神野正博のよもやま話

タグ:国・県委員会 ( 279 ) タグの人気記事

PHRの新たな展開と医師需給、専門医

 今日も曇り空の東京です。ベルサール八重洲を会場に、メディカル・データ・ビジョン株式会社テクマトリックス株式会社とともに記者会見に臨みます。以下の内容です。
 当院が9月4日に導入したPersonal Health Recordsである「カルテコ」上で DICOM 規格の医用画像を閲覧できるサービスを開始します。当該サービスは、テクマトリックスが提供する、画像等の医療情報を安全に保管・活用・共有できるクラウドサービス「NOBORI(ノボリ)」を搭載することで実現いたしました。
 この記者会見以降、恵寿総合病院の画像データも登録した患者さんが共有できることになります。私から、患者さんと病院が価値を共有することによる大きなメリットをお話しします。
 また、同時に、「CADA-BOX」のスペシャルアドバイザーを委嘱されたこと(リンク)、鹿児島の相良病院が「CADA-BOX」を導入したこと(リンク)も発表です。
 医療従事者の需給に関する検討会 第16回医師需給分科会
に参加します。第2次中間取りまとめについてが議題となります。特に、医師偏在対策の将来に向けた課題としての地域医療を経験した医師のインセンティブについて賛否入り乱れて議論です。医師のプロフェッショナリズムは利他の精神、医療は医学の社会的適応、そして行動変容などがキーワードとして挙げられます。
b0115629_23262250.jpg
 また、16時からは、東京国際フォーラムを会場に
 日本専門医機構 第22回理事会
の臨みます。第一次募集とその後の調整で12月7日現在、7,899人の専攻医の帰属が決まります。一応、シーリングをかけた5都府県の調整も終わったことが報告されますが、やはり診療科と地域偏在が解消されたかについては問題を残します。
b0115629_23262187.jpg
 帰り道の東京駅丸の内口です。10年間に及ぶ改修を終えて、美しく夜空に映えます。
b0115629_23262105.jpg

by dr-kanno | 2017-12-08 23:32 | 医療とIT | Comments(0)

来春に向けての議論~社会保障審議会医療部会

 が深々と降る早朝の七尾を出発し、東京単純往復です。白と灰色の風景を見ながらうとうとして、目を覚ますと関東平野の青空です。
b0115629_13572400.jpg
 東京都内では、紅葉の盛りです。
b0115629_13572442.jpg
 10時より厚生労働省にて
 第57回社会保障審議会医療部会
に中医協と並列の会議のため、猪口委員の代理として参考人出席です。今回は、
 ○ 介護保険法改正施行関係について(医師の宿直規定の見直し)
 ○ 特定機能病院の承認要件の見直しについて(案)
 ○ 診療報酬改定の基本方針(案)
の議論です。
b0115629_13572394.jpg
 介護医療院の創設を機に医師の宿直規定が見直されることになります。入院患者の病状が急変した場合に速やかに診療を行う体制を条件に、病院に隣接した場所での宿直を医療法に書き込みます。特定機能病院の承認要件で、病院長の人事や予算執行権限の明確化とその専任の透明性を求めます。そして、来春の診療報酬改定の基本方針について議論です。調剤の院内~院外価格差や後発品価格について見直すことを明記するべきとの意見が多数でます。さらに、セルフケアやセルフメディケーションの基本方針への書き込みについても賛否が出されます。

by dr-kanno | 2017-12-06 14:02 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

社保審医療部会、中医協の議論と全日本病院協会新執行部披露会

 荒れた天候の早朝の七尾を出て、晴天の東京です。10時から厚生労働省で開催の 
 第56回社会保障審議会医療部会
参考人として出席です。今回は、
○ 介護保険法改正施行関係について(療養病床における看護配置の経過措置)
○ 臨床研究法の施行に伴う「臨床研究中核病院の承認要件」の見直しについて
○ 医師偏在対策について(医師需給分科会における議論の経過)
○ 診療報酬改定の基本方針(骨子案)

