神野正博のよもやま話

タグ:診療報酬改定 ( 95 ) タグの人気記事

地域医療構想の行方~石川県病院協会

 晴れてはいるのものの冷たい風が吹く七尾からJRで金沢に向かいます。相変わらず、金沢は日本人、外国人とも多くの観光客です。
b0115629_20253339.jpg
 観光客に人気の東山・ひがし茶屋街、橋場町近くの金城楼にて
 石川県病院協会 第3回理事会
の臨みます。今回は、各種医療提供体制に関わる報告、協議の他に石川県庁より担当官に参加いただき、
石川県における地域医療構想調整会議のスケジュールを、公立病院改革ガイドライン、公的病院2015プランの進捗見ながら議論する方向性とともに提示です。協議によって地域医療構想が収束することがベストですが、知事権限の及ぶこれら病院への規制的病床調整もあり得ること、一方の民間病院には知事権限が及ばないことを確認します。
・条例によって定める介護医療院の人員、施設及び運営に関する県独自の基準について説明です。
b0115629_20253322.jpg
 そして、気になる診療報酬改定情報ですが、から12月6日の中医協総会(リンク)で示された急性期から慢性期までにおける入院基本料の階段を小さくする方向性、すなわち急性期では10対1を基本にして、重症度等や人員の加算をつけること、療養においても20対1を基本にして細かな加算で回復期や急性期へ緩やかな階段をつけることなどを説明です。
b0115629_20253236.jpg
 石川県病院協会、全日本病院協会石川県支部、日本医療法人協会北陸支部、石川県慢性期協会の四団体が共催で、明年1月25日に金沢市にて診療報酬改定新春研修会を行うことも決定です。急性期の講師には中医協委員でもある島 弘志・日本病院会副会長、慢性期の講師には武久洋三・日本慢性期医療協会会長を お迎えします。

by dr-kanno | 2017-12-09 20:34 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

来春に向けての議論~社会保障審議会医療部会

 が深々と降る早朝の七尾を出発し、東京単純往復です。白と灰色の風景を見ながらうとうとして、目を覚ますと関東平野の青空です。
b0115629_13572400.jpg
 東京都内では、紅葉の盛りです。
b0115629_13572442.jpg
 10時より厚生労働省にて
 第57回社会保障審議会医療部会
に中医協と並列の会議のため、猪口委員の代理として参考人出席です。今回は、
 ○ 介護保険法改正施行関係について(医師の宿直規定の見直し)
 ○ 特定機能病院の承認要件の見直しについて(案)
 ○ 診療報酬改定の基本方針(案)
の議論です。
b0115629_13572394.jpg
 介護医療院の創設を機に医師の宿直規定が見直されることになります。入院患者の病状が急変した場合に速やかに診療を行う体制を条件に、病院に隣接した場所での宿直を医療法に書き込みます。特定機能病院の承認要件で、病院長の人事や予算執行権限の明確化とその専任の透明性を求めます。そして、来春の診療報酬改定の基本方針について議論です。調剤の院内~院外価格差や後発品価格について見直すことを明記するべきとの意見が多数でます。さらに、セルフケアやセルフメディケーションの基本方針への書き込みについても賛否が出されます。

by dr-kanno | 2017-12-06 14:02 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

2018年診療・介護報酬同時改定と病院経営セミナー

 小雨の七尾を出発し、八重洲単純往復です。道中、上信越の山や里は白くなり、冬の様相です。
b0115629_17584574.jpg
 一方、北関東から東京紅葉真っ盛りで秋の様相です。
b0115629_17584692.jpg
b0115629_17584634.jpg 13時から、AP東京八重洲通りの会議室を会場にノバルティスファーマ社が主催する
 2018年診療・介護報酬同時改定と病院経営セミナー
 地域医療構想、次期診療報酬改定を見越した機能別病院経営のゆくえ
にお呼びいただき、汲田 伸一郎・日本医科大学附属病院病院長のコーディネートの下で、3本の講演のトップバッターです。


