神野正博のよもやま話

タグ:国・県委員会 ( 275 ) タグの人気記事

緊急被ばく医療対策

午後から石川県庁です。掲示板には世界遺産取得を狙ったポスターが貼ってあります。信仰の霊峰・白山と城下町・金澤です。猫も杓子も・・・
さて、今日の目的は、
 平成20年度石川県緊急被ばく医療対策に関する検討会
に参加です。
b0115629_19241583.jpg
能登には北陸電力志賀原子力発電所があります。原子力発電所を抱える地域での被ばく医療体制作りのための会です。当院は被ばく医療機関ではありませんが、県医師会を代表しての参加です。事故発生時には、縄張り意識なく少ない地域の医療資源を最大活用すべきかと思います。除染後の、外傷や無菌治療室での治療などで当院もお手伝いできるかもしれません。
by dr-kanno | 2009-02-19 20:01 | 地域医療 | Comments(0)

報道2題~医心と憤懣本舗

b0115629_22463340.jpg隔月刊で金沢大学医学部の情報を主に広報する医療情報誌
 医心presents
 MEDICAL ART MAGAZINE No.11
 リニューアル創刊号 2009.1
が届きました。金沢大学の先進医療や医局、看護部を紹介します。その中でInterviewとして
 病院経営を聞く!
 「地域にとことん密着し、医療、介護、福祉すべての分野で面倒見のいい病院を目指す。」

ということで、私と当院の紹介です。この手の雑誌、大げさな表現になっているところが難ですが・・・(苦笑)。ありがとうございます。

b0115629_224891.jpg
          (↑の画像をクリックする拡大します。2ページ分以降は本誌参照)
そして、もうひとつ。1月16日に取材を受けた(この日のブログへリンク)関西圏だけに放映される毎日放送MBSの報道番組VOICE1月19日放映のDVDをいただきました。
同番組の中のシリーズ『憤懣本舗』
 レセプトIT化に医師が猛反発
なる特集です。開業医1,000人がレセプトオンライン化に反対して国を提訴する事を受けての番組で、どちらかというと開業医側に立った捉え方です。
 ・営業の自由を保障した憲法に違反
 ・開業医の引退で医療崩壊を加速
???という理由だそうです。
b0115629_22372826.jpg
日本医師会や京都府保険医協会のアンケートを紹介します。
b0115629_22375818.jpg
そこで国側の意見ということで・・・
b0115629_2244526.jpg
私なのです。どうも厚生労働省へ取材に行ってもコメントしてもらえなかったらしい・・・。内閣府IT新改革戦略医療評価委員会委員という国側の立場での発言です。膨大な紙の無駄、審査業務の人と時間の無駄、健康政策作成の過程でデータのなさからくる無策・混乱。これら無駄を省き、本来の現場医療に費用を投入するべきとお話しましたが・・・。
                番組の内容:毎日放送ホームページへリンク
by dr-kanno | 2009-01-31 22:50 | 医療経営のこと | Comments(0)

第6回医療評価委員会とお客様満足

いきなりですが、今日の日経産業新聞朝刊ビジネススキル面です。成功事例(?!)かどうか分かりませんが、、、
 IT投資
に係る記事です。ありがとうございます。
b0115629_2355277.jpg

         (↑の画像をクリックすると拡大します)

さて、今朝は霞ヶ関のコモンゲートとモダンな命名の中央合同庁舎7号館です。このメインタワーの低層階は金融庁をはじめ国の施設。高層階は賃貸ビルです。ここには、昨年社会保障国民会議の委員として来訪以来2回目です。共用会議室で、内閣官房のIT新改革戦略会議
 2008年度 第6回医療評価委員会
に委員として参加です。
b0115629_2352464.jpg
特に厚生労働省から示された
平成20年度医療評価委員会論点整理に対する見解
1.電子点数表の見直し
 ・電子点数表研究会について
2.審査業務におけるBPR
 ・DPCレセプト提出時における包括部分に係る診療行為内容の添付について
3.医療再生に向けたITの活用
 ・離職者防止・再就業支援のための取組みの現状
4.全国規模での健康情報の分析・活用
 ・レセプト情報・特定健診等情報データベースについて

