神野正博のよもやま話

タグ:診療報酬 ( 14 ) タグの人気記事

平成25年度第7回診療報酬調査専門組織(入院医療等の調査・評価分科会)~中間とりまとめへ

 山口・島根の豪雨被害に遭われた方には、お見舞い申し上げます。また、一昨日は石川県内の小松周辺も観測史上初めてという豪雨でした。こちらは、物的被害はありましたが、人的被害がなかったことに安堵します。
 今日も早朝に起き、その小松から上京です。湿気をたくさん含んだ空気が大地を覆います。残雪が残る白山(写真中)から富士山を眺めながらの安定したフライトでした。
b0115629_17322388.jpg
 1日で朝から夜まで3つの会合に出席します。もちろん、メインイベントは、14時から厚生労働省で開催された
 平成25年度第7回診療報酬調査専門組織(入院医療等の調査・評価分科会)
に出席です。
b0115629_17384871.jpg
 今回は、これまでの議論を整理し中医協総会に答申すべき中間取りまとめ(案)についての協議です。
 特に、「7対1入院基本料のあり方」「亜急性期入院管理料等の見直しについての影響」が議論の中心となります。
 7対1入院基本料のあり方では、前回同様に7対1病棟を「複雑な病態を持つ急性期の患者に対し、高度な医療を提供すること」と定義するならば、入院基本料を病院単位にするか病棟単位にするかの議論が必要であること、特定除外制度を廃止する議論短期入院による手術や検査を在院日数から外す議論は乱暴であり、All or Nothingではなく、この会議で現場に則した項目ごとの検証が必要であると主張しました。
 また、新たなPost-acuteとSub-acute、さらには在宅や施設の支援を謳う亜急性期入院管理料に関しては、全日病で調査した地域一般病院の病院像と同様に軽度急性を担うSub-acute部分は急性期の一類型であり、急性期とは別な枠組み化には反対しました。
 各項目に、医療界側も入り乱れて賛否が交わされ、最終決定は中医協総会で決定される方向性となります。
by dr-kanno | 2013-07-31 17:39 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

入院機能の分化~第6回入院医療等調査・評価分科会

 早朝の七尾を出て、10時から西新橋の航空会館を会場に
 診療報酬調査専門組織 第6回 入院医療等調査・評価分科会
                 資料(厚生労働省のページ)へリンク
に出席です。8月の素案とりまとめに向けて、議題多数で、資料は何と173ページにものぼります。
b0115629_1658257.jpg
 今日の検討項目は、
①一般病棟入院料の見直しについての影響
②亜急性期入院医療管理料等の見直しについての影響
③医療提供体制が十分でなく医療機関の機能分化を進めることが困難な地域に配慮した評価の検討

です。
 ①では、患者像に多様性のある7対1入院基本料のあり方として「7対1入院基本料を算定している医療機関は、長期療養を提供するのではなく、複雑な病態をもつ急性期の患者に対し、高度な医療を提供すべき」という厚労省の意見が出されます。これに対して、もしこの意見を通すのならば、病院別入院管理料から病棟別入院管理料にすべきと主張しました。
 また、7対1基本料の平均在院日数から短期滞在手術を除くべきという意見や特定除外制度の見直し、重症度・看護必要度の項目の見直しなどが議論の俎上に上がります。在院日数を短くするかこれら制度の見直しで厳しくするかといった7対1病床の削減方策に、看護師の労働問題と地域医療を守る意味から異議を唱えました。
 さらに、7対1基本料の算定条件に診療実績要件、DPCデータ提出必須化、早期リハ実施なども入れることが提案されました。
 ②では、医療法上の病床機能分化との整合性を注文しました。そして、病棟単位にすることや亜急性期入院医療の要件について議論されました。
 ③では、現在の医療資源が少ない地域への評価が患者流出率が少ない医療圏を想定していることに対して、真の需要は患者流出率の高い医療圏ではないかと提言しました。
b0115629_1657118.jpg
     (↑の画像をクリックすると拡大します)
by dr-kanno | 2013-07-17 17:00 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

