神野正博のよもやま話

タグ:執筆原稿 ( 97 ) タグの人気記事

晴天の金沢・七尾と5Gの衝撃

 南の方の梅雨入りの知らせも耳にしますが、連日晴天の北陸です。陽射しは明らかに強くなってきました。15日もBSCを使った目標管理制度ヒアリングのため恵寿金沢病院に向かいます。病院横の暗がり坂下の茶屋街・主計町には金沢の初夏を告げる百万石まつりの提灯が付き、浅の川は静かに流れ、並木のは濃くなってきました。
b0115629_12415224.jpg
b0115629_12390644.jpg
 16日の七尾看護専門学校周辺のつつじが浜です。色とりどりのつつじが満開となり、路地の花々が咲き誇ります。
b0115629_12390664.jpg
b0115629_12390655.jpg
b0115629_12390682.jpg 連携機関向けに発行するKeiju Monthly Letter 5月号(No.205)(PDFへリンク)巻頭言は、
 5Gの衝撃
です。現行の100倍の「高速大容量通信」、1平方キロ当たり100万台の端末という「多数同時接続」、そして1000分の1秒程度という通信による時間のずれが少ない「低遅延」の3点が主な特徴とされている第5世代(5G)移動通信システムのこれからを執筆します。
 まずゲーム専用機は消え、高速通信によるクラウド型のゲームとなるだろう。たくさんのセンサーから5G通信によってデータが集められ、かつ遅延なく意思を伝えることによって、自動運転の車だけではなく建設現場や危険作業の現場での遠隔操作も可能となるだろう。
 また、身体が不自由な障がい者や高齢者でも、アバターを使って、世界のどこでも旅行が可能になるだろう。学校や会社に出勤するのもアバターになるかもしれない。翻訳の世界では、高速、遅延なしということで、クラウドAIを利用した同時通訳が当たり前となろう。
 そして、医療である。センサーの発達と多数のセンサー取得データの解析によって、遠隔診療は当たり前のものとなる。しかも、それらセンサーで取得したデータを神羅万象、全世界の論文を網羅したAIに照会することにより人間の医師以上に正確な診断が可能となるだろう。また、遅延性のない通信は、正確な手技を可能とし、遠隔手術も容易となろう。
 この高速デジタル時代・令和では、われわれは過去の経験・知見にとらわれることのない柔らかい頭をもって、技術革新に臨んでいかねばならないようだ。
としました。本号にはこのほかに、増員となった小児科の紹介、新任式、新規医療機器、石川県病院協会優秀研究賞・研究奨励賞、ケアマネジャーとの交流会などを掲載です。

by dr-kanno | 2019-05-16 15:17 | 医療とIT | Comments(0)

冊子『未来の病院をデザインする』頒布開始、全日病MSW・総合医育成

b0115629_06072150.jpg
 4月22日のこのブログ(リンク)でも紹介したように、昨年11月29日から、2月21日まで、10回にわたって週刊『病院新聞』で連載した
 未来の病院をデザインする
 ~イノベーションを引き起こせ~

が、冊子化され、病院新聞社から有料で頒布されることとなりました。5月9日号の同新聞・社告で案内です。

 10日午後には、神田猿楽町の全日本病院協会です。11日からの神田明神の神田祭の提灯がビルの前に下がり、ちょうど神輿が町内を練っています。この時世でもさすが江戸、たくさんの担ぎ手がいます。
b0115629_07244984.jpg
 総務・財務委員会、夕からはプライマリケア検討委員会に出席です。特に、プライマリケア検討員委会では、今年度も2つのパターンで実施する人気の医療ソーシャルワーカー研修会の内容、
b0115629_06532599.jpg
そして、昨年度から開始した総合医育成プログラムの検討です。昨年度の1期生の中間アンケートも報告され、テクニカルスキル(臨床能力)ばかりではなく、ノンテクニカルスキル(コミュニケーション能力等)でも高い満足度でした。
 そして、令和の初めに仲間たちと久々の記念写真です。
b0115629_06532461.jpg

by dr-kanno | 2019-05-11 08:37 | 医療経営のこと | Comments(0)

『未来の病院をデザインする~イノベーションを引き起こせ~』冊子化(病院新聞社)

