神野正博のよもやま話

カテゴリ:医療・介護制度のこと( 901 )

桜色の東京で、医師養成と医師需給・働き方

 朝の病院業務を終えて、今日も上京です。雪の降った一昨日と打って変わって春の陽気です。そして、都内あちこちでが5分~満開となり、一気に春色です。
 お馴染みの某省庁前の日比谷公園の桜も咲き、多くの人たちが昼の休憩時間にお花見です。
b0115629_16265057.jpg
 今日は、本庁ではなく、近くのイイノホールの会議室に伺い、厚生労働省
 医療従事者の需給に関する検討会 第18回医師需給分科会
に構成員として出席します。今回は
 1.今後の議論の進め方
 2.平成32年度以降の医師養成数および医師需給推計について

を議論します。平成31年度まで暫定の定員増が効いていますが、受験生や医学部の準備を考慮すれば、それ以降の2020年(平成32年度?)からの医学部定員を確定させるリミットが今年5月という時期の開催となります。これまで議論してきた医師の偏在対策に関する医師法・医療法改正法案は今国会で改正、さらに働き方改革の方向性は明年3月に示されるという時期だけに、制度に左右される案件は議論を進めつつも2020年度から1~2年は現行のままであるべきという意見が主流です。
 そして、需給推計地域や診療科の偏在を加味したあるべき姿の議論は、この会でしっかり継続していくことも確認です。
b0115629_16265024.jpg
 少しの時間に、毎年訪れる北の丸公園、田安門付近を散策します。まだ、少し満開には早いようですが、多くの花見客、外国人が桜を愛でています。
b0115629_16265058.jpg

by dr-kanno | 2018-03-23 16:33 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

18年度改定 医療機関経営に与える影響を読み解く~じほう診療報酬改定セミナー

 曇り空の新高岡より、上京です。途中、佐久平から軽井沢は降雪です。
b0115629_20050003.jpg
 そして、時に霙が混ざる冷たい雨降る東京品川駅港南口に降り立ちます。東京コンファランスセンター・品川を会場にじほう社が主催する
 じほう診療報酬改定セミナー
 18年度改定 医療機関経営に与える影響を読み解く
 ~同時改定の意義、生き残りのヒントは~
です。約450人と超満員の聴衆です
b0115629_20050172.jpg
【第1部】 基調講演 「2018(平成30)年度 診療報酬改定の傾向とポイント」
  厚生労働省保険局医療課長 迫井正深
 時代と社会背景を説明したうえで、なぜ今回の改定になったかを説明します。そして、医療の体制整備、技術革新を含む新しいニーズへの対応、働き手の不足に対する対応、将来への持続可能性に分けて改定内容を説明します。
【第2部】 シンポジウム 「2018(平成30)年度 診療報酬改定と医業経営の将来像」
では、座長を務めたます。診療報酬改定の事実は一つですが、各々の演者の立場から見るという流れを説明します。
講演1 公益社団法人全日本病院協会副会長/社会医療法人財団董仙会理事長 神野正博
 急性期一般病院入院料、地域一般病院入院料、地域包括ケア病棟入院料を中心に、地域連携をも含めてお話しします。また、特に入院医療の調査・評価等分科会で議論した重症度、医療・看護必要度の方向性も詳しくお話しします。そして、病院ばかりではなく、地域で介護や生活支援を含めたケアミックス化の必要性を主張します。
b0115629_20050180.jpg
b0115629_20050093.jpg
講演2 一般社団法人日本慢性期医療協会会長/医療法人平成博愛会理事長 武久洋三
 慢性期病院も治療によってアウトカムを出さないと、生き残れないというメッセージとともに、急性期多機能病院と慢性期多機能病院の構成要素を提案します。
講演3 一般社団法人回復期リハビリテーション病棟協会相談役/医療法人社団輝生会理事長 石川 誠
 今こそ、リハビリテーションマインドを確立し、リハ医療の在るべき姿を問う時代とし、氏がこれまで取り組んできたアウトカム評価の変遷と方向性を示します。
b0115629_20050086.jpg

by dr-kanno | 2018-03-21 20:14 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