を議論します。
b0115629_22434088.jpg
 療養病床にかかる医療法上の看護配置等の経過措置の6年延長を承認します。また、臨床研究法の施工に伴う臨床研究中核病院の承認要件については、認定臨床研究審査委員会を設置することを規定します。また、私が医師需給分科会で議論してる医師偏在対策で意見百出です。その中で、改めて地域医療において病院急性期医師、在宅診療所医師の不足を訴え、実効ある規制的偏在対策がないならば、医師養成削減は飲めないことを訴えます。さらに、診療報酬改定の骨子案について大枠では認めながらも、細かい文言での意見が出されます。
 その後、一番町の日本病院会ビル(ホスピタルプラザビル)にて、
 日本病院団体協議会 第157回代表者会議
に出席します。
b0115629_22433934.jpg
 中医協の論議について意見を集約します。特に、今回は本日開催の総会(373回)厚生労働省資料へリンク)は、入院医療です。DPCデータによる重症度、医療必要度の置き換えの考え方と新たなデータ、また7対1と10対1の評価体系の見直しの具体案が出てきます。
b0115629_23354892.jpg
 そして、18時から、ホテルオークラ東京を会場に
 公益社団法人全日本病院協会 新執行部披露会・懇親会
です。
b0115629_22434007.jpg
b0115629_22434145.jpg
 加厚生労働大臣横倉日本医師会会長をはじめ300人以国会議員、行政、医療関係団体、、関連業界、そして会員が集いました。新執行部発足半年が経っての披露会ですが、大きく制度が動くこの時期だからこそ、一致団結と大いなる議論ができました。また、衆議院議員に当選したばかりの安藤たかお副会長が、新人ながら本日、衆議院厚生労働委員会で代表質問衆議院ビデオライブラリへリンク)した話題でも盛り上がりました。
b0115629_22434068.jpg
b0115629_18065166.jpg


by dr-kanno | 2017-11-24 23:44 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

日本の医療はよくなっているか~医師需給分科会

 最近、訪問回数が増えた国会議事堂周辺の永田町です。今日も、医療政策について非公式な勉強会です。
b0115629_19170943.jpg
 その後、厚生労働省にて
 医療従事者の需給に関する検討会 第15回 医師需給分科会
に出席します。議論も取りまとめに向けて、大詰めです。今回は
 1.医師少数区域に勤務した経験を有する医師への評価について
 2.地域における外来医療提供体制について
 3.制度改正に向けたこれまでの医師偏在対策の議論のまとめ
の議論です。1は、管理者要件の議論となります。地域医療に従事した「認定医師」のインセンティブについて意見を交わします。管理者要件は、これから臨床研修を修了する医師という提案です。したがって、喫緊の偏在対策に効果がないと考えざるを得ないわけで、インセンティブ、あるいはディスインセンティブが鍵となります。
 2は、開業規制に関する議論です。保険医登録規制の是非で賛否です。これに代わる手段として、地域医療の情報提供によって開業の場所、診療科を考慮させるという方法も提示されますが、その中身と実行性でも議論となります。
 3に関して、未だ基本認識で委員間で議論です。プロフェッショナルオートノミーは機能するか、国民皆保険の下ですべての国民に等しく医療は提供されているかなど多様です。一部の医療関連団体の委員から、「日本の医療はよくなっている」という認識が出されますが、から、地方において、特に急性期や救急医療を担う病院の医師不足・疲弊、さらには在宅を担う診療所医師の高齢化の実態を述べて反論します。
b0115629_19170942.jpg

by dr-kanno | 2017-11-22 19:25 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

医療提供体制に関する現状と課題と全日本病院協会総合医育成事業

 今日は三田共用会議所です。ここで、厚生労働省の
 第55回社会保障審議会医療部会
に全日病代表として代理出席します。医療提供体制に関する現状と課題ということで、総論、医師偏在対策、医師の働き方改革、有床診療所、療養病床について議論します。特に、偏在対策に関して、地域枠学生を設置主体に関わらず地域の役割機能によって配置すべきであることを確認します。また、医療部会らしく、産業組織論、労働生産性などの視点で意見が出ます。
b0115629_22041032.jpg
 その後、猿楽町の全日本病院協会
 第8回総務・財務委員会
に出席します。会内の懸案事項について検討した後、本日、報道発表した全日本病院協会総合医育成事業の内容を確認します。医師のキャリア支援として、病院も医師も変わらなければならないという考え方の下、ノンテクニカルスキルの重要性を加味したプログラムとなっています。さらに、この仕組みに独立行政法人 地域医療機能推進機構(JCHO)が参加することが報告です。
b0115629_22041039.jpg

by dr-kanno | 2017-11-10 22:06 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