 この春は、私にとっての大当たり年のような気がします。今週も週の始まりは、晴天の能登北部からです。ソメイヨシノ開花が遅かった鳩ヶ丘周辺では、ソメイヨシノ八重桜山桜の競演となりました。
b0115629_14322848.jpg
b0115629_14322839.jpg
b0115629_14322787.jpg
 また、曇り空の昨日21日は金沢です。いつもの道中の中能登町・花見月周辺でも百花繚乱です。
b0115629_14322702.jpg
 そして、石川県庁裏には八重桜系が満開です。楊貴妃手毬フゲンソウカンザンイチョウなどの品種です。薔薇のような花もあります。
b0115629_14411371.jpg
b0115629_14411311.jpg
 21日は、その県庁裏の石川県地場産業振興センターを会場に国際ロータリー第2610地区の地区研修会・協議会です。ガバナーノミニー・デジグネートという肩書で出席し、地区で知己の皆様にご挨拶です。
b0115629_14322897.jpg
 昨年11月29日から、2月21日まで、10回にわたって週刊『病院新聞』で連載した
 未来の病院をデザインする
 ~イノベーションを引き起こせ~
が、このほど冊子化され、10回の軌跡が残ることとなりました。
第1回 “生産性向上の物語”
     働き方改革へいかに対応するか
第2回 “QOLの本質と価値観の変化
     Lifeは“生命”か“生活”か“人生”か
第3回 生活支援と医療の隣人たち
     保険の枠内外でサービスを
第4回 すべての始まり~
     医材管理は働き方改革につながった
第5回 ICT導入の戦略と実践
第6回 データベースの活用例
     コールセンターを確立
第7回 窮地から生まれたイノベーション
     ユニバーサル外来
第8回 交通の要所にセントラルキッチン
     給食のイノベーションは働き方改革
第9回 生活関連企業とともに地域で総力戦
     病院も患者の生活支援を
第10回(最終回) 人生100年時代に備えよ
b0115629_14322756.jpg
 また、この冊子は連休明けから、病院新聞社から有料頒布される予定です。

by dr-kanno | 2019-04-22 14:52 | 医療経営のこと | Comments(0)

新しい『令和』時代に向けて

 抜けるような青空の下、新年度を迎えます。
b0115629_11541477.jpg
 8:30からは病院シーサイドホール
 新任式
です。新卒66名、新卒研修医7名、新任医師15名、計88名を迎えます。また、本日より鎌田 徹新病院長の誕生です。
 そして、新元号は令和。新たな日本のPhaseの新体制となります。
b0115629_20195294.jpg
b0115629_11541403.jpg
b0115629_12043272.jpg
地元紙・北国新聞2019.3.27朝刊より
 令和:「初春の月にして気淑く風ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭(らん)は珮(はい)後の香を薫らす」(万葉集

 以下本日発行のKeiju Monthly Letterです。
TSUNAMI~令和の時代
        けいじゅヘルスケアシステム 理事長 神野正博
b0115629_11541449.jpg
 いよいよ平成も最後の月となる。改めて、すでにこのマンスリーの年頭で書いた「平成」の謂れである。「内平らかに外成る(史記)、地平らかに天成る(書経)」と願いが込められた。
 太平洋戦争を少年期に経験された平成天皇の平和を祈る強いお気持ち、そして精力的な鎮魂の旅にもかかわらず、平成の始まりに湾岸戦争が勃発し、その後の中東での混乱、あるいは9.11を代表とするテロの脅威が世界を襲った。「内平らかに外成る」だったのだろうか。
 一方、わが国では、阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本地震、加えて12年前の能登半島地震など地は揺れた。そして、世界的な温暖化に対する無策からか天は荒れ、豪雨災害が人々の生活を破壊した。「地平らかに天成る」だったのだろうか。
 この30年に区切りをつけた令和の時代となる。日本は年号のおかげで、区切りを付けることができる。新天皇を象徴として新規一転の気持ちがわれわれの中にある。
 3月19日にマレーシアの首都クアラルンプールで開催されたASEAN Healthcare Transformation Summit 2019に招待された。ASEAN諸国を中心にしたカンファレンスだが、オーストラリア、韓国から、そして日本から私が講演を担当した。
 冒頭、マレーシアの厚生大臣Dzulkefly Ahmad氏の基調講演では、医療のIT化が遅れている同国で、3年以内にマレーシア全土において政府主導で病院共通の電子カルテ導入を宣言した。ほぼゼロからの構築、また既存権益がほぼないところからの構築だけに、いきなりのあるべき、かつ廉価な先進システム導入の可能性にぞくぞくしてしまった。
 私の方は講演の中で、日本の少子高齢社会を高齢化のTSUNAMIとし、それはこれから高齢化が進む韓国、シンガポールなどの国々にとっても深刻な問題であること、そして世界一の高齢社会を迎える日本を注目すべきLook East!を訴えた。
*主なASEAN諸国の高齢化率(2017年):シンガポール12.9%、タイ11.4%、ベトナム7.2%、マレーシア6.3%、インドネシア5.3%、フィリピン4.8%
 その上で、さらに日本の中でも高齢化先進地域である能登における恵寿のミッション『先端医療から福祉まで「生きる」を応援します』の具現化としての統合したICTシステムやヒューマンインターフェイスとしてのコールセンター、生活支援事業などを紹介し、講演後には多くの注目を浴びた。
 戦後の高度成長期から続くバブル期に迎えた平成から、経済成長が鈍化し、高齢化のTSUNAMIを迎える令和となる。これまでの社会の常識や価値観が劇的に変化するパラダイムシフトが求められる。社会あっての医療であり、医療というセーフティネットあっての社会である。その中で、私たちは、規制や既得権益をも打ち破る気概をもって時代を切り拓いていきたく思う。