診療報酬改定セミナーや専門医機構理事会

 5月のような陽気の15日午後は、東京・飯田橋の日本医療法人協会の会議室にて
 日本社会医療法人協議会 理事会・総会
です。前年度に引き続いて行った経営実態調査の結果をレビューです。今年度は、社会医療法人の経営状況の悪化を指摘し、平成30年度診療報酬改定によるさらなる影響を危惧します。また、総会では支部開設に伴う定款変更を承認されます。
b0115629_15490055.jpg
b0115629_15485917.jpg また、夕方には品川駅港南口の高層ビル群の一角にある大塚製薬本社のスタジオにて、
 平成30年度診療報酬改定 ポイント解説
 地域包括ケアシステム構築に向けての改定内容とは
ライブで出演します。140回線500~600人が視聴です。また、22日までオンデマンドで配信されるということで、今後500回線、視聴者数は3,000人が予想されています。
 入院機能分化、連携を中心にお話しします。


b0115629_15490012.jpg
b0115629_15490073.jpg
 そして、雨が降り始めた16日午後は、神田岩本町の医療経営実践協会にて
 平成29年度下半期理事会(第21回)
に出席します。この協会で試験を実施する医療経営士は、平成29年度に行った3回の3級試験の受験者数は、2,497人、4,326人、4,886人と右肩上がりです。そして、累計の合格者数は3級では1.2万人を超え、2級1,028人、1級54人となっています。次年度事業計画や予算を承認します。
b0115629_15485988.jpg
 最後に、東京国際フォーラムを会場に
 日本専門医機構 第25回理事会
に臨みます。ようやく、専門医の登録状況の地域別、診療科別状況や地域別の流出入が示されます。東京は研修修了者1,350人に対して1,825人と500人近くの増となります。これを良しとするか否かで意見が分かれます。すなわち、偏在対策になっていないものの偏在を助長したか否かということになります。また、今後の年度毎の就業状況についてデータベースを作るプロジェクトチーム設置を承認します。ここで登録(採用)数上限の算定基礎の見直しを行うことも承認します。
 また、診療科別にどれだけ専門医が必要かを議論することに関して、執行部からは整備指針上、できないとの発言です。したがって、これを議論するためには別の組織が必要ということになります。
 また、サブスペシャリティのあり方で、議論百出で。未だ合意に至りません。
 年度末に、社員総会が行われますが、今の機構のガバナンス、事務管理能力でいいのかと多くの理事から発言です。
b0115629_19141975.jpg

by dr-kanno | 2018-03-16 19:22 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

働き方改革に関する記事

 昨日の熊本から、いつも人気のくまモンに別れを告げ、帰院し、会議等に臨みます。
b0115629_18484988.jpg
 また、病院には私が取り上げられている雑誌が2誌到着です。
b0115629_18485041.jpg まず、月刊『日経メディカル』3月号です。特集は、今回の診療報酬改定でも地域包括ケア病棟や療養病床の在宅からの入院で必要とされている終末期医療の説明の件と医師の働き方改革です。特に、後者では10ページにわたる記事の中で、
 「時短に効く複数主治医制や業務委譲 働き方改革を実現する4つの切り札」
が示されます。タスクシフティングの項で、他職種、特に看護職への配慮というのコメントが掲載です。

b0115629_18485042.jpg
詳細は本誌をご覧ください。
b0115629_18484904.jpg また、月刊『最新医療経営 PHASE3』4月号が届きます。こちらも特集は2018年度診療報酬改定情報です。巻頭の「病院トップの経営者魂の登場です。『医療職内にとどめないキャリアプランを提示するなど「新しい働き方」を提言する』として、グッドキャリア企業アワード2017、健康経営優良法人2018(ホワイト500)の受賞のことや、今般の医師の働き方についての意見を述べます。

b0115629_18485072.jpg
詳細は本誌をご覧ください。
また、本誌には診療報酬改定の影響についての私のコメントも掲載されています。

by dr-kanno | 2018-03-13 18:55 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

専門医~医師の働き方~医師需給と偏在のトライアングル

 今週も週の始まりは能登北部、恵寿鳩ケ丘からです。気温はまだまだ低いものの、陽射しは暖かく射しこみます。
b0115629_23242786.jpg
 今日は、そのまま能登空港から、羽田経由で熊本に向かいます。3週間ぶりの訪問です。前回眺めた阿蘇も幾分春色に感じます。そして上空から再建中の熊本城を眺めます。
b0115629_23242787.jpg
 18:30より、熊本ホテルキャッスルを会場で開催の平成29年度熊本県四病院団体合同研修会にお招きいただきます。
b0115629_23242791.jpg
 専門医制度の今後のあり方について
と題して私の講演です。専門医制度を中心に医師の働き方、医師需給と偏在のトライアングルが密接に関係しあうことを説きます。特に、診療科別、地域別にどれだけの専門医が必要か、その基準作りの必要性をお話しし、それをProfessional Autonomyで行くのか、国が示すのか、個人的な考えをお話ししました。すなわち、学会や機構に任せるよりも国の審議会等でガバナンスを効かせるべきであると主張します。
 その後、たっぷり会場の皆さんとディスカッションすることができました。たくさんの原理原則に気付かせていただきました。
b0115629_23242790.jpg

by dr-kanno | 2018-03-12 23:53 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