Ⅰ. 地域医療構想の実現と2018年診療・介護報酬同時改定の方向
  ~地域包括ケアシステム構築に期待される医療の役割~
  公益社団法人全日本病院協会副会長
  社会医療法人財団董仙会恵寿総合病院 理事長 神野正博
 地域医療構想とダブル改定の関係から、特に急性期、回復期病床の行方を予想します。そして、医療、介護、生活を含めたケアミックス化が重要とします。
b0115629_17584542.jpg
Ⅱ. 2018年同時改定における高度急性期・急性期病院経営のゆくえ
千葉大学医学部附属病院 副病院長・病院長企画室長・特任教授 井上貴裕 先生
 医療経営実態調査の結果による病期別の病院の収支状況から、データ分析によって日本の医療のばらつきがあることを示し、質向上の努力が報われる余地が大いにあることが示されます。
Ⅲ. 2018年同時改定における回復期・慢性期病院経営のゆくえ
一般社団法人日本慢性期医療協会 会長 武久洋三 先生
 巨大化、寡占化、ネットワーク化は、他産業では当たり前であることを示しつつ、広域急性期である高度急性期病院以外は、地域多機能型病院あるいはグループとなるべきことを語ります。
b0115629_17584502.jpg
 招かれた全国の多くの病院経営者と同席し、情報交換をさせていただきました。

by dr-kanno | 2017-12-02 18:05 | 医療経営のこと | Comments(0)

社保審医療部会、中医協の議論と全日本病院協会新執行部披露会

 荒れた天候の早朝の七尾を出て、晴天の東京です。10時から厚生労働省で開催の 
 第56回社会保障審議会医療部会
参考人として出席です。今回は、
○ 介護保険法改正施行関係について(療養病床における看護配置の経過措置)
○ 臨床研究法の施行に伴う「臨床研究中核病院の承認要件」の見直しについて
○ 医師偏在対策について(医師需給分科会における議論の経過)
○ 診療報酬改定の基本方針(骨子案)

を議論します。
b0115629_22434088.jpg
 療養病床にかかる医療法上の看護配置等の経過措置の6年延長を承認します。また、臨床研究法の施工に伴う臨床研究中核病院の承認要件については、認定臨床研究審査委員会を設置することを規定します。また、私が医師需給分科会で議論してる医師偏在対策で意見百出です。その中で、改めて地域医療において病院急性期医師、在宅診療所医師の不足を訴え、実効ある規制的偏在対策がないならば、医師養成削減は飲めないことを訴えます。さらに、診療報酬改定の骨子案について大枠では認めながらも、細かい文言での意見が出されます。
 その後、一番町の日本病院会ビル(ホスピタルプラザビル)にて、
 日本病院団体協議会 第157回代表者会議
に出席します。
b0115629_22433934.jpg
 中医協の論議について意見を集約します。特に、今回は本日開催の総会(373回)厚生労働省資料へリンク)は、入院医療です。DPCデータによる重症度、医療必要度の置き換えの考え方と新たなデータ、また7対1と10対1の評価体系の見直しの具体案が出てきます。
b0115629_23354892.jpg
 そして、18時から、ホテルオークラ東京を会場に
 公益社団法人全日本病院協会 新執行部披露会・懇親会
です。
b0115629_22434007.jpg
b0115629_22434145.jpg
 加厚生労働大臣横倉日本医師会会長をはじめ300人以国会議員、行政、医療関係団体、、関連業界、そして会員が集いました。新執行部発足半年が経っての披露会ですが、大きく制度が動くこの時期だからこそ、一致団結と大いなる議論ができました。また、衆議院議員に当選したばかりの安藤たかお副会長が、新人ながら本日、衆議院厚生労働委員会で代表質問衆議院ビデオライブラリへリンク)した話題でも盛り上がりました。
b0115629_22434068.jpg
b0115629_18065166.jpg


by dr-kanno | 2017-11-24 23:44 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