入院医療等の調査・評価分科会と医道審議会医師分科会医師臨床研修部会

 昨日は、大雨の能登から、雨雲の中での上下動のフライトに耐え、大雨の東京でした。15時から厚生労働省で最近は週1ペースの
 第5回 診療報酬調査専門組織 入院医療等の調査・評価分科会
に参加です。
b0115629_21383375.jpg
 今回は「医療機関における褥瘡の発生の状況の検討」です。平成24年度の診療報酬改定の際、褥瘡患者管理加算は入院基本料に包括されました。その影響を含めて発生状況の調査結果の検討です。
 一般病棟、ケアミックス病棟、療養病棟における持ち込み、新規発生などの検討です。高齢化しているにもかかわらず、増加していない点に一定の評価ですが、川上である在宅の場が褥瘡対策の主戦場であり、今後在宅における予防や管理の方策が望まれます。同時に、そのためには人と金の投入の覚悟が必要であり、またターミナルケアのあり方についての国民的議論が必要なことを指摘しました。

 その後、場所を全日本病院協会に移り、
 第5回 プライマリ・ケア検討プロジェクト会議
に参加します。中小病院が力を入れるべき在宅医療や認知症対策に対しての今年度からの新しい研修プログラムについてなどを検討しました。

 そして、カラッと晴天となった今日は、おしゃれな麻布十番商店街(写真左)の先にある三田共用会議所に向かいます。中庭の芝生の緑も青空に映えています。
b0115629_2140676.jpg
 ここで、厚生労働省の
 第3回 医道審議会医師分科会医師臨床研修部会
に参加です。
b0115629_2141322.jpg
 今回は、都道府県(京都府、青森県)、大学附属病院(東京医科歯科大学)、全国自治体病院協議会からのヒアリング中断、再開、終了等についてや地域医療の安定的確保についての議論です。
 ヒアリングでは、定員の激変緩和措置廃止に伴う影響や地域枠学生の取り扱い、大学と研修病院のネットワークシステムが報告されます。また、議論の中で、地域枠学生もマッチングの枠内で取り扱うことでコンセンサスが得られ、中断に関しては、女性医師の出産・子育てによる中断をそれ以外の中断と分けるべきであることが提言されました。

 夕方に近い時間の空には、うろこ雲が美しく空を覆っていました。
b0115629_2142586.jpg

by dr-kanno | 2013-06-27 23:02 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

移転前、最後の清話会ビル

 薄曇り空の東京でした。今日も、国会議事堂に日の丸がはためいています。街路の紫陽花も盛りのようです。
b0115629_19203173.jpg
 今日は、水道橋の清話会ビル内の全日本病院協会です。朝10時に始まって、
 雑誌編集委員会、学術委員会、救急防災委員会、常任理事会(写真)、病院のあり方委員会
と8時間以上のお仕事です。
 特に、亜急性期医療、地域一般病床に議論が随所に出てきます。これから来春の診療報酬改定に向けて、患者像と医療提供体制の話しがやはりメインとなりそうです。
 そして、移転が決まった全日病最後の会議となりました。来週から事務局は引っ越し作業です。最後の会議室と名残を惜しみました。
b0115629_19205666.jpg
 さて、羽田空港から、、、
by dr-kanno | 2013-06-08 19:25 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

パラダイムシフトの中での病院機能~入院医療等の調査・評価分科会

 昨日、梅雨入りした東京は、湿気を含んだ重たい大気が街を覆っています。汗かきの私にとって嫌な季節ですが、公園の木々はみずみずしく、活き活きとしています。
 今日は、10時から厚生労働省
 中央社会保険医療協議会診療報酬調査専門組織
 平成25年度第2回入院医療等の調査・評価分科会(議事次第へリンク)
に参加です。前回は大荒れだっただけに、やや緊張して会場入りです。
b0115629_19145698.jpg
 高齢社会を迎えて、「治す、救う」医療から「支える、癒す」医療へのパラダイムシフトが示されました。しかし、あくまでも入院医療を担う病院は「治す」医療であり、Careの部分は介護や在宅医療であるはずです。そのような場で「治す」医療が必要になった時に、病院がバックアップするものであり、そこで急性期や患者像によっては亜急性期が担う役割があり得るという見方を示しました。
 今回は亜急性期病床、回復期リハビリテーション病床についての議論です。
 亜急性期入院管理料取得病床が少ないことで、委員からは不要論まで飛び出します。しかし、その議論は中医協総会案件であることを確認します。亜急性期医療に求められる機能について
 ①急性期からの受け入れ
 ②在宅・生活復帰支援
 ③緊急時の受け入れ