2020年からの医師臨床研修制度

 冷たい風が吹くものの晴天の能登から上空に上がります。寒さで澄んだ大気の中で、雲の向こうの北アルプス、富山湾からそそり立つ北アルプスを眺めます。
b0115629_23254945.jpg
 上越市辺りの日本海、そして遠くの富士山を眺めます。まさに、本州の幅を眺めます。
b0115629_23255026.jpg
 曇り空で肌寒い東京です。日比谷公園梅林春の花を愛でます。
b0115629_23255094.jpg
b0115629_23255075.jpg
 今日も、厚生労働省
 平成29年度 第5回医道審議会医師分科会医師臨床研修部会
に参加します。
 1.平成31年度都道府県別募集定員上限について
 2.医師臨床研修部会報告書(案)について

を議論します。1については、全体の募集定員を、平成27年度に研修希望者の1.2倍とした後、段階的に縮小し、平成32年度までに約1.1倍にすることになっています。したがって、平成31年度は1.12倍とすることになり、承認します。
 2については、2020年から見直す医師臨床研修制度に向けての
 医道審議会医師分科会医師臨床研修部会報告書(案)
 -医師臨床研修制度の見直しについて-
の最終議論です。以下の項目を確認します。
1 卒前卒後の一貫した医師養成について
2 到達目標・方略・評価について
3 臨床研修病院の在り方について
4 地域医療の安定的確保について
5 その他
(1)中断・未修了
(2)研究医養成との関係
おわりに
という内容です。特に3では基幹型臨床研修病院の在り方として、指導・管理体制に課題のあると考えられる基幹型病院の選定から評価について、第三者評価として、これまでの努力目標から「強く推奨」へレベルアップを確認します。ただ、第三者評価の実施機関についての多様性を主張します。さらにでは、地域枠への対応として違反者、違反者を受け入れた基幹型病院へのペナルティを盛り込みます。
 今後、今回の議論を修正後、パブコメを募り、部会長の判断により年度内に報告書の発行という段取りとなります。
b0115629_23255070.jpg

by dr-kanno | 2018-03-07 23:44 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

冬の能登から春の東京へ~日本医療機能評価機構、全日本病院協会

 小雪降るのと里山空港です。空港ロビーには里海での輪島の海女の活躍を展示です。
b0115629_16370693.jpg
 また、搭乗待合室には、早くも真紅のノトキリシマツツジが展示されています。路地では5月ごろの開花でしょうか。
b0115629_16370790.jpg
 出発時間には吹雪きます。そして、厚い雲の上に上がります。冬型らしく、上信越の山々が厚い雲を関東平野からブロックしています。前線の谷川岳などを見て取れます。
b0115629_16370793.jpg
b0115629_16370754.jpg
 今日はポカポカ陽気の東京・水道橋の日本医療機能評価機構(写真左手前のビル)、全日本病院協会(写真左奥のビル)に出務です。日本医療機能評価機構では
 平成29年度 第1回臨時評議員会
に評議員として臨みます。冒頭には河北博文理事長より、医療制度、医師の働かせ方!改革が進む中で、機構は総合的に、公正、透明、現場との協働を柱に次年度計画、中期事業計画を策定すると宣言です。従来の病院機能評価、医療安全、EBM・質の担保などにかかわる事業に加えて教育研修事業の強化を図ります。
 その後、全日本病院協会では、総務財務委員会に出席します。懸案事項に対する協会としての方針を確認します。
b0115629_16370639.jpg

by dr-kanno | 2018-03-02 17:40 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

当面の課題としての医師の働き方改革、医師の偏在対策、専門医のあり方

 朝から会議三昧です。午前の永田町では健康・医療情報の利活用について議論します。午後には一番町の日本病院会
 四病院団体協議会総合部会
に出席します。特に専門医のあり方、医師の働き方改革、医師の偏在対策について多くの意見が交わされます。人口の10%が住む東京に医師の20%がいる現実にいつまでもProfessional Freedomばかりを言っているわけにはいきません
b0115629_20130493.jpg
 その後、日本医師会館
 日本医師会・四病院団体協議会懇談会
それに続く
 日本医師会・四病院団体協議会医師の働き方ワーキンググループ
に出席します。医師法及び医療法改正案件、准看護師試験の事務委託などについて、さらには医師の働き方について、医療団体としての統一見解の方向性について意見を交わします。
b0115629_20130454.jpg

by dr-kanno | 2018-02-28 20:30 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