日本医療経営学会とダブル改定の流れ

 ニコライ堂を真ん前に見る東京・お茶の水のソラシティカンファレンスセンターを会場に
 第16回日本医療経営学会学術集会
 会長 医療法人社団永生会理事 安藤 高夫
 実行委員長 国際医療福祉大学大学院教授 高橋 泰
 テーマ 惑星直列で日本の医療経営はどうなる?
にお邪魔します。
b0115629_13052340.jpg
 旧知の皆様にご挨拶し、安藤会長の挨拶の後、2題の講演を聴講します。
特別講演I
 「日本の医療・介護・福祉の今後について,経営者の視点・心構え」
  程 近智 アクセンチュア株式会社 取締役会長
基調講演
 「2025年へのカウントダウン~同時改定の方向性~」
  武藤 正樹 国際医療福祉大学大学院教授
 特に、程相談役からは、3つのハードルとして基礎競争力(稼ぐ力、コーポライトガバナンス力、ICT力)、グローバリゼーションデジタリゼーションをにらみながら、マインドセットの共有、テクノロジーとの競争と協創、新社会システムの構築の必要性を説きます。Reactive、Proactive、Create(目の前に反応するだけではなく、予測し、創造する)ことを進め、ユニクロの柳井CEOの言葉「すべての企業が創業期に戻り、根源を問い直す時代」を紹介します。
b0115629_13052437.jpg
b0115629_13052487.jpg
 そして、早々に失礼し、羽田空港より南へ飛びます。晩秋の柔らかい光の中で、穏やかな太平洋が光ります。高知龍馬空港に降ります。
b0115629_22361808.jpg
 高知城を真ん前に望む高知新聞放送会館を会場に高知大学医学部脳神経外科の上羽哲也教授が主宰する
 第14回Kochi Strokeフォーラム~地域包括ケアシステムを見据えた取り組み~
にお呼びいただきました。
b0115629_22361855.jpg
 熊本市民病院の橋本洋一郎神経内科部長による服薬アドヒアランスと遠隔管理医療に関する講演に続いて、の講演
 特別講演2 地域包括ケアシステムを見据えたダブル改定、地域医療構想の行方と対策を考える
です。この表題のキーワードであるダブル改定、地域包括ケアシステム、地医療構想は同根であるとして、ダブル改定への流れを考えます。
b0115629_22361877.jpg

by dr-kanno | 2017-11-11 23:03 | 医療経営のこと | Comments(0)

「グッドキャリア企業アワード2017」の受賞と一般病棟入院基本料の評価手法

b0115629_19424699.jpg グッドデザイン賞2017に加え同賞のベスト100賞、特別賞、審査員賞(リンク)
をいただいた興奮も冷めやらぬ今日、厚生労働省より正式に発表です。
「グッドキャリア企業アワード2017」の受賞企業を決定
~従業員の自律的なキャリア形成に取り組む企業を表彰。11月27日に表彰式を開催~
 厚生労働省はこのほど、従業員の自律的なキャリア形成支援に取り組む企業9社を「グッドキャリア企業アワード2017」受賞企業に決定。今回は全国53社から応募があり、有識者などによる審査委員会での審査を経て、「大賞」(厚生労働大臣表彰)に4社、「イノベーション賞」(人材開発統括官表彰)に5社を選定。
 当法人は、9社中唯一の医療機関として、イノベーション賞に選定されました。技能向上・業務成果発表・キャリアチェンジ機会の提供による職員の成長支援、すなわち「知の創造、技の熟練、職の進化」が評価されました。
 さて、晴天ですが冷たい風が吹く東京です。今日は、自由民主党本部へお邪魔し、全日本病院協会を代表して
 予算・税制等に関する政策懇談会~厚生関係(医療)
に出席します。山口組織運動本部長、井上団体総局長、橋本厚生労働部会長の他、数多くの自民党国会議員の前で17の医療関連団体が予算・税制の要望です。
b0115629_19385395.jpg
 四病協代表として伊藤伸一・医療法人協会会長代行税制改正要望を説明し、その後、から予算要望として、昨日の医療経済実態調査を踏まえて、人材確保、消費税損税の視点から病院、特に民間急性期病院の窮状を訴え、診療報酬のプラス改定を要望します。このほど、晴れて衆議院議員となった安藤たかお先生からも応援です。
b0115629_19385238.jpg
 さらに、全国都市会館で、診療報酬改定前では最後となる
 第12回入院医療等の調査・評価分科会
に出席します。多くの時間を「一般病棟入院基本料の評価手法の整理について」で議論です。そもそも急性期とは?一般病棟での受け入れが求められる、診療報酬で考慮すべき「急性期の入院患者」をどう評価するかという視点で、従来の重症度、医療・看護必要度、DPCデータ、そしていづれでもカバーできない患者を、拾い上げることができる仕組みを模索します。情報活用と発展の可能性からDPCデータを試行的に活用する方向性となります。
 一部修正を前提に最終報告書案を承認し、入院医療に関する議論の場は中医協基本問題小委、総会に移ります。
b0115629_19385375.jpg
b0115629_20264170.jpg
図下の点線の楕円が「急性期の入院患者」。当初案から議論の末、拡げることとした。

by dr-kanno | 2017-11-09 20:12 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