by dr-kanno | 2019-04-01 11:56 | 病院のこと | Comments(0)

未来投資会議:成長戦略の方向性~社会医療法人と社会福祉法人の経営統合

 3月に突入し、春の日和です。今日も能登空港から霞が関単純往復です。
b0115629_15561205.jpg
 今日は、国会議事堂を目の前に見る中央合同庁舎4号館、内閣官房です。
第2章 成長戦略の方向性
2.全世代型社会保障への改革
③疾病・介護予防(保険者の予防措置へのインセンティブ)及び次世代ヘルスケア
(「いつでもどこでもケア」)
(複数の医療法人・社会福祉法人の合併・経営統合等)
・経営の安定化に向けて、医療法人・社会福祉法人それぞれの経営統合、運営の共同化の方策や、医療法人と社会福祉法人の連携方策を検討する。
を受けて、
 未来投資会議 第3回産官協議会(次世代ヘルスケア)
に意見陳述者として参加します。
 社会医療法人と社会福祉法人の経営統合に関して意見を述べます。
b0115629_15561262.jpg
 私共けいじゅヘルスケアシステムは、石川県で特に人口減、高齢化が進む能登半島を中心に公益性の高い社会医療法人と社会福祉法人からなら医療介護福祉複合、さらには生活支援サービスを提供している。背景社会を考えると、「人生」という時間軸をキーワードに、医療・介護・福祉・生活支援サービスを統合すべきである。われわれも、情報に関してはすべての施設の記録を1患者1ID、1カルテとして統合している。しかし、さらに必要なのは経営的な統合である。地域医療連携推進法人は医療の連携を主とし、また、医療法人~社会医療法人における経営統合のスキームは認められていない。平成29年度からの社会福祉法人改革において、社会福祉法人のいわゆる内部留保( 社会福祉充実財産)を地域における公益事業に使うとされる。この公益事業こそ、救急やへき地、周産期などの地域医療の充実だと思う。もし、地域医療が公益ではないとするならば、年間8,000億に及ぶ総務省からの自治体病院に対する繰入金に説明がつかない。
 霞が関を後にして、明るいうちに雪の穂高~槍日本海の夕日を眺めながら石川に帰ります。
b0115629_18081694.jpg
b0115629_15561255.jpg そして、まさにここでも触れた情報統合について、月刊『病院』2019年3月号松田晋哉教授が企画した
 特集 情報爆発へ病院はいかに対応するか
において、の論文
 医療・介護における共通基盤の構築と活用の意義と実際
が掲載です。


b0115629_15561260.jpg
詳細は本誌を是非ご覧ください。

by dr-kanno | 2019-03-01 18:15 | 医療経営のこと | Comments(0)

“未来の病院"をデザインするための提言

 週刊・病院新聞で連載中の未来の病院をデザインする~イノベーションを引き起こせは今回の第10回が最終回の掲載となる2月21日号(No.2544)が到着します。今回は、
 人生100年時代に備えよ
 ~病院は人生にかかわる"Life産業"~