について意見陳述です。特に、DPC対象病院でこの1月分レセプトから、従来の医療の質にかかわるE・Fファイルに加えて、出来高請求用の情報を新たにコーディングデータと称して提出する事になっています。病院の事務負荷が増加してしてしまう制度改変には前回のこの会議でいかがなものかと言った意見を述べました。しかし、中医協で決まったことなので仕方がありません。ここで、このコーディングデータをアップコーディングなどといった不正請求の摘発に使うのは当然とするものの、質改善の努力や経費削減努力など経営改善を行った医療機関に対して係数の低減などに利用しないよう意見を述べさせてもらいました。

そして急ぎ帰郷です。上高地や穂高連峰(写真左)を見るとあっという間に富山平野、そしてその向こうに七尾湾から能登半島がかすかに望めます。
b0115629_2342092.jpg
小松空港から金沢に移動し、金沢赤十字病院です。昨年就任した旧知の西村元一副院長の依頼で、同院職員向けに
 お客様満足を高めるサービスを考える
という演題で、聴衆の皆さんと供にサービスを考えてみました。
b0115629_2334666.jpg
高齢化時代に必要なのはアフターサービス、あるいはサービスは不確実なモノだからこそ見える化などといったテーマでお話させていただきました。
by dr-kanno | 2009-01-29 23:07 | 医療とIT | Comments(0)

持続可能な社会保障構築とその安定財源確保に向けた「中期プログラム」

年末年始は日本海側大雪などといった予報が出ていましたが、結局当地は大きな雪も降らず穏やかな正月でした。
病院の裏側の西宮神社も昨年は能登半島地震で倒壊した鳥居などを修復し、落ち着いた正月を迎えています。今年もよろしくお願いしますで、パチパチ。
b0115629_186188.jpg
今日は日曜日にもかかわらず、別館研修センターでは、
 AHA認定 BLSインストラクターコース
を7人のけいじゅパートナーズ心臓血管センターのナースたちが受講しています。講師として、福井県済生会病院・臨床指導部長でADRI JAPAN代表理事、AHA-ACLSセンター長竹越靖夫先生にお越しいただきました。BLSのインストラクターを増やすことでこれから病院全体でBLS認定者を増やすことを図ります。
正月、しかも日曜日にかかわらずありがたいことです。
b0115629_1873314.jpg
AHA:American Heart Association、BLS:Basic Life Support、ACLS:Advanced Cardiovascular Life Support

また、年末年始の郵便を整理していると、、、内閣官房からの手紙です。12月26日に発送されています。
その中身は、12月24日に閣議決定された
 持続可能な社会保障構築とその安定財源確保に向けた「中期プログラム」
です。私が委員として参加した「社会保障国民会議中間報告」及び「同会議最終報告」に描かれた姿を基に作成した
 社会保障の機能強化の工程表
が載っています。社会保障国民会議においてあるべき姿を示しました。そして、批判の多かった財源論不在に対して消費税を主要な財源とした中負担中福祉を謳っています。
なぜ、今こんなときに消費税の話?!という論調が多いと思いますが、真剣にこの国の社会保障のあり方を考えるならばこのプログラムを熟読し、その上で議論すべきと思います。
       参照:官邸ホームページ「中期プログラム」(平成20年12月24日閣議決定)
b0115629_18214790.jpg
                     (↑の画像をクリックすると拡大します)
この手紙によれば、社会保障国民会議は12月26日廃止、これに代わって『社会保障改革推進懇談会』なるものが官邸に設置されるようですね。ただ、政権の行方がリンクしますので・・・
by dr-kanno | 2009-01-04 18:38 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