重症度、医療・看護必要度のDPCデータによる置き換え議論~第11回入院医療等の調査・評価分科会

 ようやく色づき始めた日比谷公園の木々です。今日も、その奥で打ち合わせの後、
b0115629_17132400.jpg
 青山の国際医療福祉大学大学院東京青山キャンパスサテライトにて
 「プラットフォーム研究会」設立総会
なる会にオブザーバーです。記念講演会に、鈴木厚生労働省医務技監、江崎経済産業省政策調整官、そして発起人の高橋国際医療福祉大学院教授のお話が続きます。
 主にベンダー企業の皆さんが集まり、医療介護の情報をつなげる意義と問題点のお話です。必要な情報をいかに手間を最小化してシンプルなデータを集めるかが鍵のようです。そういった意味で、恵寿が9月から始めたPHR、カルテコの仕組みの今後の拡張に多くのヒントをいただきました。
b0115629_17132486.jpg
b0115629_17132402.jpg
 その後、17:30より、TKP赤坂駅カンファレンスセンターを会場に
 平成29年度第11回入院医療等の調査・評価分科会
に参加します。今回も完全ペーパレス会議です。今回は
1.特定集中治療室等の重症度、医療・看護必要度
2.一般病棟の重症度、医療・看護必要度
3.救急医療管理加算
4.短期滞在手術等基本料

を議論します。救命救急入院料、脳卒中ケアユニットで、重症度、医療・看護必要度基準の全ての分類での実施や集中治療室入院料に生理学的指標に基づく項目追加の方向性では、救急患者の多様性を鑑み、慎重な対応を求めます。
 一般病棟の重症度、医療・看護必要度のDPCデータによる置き換え議論は、意見百出です。その方向性を肯定しながら、1対1での対応を求めることよりも、改めて「重症患者」とは定義すべきことを主張します。医療課長からは、両者の検討でどういう違いがあるのか、どこに改善すべき点があるのかを調査し、中医協総会に出したい旨の話があります。

by dr-kanno | 2017-11-02 22:03 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

総選挙が終わって

b0115629_17544294.jpg
 総選挙が終わりました。自公連立与党の大勝です。沢山の仲間が当選です。国をどうしていくのか大きな岐路での責任が託されました。日本の社会保障のための消費増税の道筋はできたものの、その使途に関しては3党合意を覆す方向性が出されているだけに警戒です。
 選挙がらみでは、投票前日の21日には、自見はなこ参議院議員が七尾に来訪です。石川県医師会と地元医師会のメンバーで医政懇談会を開催し、その後地元選挙区の与党候補の遊説打ち上げに駆け付けます。
b0115629_17544153.jpg
 そして、本日の午前2時ごろには、全日病副会長の安藤たかおが、東京比例区で自民党から見事当選です!おめでとうございます。
b0115629_17544113.jpg
 さて、大型の台風21号が本州を直撃する中、本来なら、朝の病院業務、鳩ヶ丘回診の後、日帰り上京予定でしたが、台風の影響を考慮して、早朝の新高岡駅から北陸新幹線に乗車します。七尾線、北陸線止まっていますが、さすが定時運行です。
 と感心しているのもつかの間、途中富山駅に着いた時点で、上田~佐久平間で倒木ということで約2時間40分の停車です。途中、増水した河川、糸魚川では日本海の大波を眺めます。
b0115629_17544346.jpg
 その天気も、長野を越えたあたりから青空に変わります。
b0115629_17544262.jpg
 そして、台風一過晴天の東京です。
b0115629_17544248.jpg
 内幸町のイイノホールを会場に、日経ヘルスケア診療報酬改定セミナー
 徹底予測!2018年度診療報酬改定の行方と経営へのインパクト
に伺います。総選挙が終わっていよいよ社会保障についての本格的な論議が始まるという時期のセミナーです。医療課長による基調講演の後、池端幸彦次期改定の議論の焦点として、それぞれ慢性期医療、急性期医療を中心に大胆にその方向性を予測します。重症度、医療・看護必要度の論議や、10対1における加算、地域包括ケア病棟、病棟群制度などについてお話しします。
b0115629_17544326.jpg
b0115629_17544321.jpg

by dr-kanno | 2017-10-23 18:09 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

がん診療提供体制のあり方や入院医療等の調査・評価分科会

 朝の病院業務の後、急ぎ、秋も深まり気温が下がる霞が関です。13時から厚生労働省会議室
 第10回 がん診療提供体制のあり方に関する検討会
に参加します。今回は、
(1)がんゲノム医療の提供体制について
(2)既指定のがん診療連携拠点病院等の指定期限について
(3)今後のがん診療連携拠点病院等の指定要件の議論について