東京マラソンを横目に看護師の特定行為研修の効果および評価を考える

 平昌五輪の終盤のマススタート、カーリングの活躍に沸いている日本ですが、今日の東京でも、スポーツで沸きます。東京マラソンです。
 沿道にたくさんの都民が声を張り上げて応援します。肌寒い曇り空でしたが、風がなくランナーには好条件だったようで、日本新記録も生まれます。
b0115629_15501825.jpg
b0115629_15501883.jpg
 日本橋の通過ポイントを横目に望む朝日生命ビル内の会議室を会場に
 平成29年度厚労科研 永井班
 看護師の特定行為研修の効果および評価に関する研究
 平成29年度 第2回研究班会議
に研究協力者として出席します。分担研究1「特定行為研修の内容等の適切性の評価」、分担研究2「医療現場等への影響の評価」について、行われたアンケートやヒアリング結果の検討します。まだまだ養成数の少ない特定行為研修終了看護師の実態を探ります。今の段階では、好事例の紹介、看護師のキャリアパスの中での位置付け、現場に強い終了看護師のエンパワーメントなどについての必要性を話します。
b0115629_15501858.jpg
 看護師特定行為研修の病院支援策に関しては、全日本病院協会ではが責任者となって、
 看護師特定行為研修 『全日病SQUE eラーニング』(リンク)
の提供を行い、この春に指定された指定研修機関を入れて全国69機関中40機関と圧倒的な利用をいただいております。今年度中に現在提供中の3区分を含めて7区分の区分別科目のeラーニングを提供する予定となっています。
 また。今年度中に厚生労働省から委託された「特定行為研修における実習指導(共通科目)のための手引き」を完成、公開する予定となっています。

by dr-kanno | 2018-02-25 15:55 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

朝から夜まで全日病会務~医師の働き方改革に関する神野私案

 早朝の七尾を出発し、今日も神田猿楽町の全日本病院協会です。午前から、雑誌・学術委員会、13時からは、
 平成29年度 第4回理事会・第11回常任理事会
に出席します。来年度事業計画、事業予算などの協議や中医協、各種審議会の報告です。これまでの多くの事業の他に今年度組織した介護医療院協議会、3月から実施する全日病認定病院総合医事業、そしていよいよ動き出す全日本病院協会外国人技能実習生受入事業(写真)などについても説明です。
b0115629_21385548.jpg
 今回は、議事終了後、討議事項として
 医師の働き方と医師需給、専門医制度について
というテーマで、から論点を整理します。すなわち、
  • 働き方改革の地域医療、中小病院への影響をどう考えるか。
  • 医師需給における、医師を増やすこと、規制的偏在対策についてどう考えるか。
  • 専門医制度のProfessional Autonomy のあり方をどう考えるか。
等に対して、全日病としての調査、意見、提言を発するべき時期とします。
 その上で、今後のたたき台として、神野私案を出し、多くの役員から追加の考え方などの意見をいただきます。
医師の働き方改革に関する神野私案
  • 医師の働き方改革は医師の需給・偏在対策、専門医のあり方などときわめて相関するものであり、拙速な働き方のみの規制は医療提供体制の崩壊につながるものである。
  • 一方、他の労働者同様、医師の過重労働は認められるべきではない。研修医を除く医師の裁量労働性を明確にしたうえで、時間に縛られない働き方を規定すべきと考える。したがって、現行の労働法制とは異なる独自の医師労働法制の制定を求めたい。
  • また、高齢社会と疾病構造の変化を見据えた医師の仕事の中身を検討すべきである。特に病院勤務医のタスクシェアリングとして、総合的に患者を診る病院総合診療医、総合診療専門医、家庭医の大幅な養成とその業務に経済的な裏付けを付与すべきである。
  • 臓器別専門医の養成は、当該学会による規制(定員制)などには限界があり、医療需要を見据えた国家的な適正数の設定を検討すべきである。
  • さらに医師のタスクシフティングとして、医師事務作業者や特定行為研修を終えた看護師の活用や養成はもとより、医師法や健康保険法(療養担当規則)における医師業務の見直し、PA(Physician Assistants)・NP(Nurse Practitioner )制度の法制化を求める。
これを軸に、修正を加えて、四病協や日本医師会と来週協議することになります。
 この後、病院のあり方委員会では、まさに、この働き方の地域の中小病院の運営への切実な影響を図る目的で、独自に「医師の働き方改革」に関する緊急アンケート調査をすることを決定します。
 さらに、18時から、全国の若手の病院経営者約80人が会議室に集って、
 第7回 若手経営者の会
です。テーマは
 平成30年医療・介護同時改定
 ~医療提供体制を考える~
です。猪口会長の講演の後、物おじしない若手メンバーによる積極的な質疑です。いろいろな発想で、多くの情報を共有できました。終了後、若手の皆様はお楽しみ懇親会です。
b0115629_21385528.jpg

by dr-kanno | 2018-02-24 21:56 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)