という事務局提示を支持した上で、各々について患者像に基づく議論が必要だと主張しました。
b0115629_19141358.jpg
 その後、午後には、水道橋に移動して
 全日本病院協会正副会長会議
に出席です。私が出席した会議は保険局の会議ですが、西澤会長が出席した医政局の会議、第6回病床機能情報の報告・提供の具体的なあり方に関する検討会でも、亜急性期医療が議論されたことを知りました。本質的には、診療報酬(保険局)、医療制度(医政局)の議論リンクしているだけに同じ土俵でされるべきとも思いました。
by dr-kanno | 2013-05-30 19:17 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

中医協入院医療等の調査・評価分科会

 朝から、夏のような日差しと暑さの東京でした。緑濃い日比谷公園を通勤の方々と共に霞ヶ関向かいます。
b0115629_13595596.jpg
 今日は、10:00より厚生労働省で、中央社会保険協議会の下部組織で、病院機能に合わせた効率的な入院医療の見直しを調査・検証し、今後の診療報酬改定に反映させることを目的とした
 平成25年度 第1回 診療報酬調査専門組織
 入院医療等の調査・評価分科会

に参加です。昨年度実施した入院医療に係る調査の結果に基づき、今回は
 ・一般病院入院基本料の見直しの影響として7:1入院基本料病棟の平均在院日数や患者像、在宅復帰率
 ・慢性期入院医療の適切な見直しとして特定除外制度

について、DPCデータをも交えての議論となりました。
 7:1入院基本料病棟といっても、超急性期病院から、専門特化型病院、在宅や施設をバックアップする病院など様々です。なぜ、対象となる患者さんが7:1病棟にいる必然性の患者像について、丁寧な検討を求めます。また、在宅復帰率も、転院や介護保険施設への転所後の在宅復帰を含めた「最終的な」在宅復帰率を検討すべきで、機能分化のなかで急性期病院のみの在宅復帰率算定の議論に疑問を投げかけました。
 さらに、特定除外項目の廃止論が渦巻く中、平均在院日数も短縮化されるなかで除外された重症患者さんの行き先の議論なくしての廃止論に異議を唱えました。一般病棟と医療療養病棟の医療区分が似通っており、しかも療養病床の方が医療費が安いという指摘に対して、そもそも『医療区分』は慢性期入院の検討から生まれた指標であり、そのまま急性期患者に適応して比較することはナンセンスであると指摘しました。
b0115629_13554929.jpg

by dr-kanno | 2013-05-16 13:59 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

一般病床の機能分化を考える~WEBセミナー

b0115629_23451861.jpg 能登も、小松空港も、東京も曇り空の中、風が強い一日でした。小松空港のトーイングカーの鯉のぼりも強い風にたなびいています。

 今日は19時から、東京・新宿の京王プラザホテルにて
 中外製薬 医療経営WEBセミナー 
 ~一般病床の機能分化を考える~

で、武藤正樹・国際医療福祉大学大学院教授の座長のもとで、
 「病床機能分化と地域連携を考える
と題する講演でした。この東京会場はリアルですが、WEBを利用して全国130会場、2,200人の皆さんにお話しをします。なんと、七尾市では恵寿総合病院会場に加えて能登総合病院にも会場が設営されています。。。
 これまでの、社会保障・税の一体改革資料、中医協資料、病床機能情報の報告・提供制度に関する検討会資料を使い、さらには社会の変化を見据えながら、これからの診療報酬改定や医療制度改革のあるべき姿を予想します。社会の変化として社会構造の変化や個人の価値観の変化は、否応なしに私たち病院の変化を求めます。大胆に自院内での病床の機能分化に取り組まざるを得ない時であると認識します。
 そういった意味で、病棟あるいは病棟群別の入院基本料の設定の必要性も強調しました。そして、当院のこれからの機能分化の戦略についてもお話しさせていただきました。
b0115629_23453833.jpg

by dr-kanno | 2013-04-17 23:50 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

2012年 診療報酬・介護報酬同時改定対策:病院経営戦略セミナー2日目

 今日の午前は、(社)東京都看護協会研修室で、(社)病院管理研究協会が主催する
 2012年 診療報酬・介護報酬同時改定対策:病院経営戦略セミナー【直前対策編】 2日目
です。
1.診療報酬・介護報酬同時改定と病院経営
     医療法人社団永生会 理事長 安藤高朗

 慢性期医療を中心に、介護報酬改定、そして両者の連携の必要性、自院の事例を語ります。
b0115629_14202589.jpg
2.平成24年度診療報酬改定について
     厚生労働省保険局医療課課長 鈴木康裕