の銀論です。パブコメも終えた第3期がん対策推進基本計画策定に向けた議論となります。今回の基本計画の目玉としてがんゲノム医療があげられます。がん対策の均てん化と集約化の議論の中で、新たに人材育成機能、診療支援、治験・先進医療主導、研究開発を目的とするがんゲノム医療中核拠点病院がんゲノム医療連携病院の要件について議論します。中核拠点病院を全国で12か所程度に集約する方向性が示されます。
 また、がん診療連携拠点病院等の指定要件病院機能評価やISOなどの第三者評価の必要性を主張します。
b0115629_18142532.jpg
 さらに、15時からは会場を同じ厚生労働省の講堂に移して、
 中央社会保険医療協議会診療報酬調査専門組織
 第10回 入院医療等の調査・評価分科会
に参加します。今回もペーパーレスで厚労省からタブレット端末が会議中に貸与されます。議題は、次期診療報酬改定の基礎調査資料を見ながら
1.短期滞在手術等基本料について
2.救急医療管理加算について
3.慢性期の病棟におけるデータ提出項目について
4.入院時の食事療養に係る給付に関する調査結果(速報)の概要について

の議論となります。
 短期滞在手術の追加について、入院基本料の多様性が出来高点数にばらつきを与えていることを踏まえ、慎重論が出ます。
 救急医療管理加算では、地域医療を守る2次救急病院にインセンティブをつける意味で救命救急センター並みのハードルを上げることに反対の立場をとります。
 慢性期の病棟におけるデータ提出に200床以上の病院での必須化に原則賛成するものの毎日取る医療区分との重なりを考慮することや慢性期特有の症状・状態の項目の見直しの必要性を主張します。
 最後に、入院時の食事療養に係る給付では、委託の有無にかかわらず急速に収支の悪化(赤字化)が見られたことが報告されます。消費税の問題や働き手不足中での対応を迫ります。
b0115629_18142653.jpg
 まだまだ、今日は終わりません。続いて本郷真砂坂上の医学書院へ移動します。
 月刊『病院』編集会議
に参加します。私が担当する来年5月号他の特集企画案の検討です。どの号も渾身の内容です。また、近々発行するプロモーション用のリーフレット(写真右)の内容確認です。
b0115629_21464834.jpg

by dr-kanno | 2017-10-18 22:39 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

グッドデザイン賞受賞報道と入院医療等の調査・評価分科会後半戦

 10月の青空の下、ずいぶん涼しくなった能登です。昨日のグッドデザイン賞ベスト100受賞を祝い、病院受付上のおもてなしフラッグはグッドデザインマークです。
b0115629_16551148.jpg
 今朝からのNHK金沢放送局ニュース取材に私も説明です。
b0115629_16551380.jpg
 また、本日付の朝刊各紙でもこの受賞が報道されています。
b0115629_16551287.jpg
 そして、気持ちのいい秋空へ能登空港から飛び立ちます。雲の上の北アルプスや富士山を眺めます。
b0115629_16551329.jpg
 今日は、新橋へ単純往復です。14時から、TKP新橋カンファレンスセンターを会場に、厚生労働省
 平成29 年度第9回 診療報酬調査専門組織
 入院医療等の調査・評価分科会
に出席します。議事次第も含めてペーパーレス会議となります。
議事次第・資料のページ(厚生労働省)へリンク
b0115629_16551209.jpg
 前回までには、平成28年度調査の結果を受けて議論し、中間取りまとめが出され、議論を中医協に委ねました。そして、今回からは平成29年度調査として、
(1)一般病棟入院基本料・特定集中治療室管理料における「重症度、医療・看護必要度」等の施設基準の見直しの影響について(その2)
(2)短期滞在手術基本料及び総合入院体制加算の評価の在り方について
(3)救急患者の状態を踏まえた救急医療管理加算等の評価の在り方について
(4)療養病棟入院基本料等の慢性期入院医療における評価の見直しの影響について(その2)
の調査結果を分析します。
 からは、特に
・前回改定で誕生した病棟群制度はごくわずかの病院しか利用しなかった使い勝手の悪い制度であった。一方、今年度の議論で7対1病棟と10対1病棟+加算によって、その傾斜をゆるい段階的なものにする方向性を踏まえると、参入障壁をを緩めるべきである。また、10対1病棟と地域包括ケア病棟を比較すると、手術は外出しであるあるものの、医療の質やチーム医療に関わる加算(感染、安全、栄養、薬剤等)は取れないので、7対1から移行先として、地域包括ケアではなく10対1が本筋である。
重症度、医療・看護必要度で25%以外の取り扱いが取り出さされているが、医政局事務連絡にあった通り、急性期でも様々な病態が混在することを理解すべきである。
救急医療管理加算にて、1が減少し2が増加している点について、厚生局等がいらぬ介入をせぬよう、基準を明確化すべきである。
療養病棟における終末期ガイドラインの利用状況が悪いものの、個々の患者に対応している率が高い点について、ガイドライン絶対主義ではないことを確認すべきである。
などを主張します。

by dr-kanno | 2017-10-05 17:25 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)