です。
 最後に、“未来の病院"をデザインするために3点を提言します。テキストを掲載です。
b0115629_15421833.jpg
記事の詳細は本紙をご覧ください。
人生100年時代に備えよ
~病院は人生にかかわる"Life産業"~
            けいじゅヘルスケアシステム CEO 神野正博
 もうすぐ平成の時代が終わる。『内平らかに外成る(史記)、地平らかに天成る(書経)』で始まった平成の30年は、内平らかだったか?地平らかだったか?世界で、日本で様々な事件、事象・災害が起こった。
 日本の人口も平成20年の1億2,808万人をピークに減少に転じた。一方、平均寿命は平成の初めの男性76歳、女性82歳から、平成29年で各々81歳、87歳へと上昇した。まさに人生100年時代への備えの必要性を認識するとともに、昭和~平成の高度経済成長、バブルを経験した団塊の世代における新たな価値観にも留意していかねばならない。
 医療では、技術は進歩し、画期的な新薬も多数生まれた。しかし、この平成の30年間における病院のあり方、医療者の価値観がどれだけ変化したかは定かではない。多くの病院で外来の長い待ち時間はあたり前であり、専門医の集団は複数科受診を勧め、療養中は各職種が上から目線の『指導』を行う。
 今、働き方改革という、新たな外圧が押し寄せようとしている。これまで通りの医療を働き方改革という名の規制の下で行うことは不可能かもしれない。時短の中で、生産性向上なくして業績は上がらないということは本連載の第1回目に10回を通した課題として揚げた。
 今更、国の政策の方向性を変えることができないとするならば、この機こそ生産性向上と新たな病院の変態に挑戦すべき時と心得る。これまで、病院も時代の変化に対応すべきことを主張してきたが、いよいよ「すべき」ではなく、「せねばならない」機なのだ。
 “未来の病院"をデザインするために以下の3点を提言し、この連載を終わりにしたい。
1.病院医療の守備範囲の再構築
 病院はLife産業と心得たい。これまでの救命だけではなく、生活、さらには人生に関わる産業なのである。医療職の意識の進化とともに、専門家集団、施設、制度の間をつなぐ役割を担う職種(筆者は『つなぎ人』と呼ぶ)のエンパワーメントが重要だろう。
2.医師と患者との関係の再構築
 急性期医療、緊急医療は医師の仕事であるが、未病段階の健康管理、慢性期医療、終末期医療においては、『医者任せ』の意識を変える必要がある。『YbdY ( You are the best doctor of your own )』の考え方を支持したい。そのためには、病院が患者情報を患者のもとへ帰すという当たり前の仕組みの構築が必要だ。
 恵寿においては、11年から、国の補助金を使ったPHR( Personal Health Record )の試行を始め、17年にようやく民間企業との協働によってカルテコ®と名付けられた仕組みで、患者の病名、手術・処置名、検査データ、処方内容から順次、画像データ( DICOM )、健診データを患者自らが、スマートフォンやタブレット、PCで管理できるようにした。さらに、この仕組みの中で、患者の自己管理のために自己取得データ(家庭での血圧、体重、歩数など)もカルテコ内で管理可能とした(図)。
3.最新技術導入と民間企業との協働の促進
 注目を浴びるAIやロボット分野において、さらには最新のICT技術の分野において、病院という資本規模で内製化、開発することは不可能であると思う。しかし、業務の効率化、生産性向上の不断の努力のために諦めるわけにはいかない。一方でヘルスケアビジネスの可能性から参入を希望する企業も多い。ならば、患者や利用者の個人情報保護は守った上で、われわれにはフィールドを貸し、共同研究、共同開発し、企業とその成果を分かち合う心意気が必要だと心得る。

 さて、今週も能登北部の恵寿鳩ケ丘から活動を開始します。1階ロビーには立派な雛段飾りです。上品なお顔立ちです。そして、3階入所棟には、職員手作りのひな人形です。
b0115629_15421758.jpg
 精育園花苗販売コーナーには、春の花苗が並びます。陽射しも、気温ももう春の能登です。
b0115629_15421809.jpg

by dr-kanno | 2019-02-25 16:00 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

重要性成功要因とアクションプランをBSCで

 週刊・病院新聞で連載中の未来の病院をデザインする~イノベーションを引き起こせ第9回が掲載された2月14日号(No.2543)が到着します。今回は、
 生活関連企業とともに地域で総力戦
 病院も患者の生活支援を

です。これからの時代に、病院が単に命を救うところではなく、その後の生活支援にかかわっていく必要性と、その実践例を紹介します。
b0115629_18065717.jpg
詳細は本誌をご覧ください。
 週の初めは、能登北部の恵寿鳩ケ丘です。周りの雪もほとんど消え、暖かくなってきました。院内には、一足も二足も早いです。
b0115629_18065765.jpg
 今日の午後からは、来年度の各部署の重要性成功要因とアクションプランをBSC( Balanced Score Card )を共通言語として共有するヒアリングの開始です。今日は、本部から恵寿総合病院の部長級のヒアリングです。
b0115629_18065724.jpg

by dr-kanno | 2019-02-18 18:10 | 医療経営のこと | Comments(0)