平成20年度 第1回医療ポジティブ評価システムWG

昨日降ったわずかばかりの雪もそれが溶けた水溜りも凍りつくさむ~い朝でした。
b0115629_18491130.jpg
今日は、クリスマスイヴ。街はクリスマスの飾り付けやイルミネーションで華やかです。
b0115629_18494741.jpg
誰ですか!こんな日に会議を開くのは!能登空港から、品川イーストワンタワー会議室へ急行です。
 平成20年度 第1回医療ポジティブ評価システムWG
に召集されました。経済産業省の関連団体で、昨年7月に創設したサービス産業生産性協議会の専門委員会の一つである品質・認証委員会の1ワーキンググループという位置付けです。
b0115629_18573841.jpg
日本の発展のために、GDPの70%、就労者の70%を占めるサービス産業の生産性向上を図る中で、その一翼を担う医療分野での生産性、すなわち付加価値や満足度を上げるために利用者による評価システムの立ち上げを目的にしています。サービスの4つの特徴(同時性、無形性、変動性、情報の非対称性)を見える化しポジティブ評価(格付け)の指標を公正に、かつ透明性を持って設定することになりそうです。
委員に当院を含めて全国から7つの病院の代表のほか、学識経験者、消費生活専門相談員、さらにオブザーバーとして経済産業省商務情報政策局の方々が入っています。年度末までに評価項目を検討するというタイトな会になりそうです(涙)。
by dr-kanno | 2008-12-24 19:04 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

社会医療法人の固定資産税非課税と医療評価委員会

 社会医療法人の固定資産税が非課税に <自民・税調小委> 
 自民党の税制調査会小委員会(柳澤伯夫小委員長)は11日、2009年度税制改正要望として挙がっている項目のうち、これまでの小委員会で「検討し、後日報告する」に振り分けていた項目の結論を出した。厚生労働関係では、社会医療法人が運営する病院・診療所の非課税措置創設を了承した。社会医療法人が運営する医療機関に課せられる固定資産税や都市計画税、不動産取得税が非課税となる。(Japan Medicineより)

ということです。すでに決まっている法人税の非課税と共に、これで少しづつ公的病院と医療法人病院のイコールフッティングが進んだように思います。

当院も11月1日から社会医療法人となっていますが、それを記念し、また職員の意識を高めるために、胸につくマークは
b0115629_13155782.jpg
鳩マーク当法人のマークを襟章に作りました!

さて、当地のイチョウはすでに枝だけですが、東京では、ようやく黄色くなったばかりです。今日は麻布十番から二の橋へ、そして警戒厳重な政府の三田共用会議所です。
b0115629_132291.jpg
お隣の部屋の、日米二国間協力実務者会議なるものも興味津々でしたが、、、
 内閣府IT新改革戦略評価専門調査会 平成20年度第5回 医療評価委員会
に出席です。
b0115629_13301120.jpg
国領座長が、17日に評価専門調査会へ論点提出にあたっての、過去4回の論点の整理でした。キーワードとして、レセプトオンライン化、電子点数表、審査・請求業務のBPR、社会保障カード、EHR、地域医療連携、遠隔医療、医療情報に関するガイドラインなどが挙げられ、厚生労働省、経済産業省、総務省などの事業や計画にITの立場からの評価・提言を行います。今回は、これら論議に加えて、医療従事者の業務の見直しに必要なITについても論議し、その中で女性医師に対する支援という新しい視点も出てまいりました。
by dr-kanno | 2008-12-12 13:33 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

第4回医療評価委員会とコンフリクト・マネジメント

昨日夜東京入りし、本朝は九段下、北の丸公園から千鳥ヶ淵です。
3月にはここで満開のを見ました(リンク)。そして今回は紅葉です。また、都心で見るサルノコシカケに驚きです(写真右)。
b0115629_22292778.jpg
今回の目的は、この千鳥ヶ淵沿いの、政府の三番町共用会議所にて内閣府の
 IT新改革戦略評価専門調査会 平成20年度・第4回医療評価委員会
に出席です。
b0115629_2230444.jpg
厚生労働省、総務省、経済産業省の担当官の出席の上、
1.第2回評価専門調査会における医療評価委員会活動報告に対するコメント
2.遠隔医療の推進方策に関する懇談会中間取りまとめ及び今後の活動について
3.地上デジタル放送公共アプリケーションパイロット事業概要
4.医薬品の添付文書に記載する病名の標準化
5.全国規模での健康情報の分析・活用
6.「公共ネットワークを活用した医療機関連携等について必要なシステムの要件整理及び標準化」について
7.医療情報システムに関連する各種ガイドライン等の概要及び関係性
につき協議でした。私の方から、
遠隔医療でD2P(Doctor to Patient)はあくまでも医療圏単位、D2Dは遠方ありであり、その他にD2Nsなどパラメディカルとの連携をキーワードにすべきこと、さらにすべてICTではなく、コールセンターなど補完手段も組み入れる必要性
地上デジタル放送公共アプリケーションではコンテンツの重要性と、少ない予算で可能なインターネットオンデマンド配信との違いをはっきりさせること
全国規模での健康情報の分析・活用でデジタル情報として収集するレセプトオンライン化の費用対効果を明らかにする必要性
公共ネットワークを活用した医療機関連携の具体例として総務省から示されたEHRに自治体が行うべき検診データ収集のために患者・利用者の突合せのための一元管理を三省間で考えること
などを進言させてもらいました。

