神野正博のよもやま話

タグ:病院団体・医師会 ( 781 ) タグの人気記事

勤務医部会総会

b0115629_22392426.jpg
今日も吹雪きになったかと思えば、青空が見えてきたり。そんな中、午後から金沢です。JR金沢駅東口には、鼓門ともてなしドームがあります。もてなしドームの上のガラス屋根には雪が積もり、薄暗くなっています。あの雪落ちてこないのか知らん・・・(写真右)

今日の目的は、
 第16回石川県医師会勤務医部会総会
です。私の役回りは、司会です。。。
b0115629_22454598.jpg
松本忠美部会長(金沢医科大学教授)の挨拶の後、総会議事です。「疲弊している」勤務医が、今こそ医師会に、そして国に声を上げるべきだと強調します(写真左)。
つい最近まで国の医療職に関する基本的認識は、医師過剰であるという認識でした。それが新臨床研修制度の開始と共に偏在による医師数格差の存在という認識に変化したと思います。そして、昨年舛添厚生労働大臣の口を通して、産科・小児科をはじめとした(勤務)医師不足という認識に転じました。その後、今年2月12日には、民主党議員の質問に対して、医師の現状について「総数としても充足している状況にはないと認識している」とついに全国的な医師不足を認める答弁書を閣議決定したのです。
まさに、追い風!今勤務医が声を出すときでしょう。

そして、総会後の特別講演として、
1.「能登半島地震における当院の対応」と題して、最大の被災地の病院である市立輪島病院の品川 誠院長(写真右)
2.「能登半島地震の救護活動を行って」と題して、DMATとして震災当日に駆けつけた金沢赤十字病院の堀本孝士整形外科部長
でした。松本部会長の「本音を」のリクエストで、公式な会では聞けない裏話もあり大変盛り上がりました。
by dr-kanno | 2008-02-16 22:57 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

2008年度診療報酬改定速報

b0115629_12572948.jpg今日は冬型の気圧配置ということで、朝起きると白銀の世界。やはり山茶花は雪が良く会う花ですね。

さて、今日の午前に中医協が開かれ、われわれ医療機関の生命線を司る公定価格制度、2008年度の診療報酬が発表となりました。
 平成20年度診療報酬改定案の諮問・答申書関連資料(PDFで全422ページ、日本病院会ホームページ)
スピードを競ってどうという問題ではありませんが、私の調べた限り、午前10時50分過ぎにホームページにアップした日本病院会ホームページが第一位のスピードだったようです。前回は全日本病院協会ホームページの方が早かったように思いますが、今年は今現在、いまだアップされておりません。
診療報酬は、政策誘導的な側面もあり、その当事者の立場によって全く意味が異なってまいります。ただ、最初にあげたメリハリを利かせた考え方から、いろいろな団体の意見によって玉虫色になっていくのも事実のように思います。
私たちの使命Missionは地域に継続した質の高い医療を提供することです。この継続のために、経営ということも考えなければなりません。今回の改定は私たち中規模急性期病院にとって大きな変化がない、イコール苦しいままの改定であるように思います。

<23:00時追記>
厚生労働省ホームページにて正式版が出ていますね。
  中央社会保険医療協議会 総会 (第125回) 議事次第
by dr-kanno | 2008-02-13 13:03 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

勤務医部会

昨夕は風雨の中、金沢・石川県医師会館でした。
 石川県医師会勤務医部合同委員会
への出席です。
b0115629_12581366.jpg
松本忠美部会長(金沢医科大学教授)以下、勤務医を中心に25名の参加です。総会に向かっての話、予算などの話は淡々と進みましたが、やはり「その他」では、、、
勤務医の労働環境、勤務医の組織化、医師会に入る意味など議論百出でした。
この中で、勤務医があえて医師会の外に出てまで組織化する必要はあるのか?まず、医師会の中で声をあげよう!そして、県や日本医師会へ提言しよう。それでも反映されないならば、飛び出すしかない。・・・などの意見が出てきたこと、今勤務医が立ち上がるときという認識が出てきたこと、そこまで追い詰められた認識があることを医師会幹部にも伝えていかなければならないと思ったのでした。
by dr-kanno | 2008-01-31 13:01 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

