審議ということで、早速大量のデータです。以下の項目で議論を重ねます。
 急性期とは病状の変化の振幅が大きい状態であり、これを反映すれば入院中の変動が激しく、7対1入院料における重症度、医療・看護必要度25%が決して低い数字ではないことを主張します。
 また、データ提出加算データ(DPCデータ)と重症度、医療・看護必要度は見ている項目が違う点も考慮しながらも、DPCデータとA,C項目データの相関検証開始を支持します。
 また、データ提出を、病院規模や項目に考慮しながら、全病床種別に拡大することに関して、データの公開による地域医療分析などの利活用のメリットをあげて賛成します。
b0115629_19070973.jpg
1.急性期入院医療について
 1-1.一般病棟入院基本料の算定病床の動向
 1-2.7対1、10 対1一般病棟入院基本料の評価手法
 1-3.13 対1、15 対1一般病棟入院基本料
2.地域包括ケア病棟入院料
 2-1.算定病床の動向
 2-2.入棟前の居場所別の分析
3.回復期リハビリテーション病棟入院料
 3-1.算定病床の動向
 3-2.リハビリテーションの提供状況
4.慢性期入院医療について
 4-1.療養病棟入院基本料の算定病床の動向
 4-2.医療区分別の分析
 4-3.療養病棟入院基本料に関するその他の事項
 4-4.障害者施設等入院基本料及び特殊疾患病棟入院料
5.有床診療所入院基本料
 5-1.有床診療所入院基本料の区分別の分析
 5-2.診療科別の医療の提供状況
6.横断的事項について
 6-1.入退院支援
 6-2.在宅復帰に関する評価
 6-3.データ提出加算
 ここでの議論を反映した中間とりまとめは、中医協の基本問題小委員会での議論となります。
by dr-kanno | 2017-09-15 19:13 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

学会オンデマンド放送、Management Summit 2017、医師需給分科会

 9-10日に行われた全日本病院学会。本日より、第1会場、第2会場、第5会場で行われた開会式、特別講演、教育講演、シンポジウム、パネルディスカッションなどがオンデマンド放送で視聴可能となりました。
 学会ホームページ・プログラム(リンク)からお入りください。パスワードはプログラム集6ページを参照ください。大がかりな開会式の模様も是非ご覧ください。
*PCの場合フラッシュが必要です。スマホ、タブレットでは、すぐにご覧いただけます。

 さて、昨夜遅く東京入りです。そして、青空の下、豊かなに囲まれたホテル椿山荘東京で朝を迎えます。
b0115629_21290068.jpg
 朝からアンフィシアターにてmarcusevans主催の
 HOSPITAL MANAGEMENT JAPAN SUMMIT 2017
に参加です。9〜10日金沢での学会にお越しの病院経営者の皆様と再会します。
b0115629_21290103.jpg
 開会基調講演医療経済研究機構の西村周三先生による
 今後の医療政策が導く日本の活性化
です。今後、病院はMedical CareからHealth転換すべきで、そのためのPopulation Health、予防に医師は力点を移すべきと主張します。
b0115629_21290138.jpg
 さらに、この会の特徴はたっぷり時間を取るRound Tableです。地域医療構想病院のブランディングなどについて1テーマに2時間近くをかけ、コーヒーを飲みながら議論します。
b0115629_21290186.jpg
 2日目にはパネルディスカッション・日本変革フォーラム:働き方改革モデレーターを務めます。

 議論の中を中座して、17時には厚生労働省に向かいます。久しぶりに再開した
 医療従事者の需給に関する検討会
 第11回 医師需給分科会
に構成員として参加します。まず、東京大学大学院の渋谷健司教授から、氏が座長を務めた新たな医療の在り方を踏まえた医師・看護師等の働き方ビジョン検討会報告書の説明です。
 それに引き続き、
 年末までに検討する医師偏在対策の主な論点
の議論となります。都道府県主体の実効的な医師確保対策では、医師の多寡を把握できる指標を導入の上で都道府県にPDCAサイクルを回す計画策定を求めます。私からは、医師確保に関する協議会の整理統合を主張します。
 外来医療提供体制では、都市部に開設が偏る無床診療所に医療審議会による規制をかけるべきかどうかに賛否両論です。私は自由開業性は維持するものの場所と診療科に保険医登録の可否を判断することを主張します。
 また、医師養成過程と医師偏在対策では、病院医師の不足を訴えるとともに、医師の働き方改革の方向性によっては、今以上に医師を増やす必要があることを主張します。
b0115629_21290027.jpg

by dr-kanno | 2017-09-13 22:02 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