 今回のダブル改定のメッセージとして
 1)2025年のあるべき姿を見据えた医療提供体制の構築
 2)今までのままでの収入増は望めず、将来に向かって自院の立ち位置を選択する必要性
の2点を挙げた上で、改定項目について説明でした。講演後は、会場からさすがに多くの質問が投げられました。
b0115629_14192911.png

by dr-kanno | 2012-03-08 14:21 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

臨床研修管理員会と2012年診療報酬・介護報酬同時改定対策:病院経営戦略セミナー

 昨日から法人の平成23年度事業報告(中途)平成24年度事業計画ヒアリングが始めりました。現場と管理層の価値観のすり合わせ、そしてビジョンの共有を狙います。また、19時には病院会議室で
 平成23年度臨床研修管理員会
でした。今回は、三林七尾医師会長の他、協力病院から平松・能登総合病院精神センター長、沖縄でのドクターヘリを含む救急研修をお願いしている八木・浦添総合病院救急センター長、そして、当院の関係者が参加しました。当院の・臨床研修センター長(副院長)の司会で、今回は、平成23年度のプログラム進捗状況の報告平成24年度の事業計画に加えて3月に初期臨床研修を終える4人の管理型研修医の研修終了書発行の是非について協議しました。全員、無事「卒業」できそうです。
b0115629_205037.jpg
 そして、今日は、東京・飯田橋です。江戸城築城の際の鎮守として造営された築土神社には、が美しく咲き誇っていました。
b0115629_2093686.jpg
 そのすぐ近くの(社)東京都看護協会研修室で、(社)病院管理研究協会が主催する
 2012年 診療報酬・介護報酬同時改定対策:病院経営戦略セミナー【直前対策編】
の1日目に 参加です。さすがこの時期ということで、200人以上が参加です。
1.2012年同時改定の医療機関機能別の影響とシミュレーション
 (株)MMオフィス  (株)MMオフィス 代表取締役 工藤 高

 たっぷりと時間をとって詳細を説明です。診療報酬改定のメッセージから自院のPositioningの重要性を語ります。とくに、『中小病院の経営戦略として、『何でもやること」」ではなく、「何をやらないか」を決めて。それは連携でカバーする』必要性を披露していただきました。
b0115629_2041991.jpg
2.同時改定の視点~在宅医療(訪問診療)の現実と老健施設の可能性~
 社会医療法人若弘会わかこうかいクリニック 院長 川合 秀冶
(写真左)
 前全国老人保健施設協会会長として、老人保健施設のあり方、また在宅医療の重要性を語ります。
3.医療提供体制のこれからと診療報酬改定後の病院経営
 社会医療法人財団董仙会 恵寿総合病院 理事長 神野 正博

 私は、2025年への流れとしての社会保障と税の一体改革、社会保障審議会医療部会における論議と今回の診療報酬改定が密接に連携していることを示します。さらに、今回の診療報酬改定のキーワードは「病院の役割機能分化と在宅であるとし、自院のどの病院類型を目指すのか、はたまた病院を止めるのかまでをも考える必要性をお話ししました。
b0115629_2032991.jpg

by dr-kanno | 2012-03-07 20:07 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)

悪天候の中、日本の医療の短・中期的展望を図る

 今日は、朝の病院業務の後、悪天候の中小松空港に向かいます。道中の千里浜沿いでは、日本海から北風を受ける雪の松林図を見ます。
b0115629_19451931.jpg
 打って変って、青い東京湾とたっぷりと雪をいただく富士山を眺めながら、羽田空港に降り立ちます。13:30から全日本病院協会を会場に
 第10回 四病院団体協議会総合部会
に出席です。中医協報告では、本日の217回の会合にて、薬価見直しの基準の提示の他、DPC制度における新しい病院区分がこれまでの大学病院本院群 高診療密度病院群 その他急性期病院群などから、Ⅰ群、Ⅱ群、Ⅲ群という名称になることが示されました。今後、27日までに短冊と言われる診療報酬の詳細項目の発表、その後2月10日に詳細が厚生労働大臣に答申される予定のようです。
b0115629_19444423.jpg
 その後、まだ雪が残る駒込に移動し、日本医師会館で、定例の
 日本医師会・四病院団協議会懇談会
に出席です。急性期病院群の医療法上の規定問題、診療報酬改定消費税問題看護問題などについて丁寧に意見のすり合わせと協議を行いました。
b0115629_1945183.jpg
 そして、羽田空港20:05発のJAL1285 便に搭乗です。小松上空天候不良でなかなか降りることができません。ダイハードも覚悟しましたが、定刻より約1時間遅れで無事着陸でした。ほっ
by dr-kanno | 2012-01-25 22:33 | 医療・介護制度のこと | Comments(0)