開業医の再診料引き下げ見送り

27日のブログ:診療報酬改定の方向性に書いたように、大詰めを迎えた2008年度診療報酬改定の中医協における協議で、勤務医対策として「急性期病院にどれだけ上乗せするか=財源は診療所から」という考え方のもとで、診療所の再診料、外来管理加算、電子化加算、処置の際に使われた薬剤の包括化などで一定の結論が出たようです。
厚労省、開業医の再診料引き下げ見送りへ
 YOMIURI ONLINE
 asahi.com
 時事ドットコム 
 TBSニュース 
 中日新聞 
 NIKKEI NET 
 MSN産経ニュース
ただ、日本医師会の力の象徴として渦中の再診料引き下げを阻止した形ですが、その他の加算・包括化などでの引き下げで再診料引き下げで予定していた財源の一部を供出した形となったようです。

中医協、厚生労働省と医師会の名と実の駆け引きだったように思います。
by dr-kanno | 2008-01-30 14:51 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

2008年診療報酬改定の見通しと明日の時代を担う病院経営戦略

今日は冬型の気圧配置。当地は断続的な吹雪模様です。
午後は金沢で石川県医師会理事会でした。医師の団体として県民への安全な医療を確保するために、また会員医師への情報発信のために約2時間みっちりと協議、報告事項の検討です。
看護師再就業支援事業や特定健診・特定保健指導研修会、勤務医問題、麻疹撲滅キャンペーン、スギ花粉の動向(今年は予想が覆って、例年の2倍)などなど。しかし、何と言っても話題は、、、このページでも何度も情報を発信している2008年度診療報酬改定です。医師会、特に開業医にとっての関心は、再診料引き下げ、外来管理加算、電子化加算あたりです。最終答申は早ければ2 月13 日。13 日までに合意できなければ15 日の答申を目指すとのことで、それまではガセネタにも気をつけなければ行けません(笑)

そんな不確定な中にもかかわらず、今週末あたりから様々なセミナーが各地で開催され始め不安を煽ります。
以前にもご紹介しましたが、1月27日東京・永田町にて、
年頭に激変する時代を読み、的確な経営判断で更なる成長発展と地域貢献を目指して・・・
2008年診療報酬改定の見通しと明日の時代を担う病院経営戦略
~後期高齢者医療制度、特定健診・保健指導のスタートへの対応と
     医療制度改革・診療報酬改定を踏まえた経営戦略を探る~
なる講演会が保健・医療・福祉サービス研究会さんの主催で開催されます。
講師は、
 中医協 会長・診療報酬基本問題小委員会 委員長 土田武史 氏
 ヘルスケア経営研究所 代表 萩原輝久 氏
 特別医療法人董仙会 恵寿総合病院 理事長  神野正博 氏
 医療法人社団寿量会 熊本機能病院 理事長  米満弘之 氏
 医療法人財団 寿康会病院 理事長  猪口雄二 氏
などなど興味津津です!私も講師の一人!!!えらいこっちゃ・・・冷や汗です。いつも引き受けてから後悔する私です。(汗)
by dr-kanno | 2008-01-24 18:26 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

2008年度診療報酬改定の「現時点の骨子」~パブリックコメント

舛添要一厚生労働相は1月18日、中医協総会に2008年度診療報酬改定を諮問し、これを受け総会では、次期2008年度診療報酬改定の「現時点の骨子」(リンク先は日経メディカルオンライン)を了承したようです。

この中で、主に以下の争点で両論併記しているようです。
・日本医師会が猛反発している「診療所の再診料の点数引き下げ」:骨子案の段階で明記されていた「引き下げ」との文言を明記せず、「病院と診療所の格差是正について検討する」との表現:診療所を下げるか病院を上げる
・外来管理加算への「時間の概念の導入」について:「5分以上という時間の目安を設けるべきとの意見があった一方、外来管理加算は無形の技術に対する評価であり、時間のみで算定について判断すべきではないとの意見があった」と両論併記
・後期高齢者の診療報酬について、外来管理加算の診療所の点数(57点)を病院の点数(47点)に統一する方向性を示していたが、現時点の骨子では、「診療所の外来管理加算を引き下げるべきではないという意見があった」と記し、両論併記
以上の最終結論は、パブリックコメントに委ねるという。
 「平成20年度診療報酬改定に係る検討状況について(現時点の骨子)」に関するご意見の募集について
問題は誰がこのパブコメをジャッジするのであろうか?この内容は公開されるのだろうか?多数決で決めるのだろうか?…結局、パブコメによるという理由をつけて厚生労働省の方針を押し切る単なる儀式なのではないだろうかなんて疑問が沸いてきます。
いずれにせよ後で文句を言ってもしょうがないということで意見を出してみようと思います。