そして、急ぎ七尾に帰り、七尾美術館アートホールにて
 医療安全管理セミナー
に出席です。この会は当院の医療安全管理委員会が主催し、能登地区の各病院からも多数、医療安全にかかわる職員が出席します。
今回の講演は
 メディカル・コンフリクト・マネジメントの提案
  福井総合病院 医療安全対策部長 林 里都子 氏
(写真中)
です。
b0115629_2247154.jpg
ADRに必要な医療メディエーションの概念と、メディエーターの役割、さらにその技法について約1時間30分にわたり熱心に講演でした。聞く技術(Position)、争点をまとめる技術(Issue)、本質を探る技術(Interest)の必要性と何よりも人の話を聞く熱意の必要性を感じました。講演後の質問コーナーでは、今週当院に来院中の、ミシガン大学家庭医療学科の藤岡洋介先生(右写真の右)や山本 達院長から質問をいただきました。
by dr-kanno | 2008-11-14 22:00 | 医療とIT | Comments(0)

石川県生活習慣病検診等管理指導協議会胃がん部会

寒くなってきました。今日は曇りの天気予報でしたが、朝から青空です。
b0115629_22261450.jpg
しかも、寒いおかげか空気がクリアでした。恵寿鳩ヶ丘病院から見える能登の山々はまさに錦秋です。
b0115629_22253216.jpg
夕方17時から、薄暗くなった金沢は、石川県庁です。ここで
 石川県生活習慣病検診等管理指導協議会 胃がん部会
に副部会長として出席です。
b0115629_22381227.jpg
国のがん対策推進基本計画(平成19年6月閣議決定)で以下のようにがん対策推進のための2大目標が示されています。
 1.がん検診の受診率を5年以内に50%以上にする
 2.すべての市町村において精度管理・事業評価を実施する
これを受けて3月には今後の我が国におけるがん検診事業評価の在り方について」(厚生労働省ホームページへリンク)が出され、さらに「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針について」(健康局長通知)ならびに「健康診査管理指導等事業実施のための指針について」(健康局総務課長通知)を根拠として都道府県にその内容の実施を求めているのです。
この中の胃がんに関しての対応策と現状の検診状況について検討しました。特に、求められる発見胃がんの予後調査などで、がん登録と死亡登録との突合せ~検診データや特定検診データとの突合せに多くの労力が必要で、省力化と公衆衛生のためにIT化の余地、すなわち社会保障カードの利用による同一IDによる管理の必要性を感じたのでした。
by dr-kanno | 2008-11-10 22:39 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

選択と集中~第8回社会保障国民会議サービス保障分化会(最終回)

今日は朝から当法人の15年目職員研修でした。15年のご褒美としてお食事会もあるので、場所は市内の料理店・番伊です。
まだ新人と思っていた職員が15年目で驚き、ベテランだと思っていた職員がまた15年目で驚きました(笑)。選択と集中の時代にあって、これから董仙会が力を発揮するために15年間の知恵と経験を活かして欲しいというお話をさせてもらいました。
b0115629_2059971.jpg
そして、能登空港で空の日を記念した小学生の作品展を眺め、結構ディテールの詳細さに唸りながら、急ぎ上京です。
b0115629_2102688.jpg
街はハロウィンの飾りつけとしっとりとした雨模様です。
b0115629_2115128.jpg
主が代わった首相官邸裏手にある例の秘密基地(?)内閣府別館(写真左)で
 第8回社会保障国民会議サービス保障分化会(最終回)
に出席です。
注目されている政府による2025年の医療・介護の姿を予想し、そこにかかる費用のシミュレーションです。最終報告書に向けた最後の議論でした。さすが最後とあって報道陣も多数です。
b0115629_2145913.jpg
・崩壊に瀕している日本の医療・介護に対して国民が安心できるあるべき姿
・あるべき姿を実行するためのお金(単価)の根拠