石川県七尾市の社会医療法人財団董仙会・恵寿総合病院(www.keiju.co.jp)理事長 神野正博のブログです。法人・病院の取り組みを紹介するとともに、地域医療や日本の医療への思いを綴ります。
カテゴリ
公職一覧
・社会福祉法人徳充会理事長
・公益社団法人全日本病院協会副会長
・一般社団法人日本社会医療法人協議会副会長
・一般社団法人日本専門医機構理事
・一般社団法人七尾市医師会監事
・七尾商工会議所副会頭
・石川県病院協会副会長
・特定非営利活動法人VHJ機構理事・VHJ研究会監事
・サービス産業生産性協議会(SPRING)幹事
・公益財団法人日本医療機能評価機構評議員、事業推進委員
・一般社団法人日本医療経営実践協会理事
・一般社団法人日本ホスピタルアライアンス理事

(委員)
【厚生労働省】医道審議会医師分科会医師臨床研修部会委員、医道審議会医師分科会医師国家試験改善検討部会委員、医道審議会保健師助産師看護師分科会看護師特定行為・研修部会委員、医師臨床研修制度到達目標・評価の在り方に関するWG委員、(中医協)診療報酬調査専門組織 入院医療等の調査・評価分科会委員、医療従事者の需給に関する検討会医師分科会委員、がん診療提供体制のあり方に関する検討会委員、認知症の人の行動・心理症状や身体合併症対応など循環型の医療介護等の提供のあり方に関する研究会委員
【内閣官房】日本版CCRC構想有識者会議委員
【石川県】石川県医療審議会委員 、医療計画推進委員会地域医療ビジョン策定部会委員、医商工連携促進協議会会員
【日本専門医機構】総合診療専門医に関する委員会委員
【四病協】総合部会員、医療安全対策委員会委員長、医療制度委員会委員 、医師の働き方検討委員
【日病協】診療報酬実務者委員会委員
【全日本病院協会】病院のあり方委員会、病院機能評価委員会、学術委員会、医療の質向上委員会、救急・防災委員会担当副会長
【日本病院会】インターネット委員会委員、災害医療対策委員会副委員長
【日本医師会】病院委員会委員
【医師臨床研修マッチング協議会】運営委員
【医学書院】月刊「病院」編集主幹

twitter
神野正博のツイート

facebook
神野正博の医療Archives

恵寿関連ホームページ
●恵寿総合病院ホームページ
●恵寿総合病院Facebookページ
●社会福祉法人徳充会ホームページ

●Medical Excellence JAPAN
●e-doctor Hospital Info
検索
最新の記事
記事ランキング
タグ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
最新のコメント
 ちなみに、この3人の中..
by トクメイ at 15:55
山本様 コメントありが..
by dr-kanno at 15:41
LEGO® SERIOU..
by イノベーションガイド山本伸 at 20:20
井上先生 ありがとうござ..
by dr-kanno at 06:30
先生、ありがとうございま..
by 新潟より参加 at 13:17
こちらこそ、声掛けありが..
by dr-kanno at 09:13
今回のミドルマネジメント..
by 新潟より参加 at 09:00
貴重な意見をありがとうご..
by dr-kanno at 08:41
いつも拝読させていただい..
by 番号15 at 09:02
Oさま。ありがとうござい..
by dr-kanno at 08:23
ダブル叙勲、誠におめでと..
by O. at 20:44
お疲れさまでした。私もゴ..
by やまのべゆうじ at 07:09
やまのべ先生 ありがとう..
by dr-kanno at 15:26
病院経営MASTER、お..
by やまのべゆうじ at 21:32
こんにちは、またブログ覗..
by ルイヴィトン 財布 at 05:47
Oさま いつもありがと..
by dr-kanno at 08:07
「GALENUS 創刊号..
by O. at 21:38
 ご承知のように医療は非..
by dr-kanno at 23:53
いつもお世話になっており..
by 矢口(金沢脳神経外科病院)です at 10:13
早く平穏な日が訪れますよ..
by starfield at 21:41
ファン
ブログジャンル
画像一覧