入院医療等の調査・評価分科会~重症度、医療・看護必要度の議論白熱

 週末の全日本病院学会の準備で目だけではなく、頭が回っています。。。
 にもかかわらず、公務は待ってくれず、雨上がり、曇り空の霞が関へ単純往復です。10:00より厚生労働省講堂を会場に
 平成29年度第7回入院医療等の調査・評価分科会
に出席します。今回はデータ提出加算、一般病棟入院基本料(その3)、療養病棟入院基本料(その2)となります。
b0115629_13190555.jpg
 データ提出加算について、今後のデータの利活用を鑑み、その対象を、特に回復期リハビリ病棟、療養病床に広げる動きです。一部の項目の見直しと中小病院への配慮を求めます。
 一般病棟入院基本料では、前回に続き重症度、医療・看護必要度のDPCデータによる置き換えシミュレーションについて賛否激しい議論です。B項目はHファイルとして残しながらA,C項目について置き換えや重みを見直すシミュレーションの実施に、現場の負担軽減の観点から多くの委員の賛同です。単なる1:1の置き換え議論ではない本質的な急性期とは何ぞやからの議論が待たれます。
 療養病床入院基本料では、リハビリの回数と在宅復帰率の相関について、今回のデータでものをいうことは早急とします。また、療養Ⅱに多様な病態が含まれている実態が示され、今後の廃止や介護医療院への転換議論に一石を投じます。

by dr-kanno | 2017-09-06 13:19 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

入院医療等の調査・評価分科会~前半の山場

 暑い、暑い、暑い、、、と言っても別に涼しくなるわけではありませんが、文字通り酷暑の東京でした。某コーヒーチェーンのフラペチーノで身体を急速冷却しては、暑い中に飛び出し、また急速冷却するの繰り返しの2日間でした。
 今日は、赤坂のTKP赤坂カンファレンスセンターを会場に、厚生労働省の中医協の下部組織である
 第6回診療報酬調査専門組織
 入院医療等の調査・評価分科会
に出席します。今年の前半戦の最大の山場かもしれません。一般病棟入院基本料、入退院支援、地域包括ケア病棟入院料・入院医学管理料についての議論となります。
b0115629_17585930.jpg
 一般病棟入院基本料では、10対1入院基本料病棟の中には、少なからずの病棟で看護師が加配され、重症度医療看護必要度の高い患者や平均在院日数の短い患者がいることから、10対1病棟の看護必要度加算を上げて、7対1と10対1の入院基本料の間に段階的評価を加えることを主張します。
 また、今回初めて事務局より重症度医療看護必要度測定の事務的負担軽減のためにDPCデータのEFファイルと様式1との相関を検証したい旨の意志が示されます。両者の1対1対応は難しいということを確認したうえで、検証開始に対しては賛意を表します。
 入退院支援に関しては、入院時からの取組の評価ということになります。特に、ダブル改定の時だけに介護との連携のための項目を明示するよう提案します。また、急性期病院の「在宅復帰率」はナンセンスであり、廃止ないしは「退院・退棟率」等評価の見直しを主張します。
 さらに、地域包括ケア病棟入院料・入院医学管理料では、在宅と他病棟からの転棟に明らかな差があることを認めながらも、転棟患者とはいえ、在宅療養の準備を目的とした場合を考慮して差は大きくするべきではないと主張します。
 この会が終わるや、急ぎ酷暑の東京から新幹線で脱出です。車窓から眺める夕方の榛名山、浅間山に涼を感じます。
b0115629_18494482.jpg
b0115629_18503524.jpg

by dr-kanno | 2017-08-24 18:05 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

新公立病院改革ガイドラインや公的医療機関等改革プラン

 ここ数日の雨のおかげで、幾分涼しくなりました。今日も、いつものように能登北部・恵寿鳩ケ丘での診療から週が始まります。
b0115629_15452492.jpg
 昼には、本部で幹部ミーティングです。新公立病院改革ガイドラインに加えて、7月19日に開催された厚生労働省の第7回地域医療構想に関するワーキンググループ(リンク)で示された公的医療機関等改革プランに触れます。どちらにも当てはまらない当法人ですが、これらのプランに負けぬような短期的、中長期的なプランと目標指標(KPI)BSC(Balanced Score Card)の手法で見直すことを確認します。
 午後からは、お盆休みで上下線ともに大混雑ののと里山海道を南下し金沢です。
b0115629_15452438.jpg

by dr-kanno | 2017-08-14 15:59 | 医療経営のこと | Comments(0)