給食のイノベーションは働き方改革

 週刊・病院新聞で連載中の未来の病院をデザインする~イノベーションを引き起こせ第8回が掲載された2月7日号(No.2542)が到着します。今回は、
 交通の要所にCK
 給食のイノベーションは働き方改革
です。全国的な人手不足とともに、急遽注目を浴びる、当法人のHACCP対応のセントラルキッチン・デリカサプライセンター開設経緯、働き方、多様な病院食に対応する運用方法などについて詳述です。
b0115629_12274695.jpg
詳細は本紙をご覧ください。
 今日も、時折、粉雪が降る七尾です。楽のり君の後ろには、救急医療にも力を入れる心意気としての病院救急車です。毎朝の装備点検中です。
b0115629_12274632.jpg

by dr-kanno | 2019-02-12 12:32 | 医療経営のこと | Comments(0)

ユニバーサル外来と平時から備える「いつものBCM」、キャッシュレス時代

 週刊・病院新聞で連載中の未来の病院をデザインする~イノベーションを引き起こせ第7回が掲載された1月31日号(No.2541)が到着します。今回は、
 窮地から生まれたイノベーション
 ユニバーサル外来
です。グッドデザイン賞2017・BEST100賞受賞など医療界ばかりではなく、広く産業界で注目を浴びたユニバーサル外来の誕生の秘密と実際を紹介します。
b0115629_12120129.jpg
詳細は本紙をご覧ください。
b0115629_13244104.jpg さて、このほど改定作業を行ってきた
 社会医療法人財団董仙会BCM Ver. 3.0
を刊行です。これまでのBCMに加え、災害多発時代に備えるために、体系的に[雪害・低温編][豪雨・水害編][台風・風害・高潮編]を加え、さらに手順書・マニュアル類・参考資料をより具体的に充実させました。平時から備える「いつものBCM」です。これをもとに、部署ごとに非常時に備える「もしものBCP」の充実を図ります。
 BCM: Business Continuity Management,
BCP: Business Continuity Plan

b0115629_10500293.jpg
 また、毎月、医療機関や関連機関向けに発行するKeiju Monthly Letter 2019年2月号(No.202)(リンク)を発行です。今月の私の巻頭言キャッシュレスです。これまでの日本初クレジットカードによる医療費決済導入を紹介しながら、新しい時代に患者目線で対応する必要性を説きます。
b0115629_13184253.jpg

by dr-kanno | 2019-02-05 13:19 | 病院のこと | Comments(0)

世界に認められた、高齢社会に優しい医療・介護のカタチ

 暗い雲が立ち込み、雨や霰・小雪を伴う冷たい風が吹きすさぶ中、今日も能登北部の恵寿鳩ケ丘かから金沢病院まで移動します。インフルエンザが大流行しています。各施設で予防と防備を確認します。
b0115629_17254350.jpg
b0115629_15353033.jpg 日本病院会が発行する月刊『日本病院会雑誌』2019年1月号が届きます。新春記事に続いて、第42回世界病院学会特集です。も国際病院連盟最高位賞特別賞受賞記事を8,000字書き下ろし(9ページ)で
 世界に認められた、高齢社会に優しい医療・介護のカタチ
として執筆です。そして、同学会のポスターセッションに日本から唯一、応募・採択された国立病院機構信州上田医療センターの診療情報管理士・三澤理恵さんの学会報告と発表内容( Use of Health Information Aiming at Medical Expense Reduction with
Improvement of Medical Service Quality and Management. )も掲載されています。


b0115629_15353080.jpg
詳細は本誌をご覧ください。
 また、サービス産業生産性協議会(SPRING)が発行するService Innovation Report Jan. 2019, Vol 14が届きます。特集1は、昨年の11月20日に都内で開催された
 日本サービス大賞フォーラムin東京
 ~第2回受賞組織報告会~
の模様です、野中郁次郎審査委員長の講評から各賞受賞者のプレゼンテーション内容が続きます。そして、最後に特別講演として
 ”恵寿式″地域包括へルスケアサービス
 〜受賞後の取組み〜生きるをデザインする
として、からの第1回日本サービス大賞総務大臣賞受賞後にいかに進化したかについての講演内容です。
b0115629_15353079.jpg
 本誌の最後に、2018年度日本版顧客満足度指数(JCSI)の調査結果と業種別の顧客満足度1位企業の発表です。残念ながら医療介護分野での調査はなされていませんが、1位企業をウオッチしていく必要があります。
b0115629_15353051.jpg

by dr-kanno | 2019-01-28 17:29 | 病院のこと | Comments(0)