経営環境が悪化する中で、、、GPO、医師偏在対策

b0115629_21070167.jpg 来年度の診療報酬の改定率検討の基礎資料となる今年度実施された
が、本日の中央社会保険医療協議会 調査実施小委員会(第46回)で公開されました。平成28年度改定によって、病院の収益は伸び悩む一方で、人件費の伸びで、前年よりも赤字病院が大きく増えている状況です。一般病院全体でマイナス4.2%の赤字となっており、過去と比較しても3番目に悪い数値であるとのことです。特に、国公立病院の赤字が大きく、それを医業外収益である補助金で補填している現状です。
 そんな中、出を減らす大きな策として、共同購入による材料費の削減があります。今日も三田に構える日本最大の共同購入組織(GPO)である一般社団法人NHA(日本ホスピタルアライアンス)
 第16回理事会
の臨みます。参加施設は2016年度の186施設から、今年度は208施設となり、上期も好業績で、今期は目標を大きく上回る通期予測となります。組織としての体制強化とさらなる加盟病院数増加とインフラの整備、魅力ある選定品のための戦略を話し合います。
b0115629_21070076.jpg
 さらに、16時からは、厚生労働省
 医療従事者の需給に関する検討会 医師需給分科会(第14回)
に出席します。医師の偏在対策の中でも、今回は主に
1)医師少数区域に勤務した経験を有する医師への評価について
2)地域における外来医療提供体制について

の重点審議です。1)は医師少数区域で働いた医師を認定し、管理者要件やインセンティブの対象とすることに関して賛否が飛び交います。実効性のある偏在対策とするためには、強制力とインセンティブを併用する必要性を主張します。
 また、これに関連する2)では、外来医療(開業)規制について議論します。地域医療構想と同様に国が作成した患者予測や他院の状況などのデータセットを共有することで話し合うのか病床規制のような規制をかけるのかでも賛否です。認可ではなく届け出による自由開業性は憲法で保障されているものの、保険医等で規制できないものか主張します。
b0115629_21070153.jpg

by dr-kanno | 2017-11-08 21:13 | 医療経営のこと | Comments(0)

重症度、医療・看護必要度のDPCデータによる置き換え議論~第11回入院医療等の調査・評価分科会

 ようやく色づき始めた日比谷公園の木々です。今日も、その奥で打ち合わせの後、
b0115629_17132400.jpg
 青山の国際医療福祉大学大学院東京青山キャンパスサテライトにて
 「プラットフォーム研究会」設立総会
なる会にオブザーバーです。記念講演会に、鈴木厚生労働省医務技監、江崎経済産業省政策調整官、そして発起人の高橋国際医療福祉大学院教授のお話が続きます。
 主にベンダー企業の皆さんが集まり、医療介護の情報をつなげる意義と問題点のお話です。必要な情報をいかに手間を最小化してシンプルなデータを集めるかが鍵のようです。そういった意味で、恵寿が9月から始めたPHR、カルテコの仕組みの今後の拡張に多くのヒントをいただきました。
b0115629_17132486.jpg
b0115629_17132402.jpg
 その後、17:30より、TKP赤坂駅カンファレンスセンターを会場に
 平成29年度第11回入院医療等の調査・評価分科会
に参加します。今回も完全ペーパレス会議です。今回は
1.特定集中治療室等の重症度、医療・看護必要度
2.一般病棟の重症度、医療・看護必要度
3.救急医療管理加算
4.短期滞在手術等基本料

を議論します。救命救急入院料、脳卒中ケアユニットで、重症度、医療・看護必要度基準の全ての分類での実施や集中治療室入院料に生理学的指標に基づく項目追加の方向性では、救急患者の多様性を鑑み、慎重な対応を求めます。
 一般病棟の重症度、医療・看護必要度のDPCデータによる置き換え議論は、意見百出です。その方向性を肯定しながら、1対1での対応を求めることよりも、改めて「重症患者」とは定義すべきことを主張します。医療課長からは、両者の検討でどういう違いがあるのか、どこに改善すべき点があるのかを調査し、中医協総会に出したい旨の話があります。

by dr-kanno | 2017-11-02 22:03 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