平成20年度診療報酬改定に係る検討状況について(現時点の骨子)」項目一覧
緊急課題 産科や小児科をはじめとする病院勤務医の負担の軽減
 項目番号内  容
 1 産科・小児科への重点評価について
 2 診療所・病院の役割分担等について
 3 病院勤務医の事務負担の軽減について
 4 救急医療対策について

Ⅰ 患者から見て分かりやすく、患者の生活の質(QOL)を高める医療を実現する視点
 項目番号内  容
 I-1 医療の内容の情報提供について
 I-2 分かりやすい診療報酬体系等について
 I-3 生活を重視した医療について
 I-4 保険薬局の機能強化について

Ⅱ 質の高い医療を効率的に提供するために医療機能の分化・連携を推進する視点
 項目番号内  容
 Ⅱ-1 質が高い効率的な入院医療の推進について
 Ⅱ-2 質の評価手法の検討について
 Ⅱ-3 医療ニーズに着目した評価について
 Ⅱ-4 在宅医療の推進について
 Ⅱ-5 精神障害者の療養生活支援について
 Ⅱ-6 歯科医療の充実について
 Ⅱ-7 調剤報酬の見直しについて

Ⅲ 我が国の医療の中で今後重点的に対応していくべきと思われる領域の評価の在り方について検討する視点
 項目番号内  容
 Ⅲ-1 がん医療の推進について
 Ⅲ-2 脳卒中対策について
 Ⅲ-3 自殺対策・子どもの心の対策について
 Ⅲ-4 医療安全の推進と新しい技術等の評価について
 Ⅲ-5 イノベーション等の評価について
 Ⅲ-6 オンライン化・IT化の促進について

Ⅳ 医療費の配分の中で効率化余地があると思われる領域の評価の在り方について検討する視点
 項目番号内  容
 Ⅳ-1 新しい技術への置換えについて
 Ⅳ-2 後発医薬品の使用促進等について
 Ⅳ-3 市場実勢価格の反映について
 Ⅳ-4 医療ニーズに着目した評価について
 Ⅳ-5 その他効率化や適正化すべき項目について

Ⅴ 後期高齢者医療制度に係る診療報酬について
 項目番号内  容
 Ⅴ-1 入院医療について
 Ⅴ-2 在宅医療について
 Ⅴ-3 外来医療について
 Ⅴ-4 終末期医療について

by dr-kanno | 2008-01-22 14:20 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

ナースセンター運営会議

17日には、金沢にある石川県看護協会看護研修センターに行ってまいりました。県医師会の代表として、平成19年度石川県ナースセンター運営会議に出席です。
このナースセンターは、「看護師等の人材確保の促進に関する法律第86号」に基づき、設置。県より看護協会への委託事業です。看護人材の確保にかかわる行政の責任の一環として設置されているようです。
人材バンク(看護職無料職業紹介所)として、そして未就業者支援・再就業支援などを中心に活動しているようです。会議では私のほかに、石川県病院協会、金沢市医師会、病院、看護学校、県行政、職安などからも出席でした。
看護をめぐる問題として
・高齢化に伴い、在宅・介護分野も含めた需要が増えてきている
・少子化等の影響により看護師養成施設の入学者が減少傾向にあることや、新たな診療報酬改定の影響により、病院における不足感が強まっている。
・医療の高度化・専門化により質の高い看護職員が求められている。
・近い将来、地域的な看護師の偏在が懸念される。
などがあげられます。

b0115629_11243099.jpg
看護師の資格取得後1年以内の早期離職が10%に達しています。この辺の離職防止と学生の思いと職場の思いのミスマッチが問題のようです。日本看護協会から発行されている看護学生に対しての「職場探しサポートブックSAGASU SUPPORT BOOK」、医療施設に対しての「職場づくりサポートブックSHOKUBA SUPPORT BOOK」も紹介されました。
看護師の卒後教育の充実を図らねばと強く思います。On the Job Training (OJT)もきちんとしたプログラム化が必要でしょう。当院では看護師の1年以内離職はほとんどありません。これからも、さらなるプリセプター制度の充実や教育プログラムの充実、ITを利用した記載作業の軽減などを推し進めようと思います。

b0115629_11392573.jpgまた、当院も参加している病院派遣型再就職支援研修事業があります。現在看護職に就いていない潜在看護師の掘り起こしのため、病院での実習を行う制度です。積極的にこの制度も活用すべきとだと思いました。