の2点からの議論になります。
日本の病床・施設・在宅医療介護をメリハリを持った選択と集中を行った改革ケースでは2025年に対GDP比 11.7~12.9%、上げ幅は消費税4%相当、人員1.7~1.8倍(680万人)という数字が示されます。このような数字が出されたのはわが国ではじめてです。
全員が選択と集中、大胆な改革の必要性を合意して、最終報告書に思いを委ねることとしました。
これからの日本の医療・介護のあり方を中枢で議論する経験を与えていただき、ありがたく、かつ誇りに思います。ありがとうございます。
                     社会保障国民会議のホームページへリンク
                     医療・介護のシミュレーション結果へリンク
by dr-kanno | 2008-10-23 21:07 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

主張~レセプトオンライン化を考える

21日付けのオンラインニュースに当院の社会医療法人化が出ています。9番目だったのでしょうかね。
 石川県の董仙会、11月から社会医療法人に (リンク)

さてレセプトとは健康保険の保険者に医療機関が出す詳細な請求書です。2011年までにすべての医療機関や調剤薬局はオンラインで請求することが決まっています。
10月22日の三師会(日本医師会、日本歯科医師会、日本薬剤師会)合同記者会見(リンク)レセプトオンライン請求の完全義務化撤廃を求める共同声明(リンク先はPDF) が出されました。
いわく、
 地域医療が危機的状況にあるなか、国は効率化の名のもと一方的に医療費の削減を押しつける目的で、レセプトオンライン請求の完全義務化を強引に推進しようとしている。本来、医療におけるITの活用は、医療の質の向上、医療の安全に資するものでなくてはならない。ところが国は、これらに鑑みることなくレセプト請求を例外なくオンラインに限定し、医療機関等に新たな投資と負担を強いようとしている。この施策は、ITを活用することで国民や医療現場により良い医療や環境を提供しようとするものではなく、強引に行う必然性はまったくない。
 このままレセプトオンライン請求の完全義務化が進められれば、地域に根ざして医療を担ってきた医療機関等を撤退に追い込み、地域医療崩壊に拍車をかけることは明らかである。事実、日本医師会が行った調査によれば、医科では8.6%もの医療機関がこのままでは廃院するしかないと回答している。この危機感は、歯科、調剤も例外ではない。
である。
              根拠となる「レセプトオンライン化日医調査」へリンク

10月2日に開催され、私が委員として参加した第3回IT新改革戦略評価専門調査会・医療評価委員会(官邸ホームページへリンク)の議事録です。
<神野構成員>
○ レセプトオンライン化に伴い、医療機関や審査支払機関の事務処理経費がどの程度削減されるかについて、シミュレーションを行い金額として削減効果を示すことにより、国民や政治家を味方につけることができるのではないか。既に試算された数字はあるのか。
(厚生労働省保険局保険課)<今井>
 今年3月に社会保険診療報酬支払基金が公表した資料によれば、社会保険診療報酬支払基金の費用は平成19年度から23年度までに、55億円減少すると見込んでいる。医療機関側のコストについては把握していない。
<神野構成員>
○いくつか抽出した一部の医療機関で調査されることで、審査支払機関の削減額と医療機関側の削減額をあわせて、その削減分が今度は別の医療の質の向上につながるということが一番ロジカルであるので、是非調査してほしい。

ITの時代に手書きの紙で請求云々がまだ議論されている前時代的な世界はここだけではないでしょうか?本気でIT化によって廃業する医院はあるのでしょうか?高齢の医院での請求業務は院長自らやっているのでしょうか?
支払い基金や医療機関側における効率化で経費が減少し、その効果は55億円にとどまらないはずです。それを医療費本体に使えばと考えるの私だけでしょうか?
by dr-kanno | 2008-10-23 08:08 | 医療とIT | Comments(0)