医師偏在対策と医師臨床研修必須科目の追加の方向へ

 少し色づた街路樹越しに、この1か月で大きな波が起こった国会議事堂を眺めます。そして、参議院議員会館に伺い、仲間が集まります。そして、私にとってちょうど1か月前に自民党本部の玄関で衆議院議員選挙への出馬をお聞きした安藤たかお先生も晴れて自由民主党東京比例区で当選です。
b0115629_23021890.jpg
 万歳とケーキでお祝いです。
b0115629_23021973.jpg
 その後、雨の中、厚生労働省に移動します。まずは、14時から
 医療従事者の需給に関する検討会 医師需給分科会(第13回)
資料(厚生労働省ホームページ)へリンク
に出席します。今回は医師養成過程における地域での医師確保について議論です。特に、医学部、臨床研修、専門医について偏在対策を中心に意見を交わします。
 これまで30年にわたって医師需給問題を論議しているにもかかわらず、抜本的解決に結びつかないことを問題視する意見や、そもそもプロフェッショナルオートノミーは職能団体による罰則等自浄作用が働く必要があることなどの意見が出ます。
 その中で、地域枠学生に対しての特別マッチング枠の設定案に対して、平等性の観点から異を唱え、地域枠学生がアンマッチしないようこまめに調整、フォローするのは、奨学金などを提供する都道府県であるべきと主張します。
 また、専門医に絡み地域で診療科ごとの医師の需給を明確化することに対して、基本的に賛成しながら、公共サービスとしてのミニマム要件を設定することを唱えます。
b0115629_23021915.jpg
 その後、16時30分から、同じく省内で
 第16回 医師臨床研修制度の到達目標・評価の在り方に関するワーキンググループ
に出席します。ここでは、資料1-1にある臨床研修の到達目標、方略及び評価の中で、実務研修の方略(案)として、内科、救急、地域医療、外科、小児科、産婦人科、精神科及び外来を必修分野とすることで合意します。外科、小児科、産婦人科、精神科が復活です!そして、これからの地域包括ケア、プライマリケアを考えて外来研修も追加です!
 この方略の詳細について、たっぷり2時間にわたり議論します。
b0115629_23021960.jpg

by dr-kanno | 2017-10-25 23:57 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

時代が変わる、地域が変わる、そして価値観が変わる

 台風一過、秋の青空が広がります。澄んだ青空の中に、出勤時の同じ時間に同じ航路をとる北米発中国に向かうFEDEX便の白い機体が、今日は近く見られます。
b0115629_19072518.jpg
 午後には、街路樹の紅葉が美しくなった石川県庁です。ここで、某事業に対しての指定管理者の公募にかかる選定委員会からのヒアリングに理事長として参加です。時代が変わる、地域が変わる、そして価値観が変わる中での思いを語ります。
b0115629_19072617.jpg
 空気が澄んだ夜の恵寿です。
b0115629_19153538.jpg

by dr-kanno | 2017-10-24 19:16 | 地域医療 | Comments(0)

がん診療提供体制のあり方や入院医療等の調査・評価分科会

 朝の病院業務の後、急ぎ、秋も深まり気温が下がる霞が関です。13時から厚生労働省会議室
 第10回 がん診療提供体制のあり方に関する検討会
に参加します。今回は、
(1)がんゲノム医療の提供体制について
(2)既指定のがん診療連携拠点病院等の指定期限について
(3)今後のがん診療連携拠点病院等の指定要件の議論について

の銀論です。パブコメも終えた第3期がん対策推進基本計画策定に向けた議論となります。今回の基本計画の目玉としてがんゲノム医療があげられます。がん対策の均てん化と集約化の議論の中で、新たに人材育成機能、診療支援、治験・先進医療主導、研究開発を目的とするがんゲノム医療中核拠点病院がんゲノム医療連携病院の要件について議論します。中核拠点病院を全国で12か所程度に集約する方向性が示されます。
 また、がん診療連携拠点病院等の指定要件病院機能評価やISOなどの第三者評価の必要性を主張します。
b0115629_18142532.jpg
 さらに、15時からは会場を同じ厚生労働省の講堂に移して、
 中央社会保険医療協議会診療報酬調査専門組織
 第10回 入院医療等の調査・評価分科会
に参加します。今回もペーパーレスで厚労省からタブレット端末が会議中に貸与されます。議題は、次期診療報酬改定の基礎調査資料を見ながら
1.短期滞在手術等基本料について
2.救急医療管理加算について
3.慢性期の病棟におけるデータ提出項目について
4.入院時の食事療養に係る給付に関する調査結果(速報)の概要について

の議論となります。
 短期滞在手術の追加について、入院基本料の多様性が出来高点数にばらつきを与えていることを踏まえ、慎重論が出ます。
 救急医療管理加算では、地域医療を守る2次救急病院にインセンティブをつける意味で救命救急センター並みのハードルを上げることに反対の立場をとります。
 慢性期の病棟におけるデータ提出に200床以上の病院での必須化に原則賛成するものの毎日取る医療区分との重なりを考慮することや慢性期特有の症状・状態の項目の見直しの必要性を主張します。
 最後に、入院時の食事療養に係る給付では、委託の有無にかかわらず急速に収支の悪化(赤字化)が見られたことが報告されます。消費税の問題や働き手不足中での対応を迫ります。
b0115629_18142653.jpg
 まだまだ、今日は終わりません。続いて本郷真砂坂上の医学書院へ移動します。
 月刊『病院』編集会議
に参加します。私が担当する来年5月号他の特集企画案の検討です。どの号も渾身の内容です。また、近々発行するプロモーション用のリーフレット(写真右)の内容確認です。
b0115629_21464834.jpg

by dr-kanno | 2017-10-18 22:39 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)