いま、医療分野だけではなく、人材需要は逼迫しています。私たちに必要なのは、いかに魅力ある職場、やりがいのある職場を作ることができるかということになると思います。
by dr-kanno | 2008-01-19 11:45 | 地域医療 | Comments(0)

医療安全調査委員会の創設

昨年末のこのブログ「北の国から」で、12月21日に自由民主党・医療紛争処理のあり方検討会から出された「診療行為に係る死因究明制度等について」に触れました。

b0115629_17564927.jpg今日は、今年初めての第19回石川県医師会理事会です。今日の協議事項、報告事項の他に、私からフリーディスカッションのテーマとしてこの医療安全調査委員会の創設についてあげさせてもらいました。「原因究明、再発防止を図り、医療関係者の責任追及を目的としたものではない」としながら、「民事手続きにおいて調査報告書は活用でき、刑事手続きに使用することをさまたがえない」点について異議を申し出ました。国土交通省の航空・鉄道事故調査委員会では、もちろん上記における民事、刑事手続きに関する一項はありません!
小森 貴・石川県医師会会長から、
1. 民事、刑事手続きに使用できる云々の文言は削除すべし。
2. 航空・鉄道事故調査委員会と同様、公表された報告を司直が使うことに関しては問題ないものの、調査委員会で収集した資料や陳述内容は司法当局には渡さないこと。したがって、司法当局は、民事・刑事手続きの際には独自で調査すべきであること。
3. 事故発生時における司法の先行は許さないこと。
の3点を確認し、本県が所属する中部医師会連合、日医に石川県医師会の意見として上申することといたしました。
b0115629_17562726.jpg

by dr-kanno | 2008-01-10 18:00 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

北の国から

昨日、小松空港より札幌に参りました。
全日本病院協会・病院のあり方委員会です。
b0115629_1252577.jpg
委員の日程調整で年末はこの日にしかもう空いていないということで、御用納めの後での会合となりました。

平成19年12月21日に自民党・医療紛争処理のあり方検討会から
 診療行為に係る死因究明制度等について
           (全文は西島英利参議院議員ホームページ参照
が出されています。法制化に向けて進んでいくようです。
航空機事故調査委員会のような「医療事故調査委員会」(医療事故調)を作ろうとしています。
しかしながら、医療事故の原因を究明し再発防止を図るという趣旨、委員会は、医療関係者の責任追及を目的としたものではないとしながらも、調査チームに医療の専門家を中心に、法律関係者、患者・遺族の立場を代表する者等の参画を得て構成します。
その上、
民事手続においても、委員会の調査報告書は活用できることとする。
・委員会の調査報告書は、刑事手続に使用することを妨げない。
ということで、再発防止を謳いながらも有責判断、訴追に利用するという制度なのです!まるで、ロシア内務省のようです。
あくまでも、再発防止ならば、このような訴追に使う制度はありえません。事故調査委員会にとても怖くて届けることはできませんし、また医療の萎縮、医療崩壊につながってしまうような気がしてなりません。

午後13:10千歳発で七尾に帰ってきました。暖かい日差しの北海道とは裏腹に、北風が強い北陸でした。
by dr-kanno | 2007-12-30 12:53 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

メリークリスマス

メリークリスマス
b0115629_15564213.jpg
21日、22日には東京で3つの会合に出席してまいりました。夜は忘年会シーズンに加えて、恋人たちのクリスマス!日本の経済は、まだまだ伸び盛りとでもいえそうに、多くの人でごった返していました。ただ、昼間の繁華街には中国人が目立つのも最近のトレンドかもしれません。

VHJ研究会では、今後のこの会のあり方を議論。その後医学書院の月刊「病院」編集会議では、人材不足と特定健診・保健指導に関する特集テーマで議論です。翌日の全日本病院協会の病院のあり方委員会(写真左)では、終末期医療のガイドラインの取りまとめに関する報告と一般国民向けの日本の医療のあり方提言書の最終の構成検討でした。クリスマス前の金曜の夜、土曜の夜とゴールデンタイムですが、まじめに議論する医療関係者でした(笑)。昨今、医療崩壊などと先は暗いようにも見えますが、日本の医療にまだまだ希望がある、変えなければならないと真剣に議論したのでした!
b0115629_1693153.jpg
移動中の丸の内の街路で見つけた狂い咲きしたがとても新鮮でした。
by dr-kanno | 2007-12-24 16:10 | 日記もどき | Comments(0)