石川県七尾市の社会医療法人財団董仙会・恵寿総合病院(www.keiju.co.jp)理事長 神野正博のブログです。法人・病院の取り組みを紹介するとともに、地域医療や日本の医療への思いを綴ります。
カテゴリ
公職一覧
・社会福祉法人徳充会理事長
・公益社団法人全日本病院協会副会長
・一般社団法人日本社会医療法人協議会副会長
・一般社団法人日本専門医機構理事
・一般社団法人七尾市医師会監事
・七尾商工会議所副会頭
・石川県病院協会副会長
・特定非営利活動法人VHJ機構理事・VHJ研究会監事
・サービス産業生産性協議会(SPRING)幹事
・公益財団法人日本医療機能評価機構評議員、事業推進委員
・一般社団法人日本医療経営実践協会理事
・一般社団法人日本ホスピタルアライアンス理事

(委員)
【厚生労働省】医道審議会医師分科会医師臨床研修部会委員、医道審議会医師分科会医師国家試験改善検討部会委員、医道審議会保健師助産師看護師分科会看護師特定行為・研修部会委員、医師臨床研修制度到達目標・評価の在り方に関するWG委員、(中医協)診療報酬調査専門組織 入院医療等の調査・評価分科会委員、医療従事者の需給に関する検討会医師分科会委員、がん診療提供体制のあり方に関する検討会委員、認知症の人の行動・心理症状や身体合併症対応など循環型の医療介護等の提供のあり方に関する研究会委員
【内閣官房】日本版CCRC構想有識者会議委員
【石川県】石川県医療審議会委員 、医療計画推進委員会地域医療ビジョン策定部会委員、医商工連携促進協議会会員
【日本専門医機構】総合診療専門医に関する委員会委員
【四病協】総合部会員、医療安全対策委員会委員長、医療制度委員会委員 、医師の働き方検討委員
【日病協】診療報酬実務者委員会委員
【全日本病院協会】病院のあり方委員会、病院機能評価委員会、学術委員会、医療の質向上委員会、救急・防災委員会担当副会長
【日本病院会】インターネット委員会委員、災害医療対策委員会副委員長
【日本医師会】病院委員会委員
【医師臨床研修マッチング協議会】運営委員
【医学書院】月刊「病院」編集主幹

twitter
神野正博のツイート

facebook
神野正博の医療Archives

恵寿関連ホームページ
●恵寿総合病院ホームページ
●恵寿総合病院Facebookページ
●社会福祉法人徳充会ホームページ

●Medical Excellence JAPAN
●e-doctor Hospital Info
検索
最新の記事
記事ランキング
タグ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
最新のコメント
 ちなみに、この3人の中..
by トクメイ at 15:55
山本様 コメントありが..
by dr-kanno at 15:41
LEGO® SERIOU..
by イノベーションガイド山本伸 at 20:20
井上先生 ありがとうござ..
by dr-kanno at 06:30
先生、ありがとうございま..
by 新潟より参加 at 13:17
こちらこそ、声掛けありが..
by dr-kanno at 09:13
今回のミドルマネジメント..
by 新潟より参加 at 09:00
貴重な意見をありがとうご..
by dr-kanno at 08:41
いつも拝読させていただい..
by 番号15 at 09:02
Oさま。ありがとうござい..
by dr-kanno at 08:23
ダブル叙勲、誠におめでと..
by O. at 20:44
お疲れさまでした。私もゴ..
by やまのべゆうじ at 07:09
やまのべ先生 ありがとう..
by dr-kanno at 15:26
病院経営MASTER、お..
by やまのべゆうじ at 21:32
こんにちは、またブログ覗..
by ルイヴィトン 財布 at 05:47
Oさま いつもありがと..
by dr-kanno at 08:07
「GALENUS 創刊号..
by O. at 21:38
 ご承知のように医療は非..
by dr-kanno at 23:53
いつもお世話になっており..
by 矢口(金沢脳神経外科病院)です at 10:13
早く平穏な日が訪れますよ..
by starfield at 21:41
ファン
ブログジャンル
画像一覧