石川県七尾市の社会医療法人財団董仙会・恵寿総合病院(www.keiju.co.jp)理事長 神野正博のブログです。法人・病院の取り組みを紹介するとともに、地域医療や日本の医療への思いを綴ります。
カテゴリ
公職一覧
・社会福祉法人徳充会理事長
・公益社団法人全日本病院協会副会長
・一般社団法人日本社会医療法人協議会副会長
・一般社団法人日本専門医機構理事
・一般社団法人七尾市医師会監事
・七尾商工会議所副会頭
・石川県病院協会副会長
・国際ロータリー2610地区2021-22年ガバナーノミニー
・特定非営利活動法人VHJ機構理事・VHJ研究会監事
・サービス産業生産性協議会(SPRING)幹事
・公益財団法人日本医療機能評価機構評議員、事業推進委員
・一般社団法人日本医療経営実践協会理事
・一般社団法人日本ホスピタルアライアンス理事

(委員)
【厚生労働省】医道審議会医師分科会医師臨床研修部会委員、医道審議会医師分科会医師国家試験改善検討部会委員、医道審議会保健師助産師看護師分科会看護師特定行為・研修部会委員、医師臨床研修制度到達目標・評価の在り方に関するWG委員、(中医協)診療報酬調査専門組織 入院医療等の調査・評価分科会委員、医療従事者の需給に関する検討会医師分科会委員、がん診療提供体制のあり方に関する検討会委員、認知症の人の行動・心理症状や身体合併症対応など循環型の医療介護等の提供のあり方に関する研究会委員
【内閣官房】日本版CCRC構想有識者会議委員
【石川県】石川県医療審議会委員 、医療計画推進委員会地域医療ビジョン策定部会委員、地域医療構想アドバイザー、医商工連携促進協議会会員
【日本専門医機構】財務委員会委員
【四病協】総合部会員、医療安全対策委員会委員長、医療制度委員会委員 、医師の働き方検討委員
【日病協】診療報酬実務者委員会委員
【全日本病院協会】病院のあり方委員会、病院機能評価委員会、学術委員会、医療の質向上委員会、救急・防災委員会担当副会長
【日本病院会】インターネット委員会委員、災害医療対策委員会副委員長
【日本医師会】病院委員会委員
【医師臨床研修マッチング協議会】運営委員
【医学書院】月刊「病院」編集主幹

twitter
神野正博のツイート

facebook
神野正博の医療Archives

恵寿関連ホームページ
●恵寿総合病院ホームページ
●恵寿総合病院Facebookページ
●社会福祉法人徳充会ホームページ

●Medical Excellence JAPAN
●e-doctor Hospital Info
検索
最新の記事
記事ランキング
タグ
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
最新のコメント
 ちなみに、この3人の中..
by トクメイ at 15:55
山本様 コメントありが..
by dr-kanno at 15:41
LEGO® SERIOU..
by イノベーションガイド山本伸 at 20:20
井上先生 ありがとうござ..
by dr-kanno at 06:30
先生、ありがとうございま..
by 新潟より参加 at 13:17
こちらこそ、声掛けありが..
by dr-kanno at 09:13
今回のミドルマネジメント..
by 新潟より参加 at 09:00
貴重な意見をありがとうご..
by dr-kanno at 08:41
いつも拝読させていただい..
by 番号15 at 09:02
Oさま。ありがとうござい..
by dr-kanno at 08:23
ダブル叙勲、誠におめでと..
by O. at 20:44
お疲れさまでした。私もゴ..
by やまのべゆうじ at 07:09
やまのべ先生 ありがとう..
by dr-kanno at 15:26
病院経営MASTER、お..
by やまのべゆうじ at 21:32
こんにちは、またブログ覗..
by ルイヴィトン 財布 at 05:47
Oさま いつもありがと..
by dr-kanno at 08:07
「GALENUS 創刊号..
by O. at 21:38
 ご承知のように医療は非..
by dr-kanno at 23:53
いつもお世話になっており..
by 矢口(金沢脳神経外科病院)です at 10:13
早く平穏な日が訪れますよ..
by starfield at 21:41
ファン
ブログジャンル
画像一覧