石川県七尾市の社会医療法人財団董仙会・恵寿総合病院(www.keiju.co.jp)理事長 神野正博のブログです。法人・病院の取り組みを紹介するとともに、地域医療や日本の医療への思いを綴ります。
カテゴリ
公職一覧
・社会福祉法人徳充会理事長
・公益社団法人全日本病院協会副会長
・一般社団法人日本社会医療法人協議会副会長
・一般社団法人日本専門医機構理事
・一般社団法人七尾市医師会監事
・七尾商工会議所副会頭
・石川県病院協会副会長
・特定非営利活動法人VHJ機構理事・VHJ研究会監事
・サービス産業生産性協議会(SPRING)幹事
・公益財団法人日本医療機能評価機構評議員、事業推進委員
・一般社団法人日本医療経営実践協会理事
・一般社団法人日本ホスピタルアライアンス理事

(委員)
【厚生労働省】医道審議会医師分科会医師臨床研修部会委員、医道審議会医師分科会医師国家試験改善検討部会委員、医道審議会保健師助産師看護師分科会看護師特定行為・研修部会委員、医師臨床研修制度到達目標・評価の在り方に関するWG委員、(中医協)診療報酬調査専門組織 入院医療等の調査・評価分科会委員、医療従事者の需給に関する検討会医師分科会委員、がん診療提供体制のあり方に関する検討会委員、認知症の人の行動・心理症状や身体合併症対応など循環型の医療介護等の提供のあり方に関する研究会委員
【内閣官房】日本版CCRC構想有識者会議委員
【石川県】石川県医療審議会委員 、医療計画推進委員会地域医療ビジョン策定部会委員、医商工連携促進協議会会員
【日本専門医機構】総合診療専門医に関する委員会委員
【四病協】総合部会員、医療安全対策委員会委員長、医療制度委員会委員 、医師の働き方検討委員
【日病協】診療報酬実務者委員会委員
【全日本病院協会】病院のあり方委員会、病院機能評価委員会、学術委員会、医療の質向上委員会、救急・防災委員会担当副会長
【日本病院会】インターネット委員会委員、災害医療対策委員会副委員長
【日本医師会】病院委員会委員
【医師臨床研修マッチング協議会】運営委員
【医学書院】月刊「病院」編集主幹

twitter
神野正博のツイート

facebook
神野正博の医療Archives

恵寿関連ホームページ
●恵寿総合病院ホームページ
●恵寿総合病院Facebookページ
●社会福祉法人徳充会ホームページ

●Medical Excellence JAPAN
●e-doctor Hospital Info
検索
最新の記事
記事ランキング
タグ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
最新のコメント
 ちなみに、この3人の中..
by トクメイ at 15:55
山本様 コメントありが..
by dr-kanno at 15:41
LEGO® SERIOU..
by イノベーションガイド山本伸 at 20:20
井上先生 ありがとうござ..
by dr-kanno at 06:30
先生、ありがとうございま..
by 新潟より参加 at 13:17
こちらこそ、声掛けありが..
by dr-kanno at 09:13
今回のミドルマネジメント..
by 新潟より参加 at 09:00
貴重な意見をありがとうご..
by dr-kanno at 08:41
いつも拝読させていただい..
by 番号15 at 09:02
Oさま。ありがとうござい..
by dr-kanno at 08:23
ダブル叙勲、誠におめでと..
by O. at 20:44
お疲れさまでした。私もゴ..
by やまのべゆうじ at 07:09
やまのべ先生 ありがとう..
by dr-kanno at 15:26
病院経営MASTER、お..
by やまのべゆうじ at 21:32
こんにちは、またブログ覗..
by ルイヴィトン 財布 at 05:47
Oさま いつもありがと..
by dr-kanno at 08:07
「GALENUS 創刊号..
by O. at 21:38
 ご承知のように医療は非..
by dr-kanno at 23:53
いつもお世話になっており..
by 矢口(金沢脳神経外科病院)です at 10:13
早く平穏な日が訪れますよ..
by starfield at 21:41
ファン
ブログジャンル
画像一覧