石川県七尾市の社会医療法人財団董仙会・恵寿総合病院(www.keiju.co.jp)理事長 神野正博のブログです。法人・病院の取り組みを紹介するとともに、地域医療や日本の医療への思いを綴ります。
カテゴリ
公職一覧
・社会福祉法人徳充会理事長
・公益社団法人全日本病院協会副会長
・一般社団法人日本社会医療法人協議会副会長
・一般社団法人日本専門医機構理事
・一般社団法人七尾市医師会監事
・七尾商工会議所副会頭
・石川県病院協会副会長
・特定非営利活動法人VHJ機構理事・VHJ研究会監事
・サービス産業生産性協議会(SPRING)幹事
・公益財団法人日本医療機能評価機構評議員、事業推進委員
・一般社団法人日本医療経営実践協会理事
・一般社団法人日本ホスピタルアライアンス理事

(委員)
【厚生労働省】医道審議会医師分科会医師臨床研修部会委員、医道審議会医師分科会医師国家試験改善検討部会委員、医道審議会保健師助産師看護師分科会看護師特定行為・研修部会委員、医師臨床研修制度到達目標・評価の在り方に関するWG委員、(中医協)診療報酬調査専門組織 入院医療等の調査・評価分科会委員、医療従事者の需給に関する検討会医師分科会委員、がん診療提供体制のあり方に関する検討会委員、認知症の人の行動・心理症状や身体合併症対応など循環型の医療介護等の提供のあり方に関する研究会委員
【内閣官房】日本版CCRC構想有識者会議委員
【石川県】石川県医療審議会委員 、医療計画推進委員会地域医療ビジョン策定部会委員、医商工連携促進協議会会員
【日本専門医機構】総合診療専門医に関する委員会委員
【四病協】総合部会員、医療安全対策委員会委員長、医療制度委員会委員 、医師の働き方検討委員
【日病協】診療報酬実務者委員会委員
【全日本病院協会】病院のあり方委員会、病院機能評価委員会、学術委員会、医療の質向上委員会、救急・防災委員会担当副会長
【日本病院会】インターネット委員会委員、災害医療対策委員会副委員長
【日本医師会】病院委員会委員
【医師臨床研修マッチング協議会】運営委員
【医学書院】月刊「病院」編集主幹

twitter
神野正博のツイート

facebook
神野正博の医療Archives

恵寿関連ホームページ
●恵寿総合病院ホームページ
●恵寿総合病院Facebookページ
●社会福祉法人徳充会ホームページ

●Medical Excellence JAPAN
●e-doctor Hospital Info
検索
最新の記事
記事ランキング
タグ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
最新のコメント
 ちなみに、この3人の中..
by トクメイ at 15:55
山本様 コメントありが..
by dr-kanno at 15:41
LEGO® SERIOU..
by イノベーションガイド山本伸 at 20:20
井上先生 ありがとうござ..
by dr-kanno at 06:30
先生、ありがとうございま..
by 新潟より参加 at 13:17
こちらこそ、声掛けありが..
by dr-kanno at 09:13
今回のミドルマネジメント..
by 新潟より参加 at 09:00
貴重な意見をありがとうご..
by dr-kanno at 08:41
いつも拝読させていただい..
by 番号15 at 09:02
Oさま。ありがとうござい..
by dr-kanno at 08:23
ダブル叙勲、誠におめでと..
by O. at 20:44
お疲れさまでした。私もゴ..
by やまのべゆうじ at 07:09
やまのべ先生 ありがとう..
by dr-kanno at 15:26
病院経営MASTER、お..
by やまのべゆうじ at 21:32
こんにちは、またブログ覗..
by ルイヴィトン 財布 at 05:47
Oさま いつもありがと..
by dr-kanno at 08:07
「GALENUS 創刊号..
by O. at 21:38
 ご承知のように医療は非..
by dr-kanno at 23:53
いつもお世話になっており..
by 矢口(金沢脳神経外科病院)です at 10:13
早く平穏な日が訪れますよ..
by starfield at 21:41
ファン
ブログジャンル
画像一覧