石川県七尾市の社会医療法人財団董仙会・恵寿総合病院(www.keiju.co.jp)理事長 神野正博のブログです。法人・病院の取り組みを紹介するとともに、地域医療や日本の医療への思いを綴ります。
カテゴリ
公職一覧
・社会福祉法人徳充会理事長
・公益社団法人全日本病院協会副会長
・一般社団法人日本社会医療法人協議会副会長
・一般社団法人日本専門医機構理事
・一般社団法人七尾市医師会監事
・七尾商工会議所副会頭
・石川県病院協会副会長
・特定非営利活動法人VHJ機構理事・VHJ研究会監事
・公益財団法人日本医療機能評価機構評議員、事業推進委員
・一般社団法人日本医療経営実践協会理事
・一般社団法人日本ホスピタルアライアンス理事

(委員)
【厚生労働省】医道審議会医師分科会医師臨床研修部会委員、医道審議会医師分科会医師国家試験改善検討部会委員、医道審議会保健師助産師看護師分科会看護師特定行為・研修部会委員、医師臨床研修制度到達目標・評価の在り方に関するWG委員、(中医協)診療報酬調査専門組織 入院医療等の調査・評価分科会委員、医療従事者の需給に関する検討会医師分科会委員、がん診療提供体制のあり方に関する検討会委員、認知症の人の行動・心理症状や身体合併症対応など循環型の医療介護等の提供のあり方に関する研究会委員
【内閣官房】日本版CCRC構想有識者会議委員
【石川県】石川県医療審議会委員 、医療計画推進委員会地域医療ビジョン策定部会委員、医商工連携促進協議会会員
【日本専門医機構】総合診療専門医に関する委員会委員
【四病協】総合部会員、医療安全対策委員会委員長、医療制度委員会委員
【日病協】診療報酬実務者委員会委員
【全日本病院協会】病院のあり方委員会、病院機能評価委員会、学術委員会、医療の質向上委員会、救急・防災委員会担当副会長
【日本病院会】インターネット委員会委員、災害医療対策委員会副委員長
【日本医師会】病院委員会委員
【石川県医師会】代議員、財政検討委員会委員、選挙制度検討委員会委員
【医師臨床研修マッチング協議会】運営委員
【医学書院】月刊「病院」編集主幹

twitter
神野正博のツイート

facebook
神野正博の医療Archives

恵寿関連ホームページ
●恵寿総合病院ホームページ
●恵寿総合病院Facebookページ
●社会福祉法人徳充会ホームページ

●Medical Excellence JAPAN
●e-doctor Hospital Info
検索
最新の記事
記事ランキング
タグ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
最新のコメント
 ちなみに、この3人の中..
by トクメイ at 15:55
山本様 コメントありが..
by dr-kanno at 15:41
LEGO® SERIOU..
by イノベーションガイド山本伸 at 20:20
井上先生 ありがとうござ..
by dr-kanno at 06:30
先生、ありがとうございま..
by 新潟より参加 at 13:17
こちらこそ、声掛けありが..
by dr-kanno at 09:13
今回のミドルマネジメント..
by 新潟より参加 at 09:00
貴重な意見をありがとうご..
by dr-kanno at 08:41
いつも拝読させていただい..
by 番号15 at 09:02
Oさま。ありがとうござい..
by dr-kanno at 08:23
ダブル叙勲、誠におめでと..
by O. at 20:44
お疲れさまでした。私もゴ..
by やまのべゆうじ at 07:09
やまのべ先生 ありがとう..
by dr-kanno at 15:26
病院経営MASTER、お..
by やまのべゆうじ at 21:32
こんにちは、またブログ覗..
by ルイヴィトン 財布 at 05:47
Oさま いつもありがと..
by dr-kanno at 08:07
「GALENUS 創刊号..
by O. at 21:38
 ご承知のように医療は非..
by dr-kanno at 23:53
いつもお世話になっており..
by 矢口(金沢脳神経外科病院)です at 10:13
早く平穏な日が訪れますよ..
by starfield at 21:41
ファン
ブログジャンル
画像一覧