石川県七尾市の社会医療法人財団董仙会・恵寿総合病院(www.keiju.co.jp)理事長 神野正博のブログです。法人・病院の取り組みを紹介するとともに、地域医療や日本の医療への思いを綴ります。
カテゴリ
公職一覧
・社会福祉法人徳充会理事長
・公益社団法人全日本病院協会副会長
・一般社団法人日本社会医療法人協議会副会長
・一般社団法人日本専門医機構理事
・一般社団法人七尾市医師会監事
・七尾商工会議所副会頭
・石川県病院協会副会長
・特定非営利活動法人VHJ機構理事・VHJ研究会監事
・サービス産業生産性協議会(SPRING)幹事
・公益財団法人日本医療機能評価機構評議員、事業推進委員
・一般社団法人日本医療経営実践協会理事
・一般社団法人日本ホスピタルアライアンス理事

(委員)
【厚生労働省】医道審議会医師分科会医師臨床研修部会委員、医道審議会医師分科会医師国家試験改善検討部会委員、医道審議会保健師助産師看護師分科会看護師特定行為・研修部会委員、医師臨床研修制度到達目標・評価の在り方に関するWG委員、(中医協)診療報酬調査専門組織 入院医療等の調査・評価分科会委員、医療従事者の需給に関する検討会医師分科会委員、がん診療提供体制のあり方に関する検討会委員、認知症の人の行動・心理症状や身体合併症対応など循環型の医療介護等の提供のあり方に関する研究会委員
【内閣官房】日本版CCRC構想有識者会議委員
【石川県】石川県医療審議会委員 、医療計画推進委員会地域医療ビジョン策定部会委員、医商工連携促進協議会会員
【日本専門医機構】総合診療専門医に関する委員会委員
【四病協】総合部会員、医療安全対策委員会委員長、医療制度委員会委員 、医師の働き方検討委員
【日病協】診療報酬実務者委員会委員
【全日本病院協会】病院のあり方委員会、病院機能評価委員会、学術委員会、医療の質向上委員会、救急・防災委員会担当副会長
【日本病院会】インターネット委員会委員、災害医療対策委員会副委員長
【日本医師会】病院委員会委員
【医師臨床研修マッチング協議会】運営委員
【医学書院】月刊「病院」編集主幹

twitter
神野正博のツイート

facebook
神野正博の医療Archives

恵寿関連ホームページ
●恵寿総合病院ホームページ
●恵寿総合病院Facebookページ
●社会福祉法人徳充会ホームページ

●Medical Excellence JAPAN
●e-doctor Hospital Info
検索
最新の記事
記事ランキング
タグ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
最新のコメント
 ちなみに、この3人の中..
by トクメイ at 15:55
山本様 コメントありが..
by dr-kanno at 15:41
LEGO® SERIOU..
by イノベーションガイド山本伸 at 20:20
井上先生 ありがとうござ..
by dr-kanno at 06:30
先生、ありがとうございま..
by 新潟より参加 at 13:17
こちらこそ、声掛けありが..
by dr-kanno at 09:13
今回のミドルマネジメント..
by 新潟より参加 at 09:00
貴重な意見をありがとうご..
by dr-kanno at 08:41
いつも拝読させていただい..
by 番号15 at 09:02
Oさま。ありがとうござい..
by dr-kanno at 08:23
ダブル叙勲、誠におめでと..
by O. at 20:44
お疲れさまでした。私もゴ..
by やまのべゆうじ at 07:09
やまのべ先生 ありがとう..
by dr-kanno at 15:26
病院経営MASTER、お..
by やまのべゆうじ at 21:32
こんにちは、またブログ覗..
by ルイヴィトン 財布 at 05:47
Oさま いつもありがと..
by dr-kanno at 08:07
「GALENUS 創刊号..
by O. at 21:38
 ご承知のように医療は非..
by dr-kanno at 23:53
いつもお世話になっており..
by 矢口(金沢脳神経外科病院)です at 10:13
早く平穏な日が訪れますよ..
by starfield at 21:41
ファン
ブログジャンル
画像一覧