神戸徘徊の後、第5回入院医療等の調査・評価分科会

 朝は神戸です。ホテルの窓から見える濃い青空と夏の光に誘われて、の大合唱の中、ホテル近くの北野異人館街へ徘徊です。平面地図では楽勝の距離でしたが、なんのなんの。。。急な坂道に汗が噴き出ます。それでも観光客が未だいない異人館街をひとり占めでした。
b0115629_15303580.jpg
b0115629_15303522.jpg
b0115629_15303641.jpg
 そして、曇り空で湿気が高く不快な東京です。16:30から、厚生労働省で中医協の下部組織である
 平成29年度第5回入院医療等の調査・評価分科会
に臨みます。今回は療養病棟入院基本料、障害者等入院基本料、有床診療所入院基本料についての議論です。
 療養病床入院基本料では、概ね医療区分3,2,1の順に、状態は不安定で医療の提供頻度は高く、一定の相関があることを確認した上で、退院支援に係るリハビリの役割や看取りの取組の評価の検討です。また、療養病床2の行方のためにも介護医療院議論を急ぐよう要望します。
 障害者等入院基本料では、脳卒中患者の療養病床との違いの有無について議論です。私からは、明らかに医師の指示の見直しの頻度が高いというデータから、病態の違いがあることを主張します。
 また、有床診療所は専門特化型と地域包括ケア型の2分類を提唱します。
b0115629_22572047.jpg
 会が終わった都心です。このビルの谷間でも夏祭りのようです。
b0115629_22572188.jpg

by dr-kanno | 2017-08-04 23:16 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)



石川県七尾市の社会医療法人財団董仙会・恵寿総合病院(www.keiju.co.jp)理事長 神野正博のブログです。法人・病院の取り組みを紹介するとともに、地域医療や日本の医療への思いを綴ります。
カテゴリ
公職一覧
・社会福祉法人徳充会理事長
・公益社団法人全日本病院協会副会長
・一般社団法人日本社会医療法人協議会副会長
・一般社団法人日本専門医機構理事
・一般社団法人七尾市医師会監事
・七尾商工会議所副会頭
・石川県病院協会副会長
・特定非営利活動法人VHJ機構理事・VHJ研究会監事
・サービス産業生産性協議会(SPRING)幹事
・公益財団法人日本医療機能評価機構評議員、事業推進委員
・一般社団法人日本医療経営実践協会理事
・一般社団法人日本ホスピタルアライアンス理事

(委員)
【厚生労働省】医道審議会医師分科会医師臨床研修部会委員、医道審議会医師分科会医師国家試験改善検討部会委員、医道審議会保健師助産師看護師分科会看護師特定行為・研修部会委員、医師臨床研修制度到達目標・評価の在り方に関するWG委員、(中医協)診療報酬調査専門組織 入院医療等の調査・評価分科会委員、医療従事者の需給に関する検討会医師分科会委員、がん診療提供体制のあり方に関する検討会委員、認知症の人の行動・心理症状や身体合併症対応など循環型の医療介護等の提供のあり方に関する研究会委員
【内閣官房】日本版CCRC構想有識者会議委員
【石川県】石川県医療審議会委員 、医療計画推進委員会地域医療ビジョン策定部会委員、医商工連携促進協議会会員
【日本専門医機構】総合診療専門医に関する委員会委員
【四病協】総合部会員、医療安全対策委員会委員長、医療制度委員会委員 、医師の働き方検討委員
【日病協】診療報酬実務者委員会委員
【全日本病院協会】病院のあり方委員会、病院機能評価委員会、学術委員会、医療の質向上委員会、救急・防災委員会担当副会長
【日本病院会】インターネット委員会委員、災害医療対策委員会副委員長
【日本医師会】病院委員会委員
【医師臨床研修マッチング協議会】運営委員
【医学書院】月刊「病院」編集主幹

twitter
神野正博のツイート

facebook
神野正博の医療Archives

恵寿関連ホームページ
●恵寿総合病院ホームページ
●恵寿総合病院Facebookページ
●社会福祉法人徳充会ホームページ

●Medical Excellence JAPAN
●e-doctor Hospital Info
検索
最新の記事
記事ランキング
タグ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
最新のコメント
 ちなみに、この3人の中..
by トクメイ at 15:55
山本様 コメントありが..
by dr-kanno at 15:41
LEGO® SERIOU..
by イノベーションガイド山本伸 at 20:20
井上先生 ありがとうござ..
by dr-kanno at 06:30
先生、ありがとうございま..
by 新潟より参加 at 13:17
こちらこそ、声掛けありが..
by dr-kanno at 09:13
今回のミドルマネジメント..
by 新潟より参加 at 09:00
貴重な意見をありがとうご..
by dr-kanno at 08:41
いつも拝読させていただい..
by 番号15 at 09:02
Oさま。ありがとうござい..
by dr-kanno at 08:23
ダブル叙勲、誠におめでと..
by O. at 20:44
お疲れさまでした。私もゴ..
by やまのべゆうじ at 07:09
やまのべ先生 ありがとう..
by dr-kanno at 15:26
病院経営MASTER、お..
by やまのべゆうじ at 21:32
こんにちは、またブログ覗..
by ルイヴィトン 財布 at 05:47
Oさま いつもありがと..
by dr-kanno at 08:07
「GALENUS 創刊号..
by O. at 21:38
 ご承知のように医療は非..
by dr-kanno at 23:53
いつもお世話になっており..
by 矢口(金沢脳神経外科病院)です at 10:13
早く平穏な日が訪れますよ..
by starfield at 21:41
ファン
ブログジャンル
画像一覧